03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
* まったり~村とは、なに? * 

現在、経済性のみを追求した世界がものすごい勢いで加速しています、その波の中、我々の何かが狂い始めてきている様な気がします、そう思いませんか、家族の崩壊、人間関係の悪化、必要以上の無駄な消費、危険な食べ物、伝統文化の消滅、弱者に手を差し伸べない人々、、、、
 そこで、農的な生活、自給自足の生活、共同体の生活、老若男女皆仲良く、老人が生き生きして、安全な食べ物で健康に、環境に負担を掛けず自然と共に生き、笑顔の絶えないそんな村、
それがこれから皆と作るエコ・ヴィレッジまったり~村です。

* じゃあーどうすんの? *
一山、廃村、耕作放棄畑、休耕田等、まっ、村が出来る位の広さの土地を手に入れ又は、共感してくれる人に提供してもらいもしくは、借用し環境に配慮した村を作ります。昔の人々の普通の生活、すなわち自然と共存、自然に生かされた生活の知恵を生かした生活を目指す。特に金銭に関係なく皆で手伝い合える結いの文化を復活させたい。村丸まるが野菜畑であり、牧場であり、学校であり、加工工場であり、皆で作業を分担しその収入を村民の生活費に当てる、食事は共同食堂で皆でワイワイ話しながら食べ、洗濯、入浴等も共同な場所、村営スーパー銭湯な様な施設を一つ作り、そこに、学校、保育所、ミーティングスペースも作り、そこで村の決定事項は村民皆でミーティングを持ち、全村民が納得した上で決定する。又、まったり~村の生活を村民以外の人に見て貰い、多くの人にまったり~村にどっぷり浸っていただき第二、第三のまったり~村を作って欲しい、その為には、環境にやさしい生活を教えたり、体験、研究できる施設も整えます、例えば、キャンプ場、宿泊施設、大学の方々が研究、講習の出来るスペース等です。

* どうすれば、まったり~とするのかな? *
やっぱ人は、自分もそうだけど、何か、ここまったり~するなーって言う場所があるんだよね、やっぱりそれは人間が自然と共存してる所、上手く調和してる所だと思うんだよな、日本人は森が好き!と言ってもアマゾンみたいなうっそうとした原生林な様な所は嫌いで、人が手入れをした森の方が好きだよね、森の中に明るい光が差し込んで綺麗な花が咲いててとか、けど最近は海外の木が安く日本の木は売れないから山は手入れされなくなり、暗くってうっそーとしてる山や森が日本のあちこちで見られるようになり、竹も伸び放題で人も入れず、その竹が雑木林を占領し始めてます、これは現代人が自然との共存を捨て、経済性を求めすぎてる結果だと思う、里山文化の復活が必要なんだよ、燃料は山から取ってきて(薪や炭として)、落ち葉も畑や田んぼの堆肥にする為に集めれば山も綺麗になるし、川の水も飲み水、洗濯等に使うようにすれば、自分家の排水にも気を付けるしと、何か話がずれて来たけど、スローな里山農村風景!これが人々が一番まったり~と出来る場所だと思う、あまり機械を使わず人の手仕事や、牛、馬がのんびり~と耕している畑、ドジョウ、カエル、フナ、メダカ達がいる田んぼの水路、村の中にサラサラと流れている汚染されて無い綺麗な小川、そこで半ズボンを穿いて網で雑魚を取っている子供達、それを釣り糸を下げて見守っいてるお爺ちゃん、畑仕事の一服で木陰でお茶を飲んでいる父ちゃんと母ちゃんと子供たちと犬、孫を背負って散歩してるオバーチャン、勿論皆道で合ったらにこっと笑って挨拶してくれますよ、また、他人の子供でも自分の子供のように扱う、悪いことをすれば怒ります、家も自然の物を使って建てられているから、色も周りの景色と調和し、庭を覗けば鶏や鴨が走り回ってて、何処からともなく間延びした牛の鳴き声、家の裏の山も手入れがされててサラサラと木々の囁きが聞こえます。食べられる果樹や植物が村中にあり、農薬を散布していない稲穂が揺れてと、洗わず食べれる安全な野菜畑、
何か道端に座っておにぎりでも頬張りながらホケーとしたくなる風景を持っているまったり~村!がいいなー
(夢)

* 環境にやさしい村って *

地域である物を使用する地産地消、その事により無駄なエネルギー使わなくてすむ、例えば、海外の木を使うとしたら、外国から村に来るまで輸送の為に莫大エネルギーを使ってる、燃料や積み下ろしの為のエネルギー、食材も冬にわざわざトマトやきゅうりを食べる必要は無い、ビニールハウスの暖房やビニールハウスの材料を作るためにエネルギーが浪費されているし、体も冷える。

*住宅 
(地元で手に入る物を使用する、新建材は使用しない。屋根、壁の色は極力他の家と統一する。家が壊れても土に帰る自然素材、自分達で修理可能な素材、廃品利用、石油製品をなるべく使わない)

 屋根:草屋根(ルーフトップガーデン)、茅葺屋根、ウッドシングル
 壁:土壁、板、間伐材(森と風のがっこう方式)、石、日干し煉瓦等
 内装:勿論、自然素材

 *エネルギー
暖房:薪(薪ストーブ、囲炉裏)、炭(囲炉裏、火鉢)、太陽熱、温水床暖房(薪ストーブ、太陽温水機で作られたお湯)薪を使えば森の手入れが出来る
 *台所
火:薪(かまど、薪ストーブ)、炭(囲炉裏)、バイオガス、プロパンガス
 *風呂
火:薪(五右衛門風呂、薪ボイラー、ドラム缶風呂、鉄砲風呂)水はあらかじめ太陽温水器等で温めておく
 *水
沢水、井戸(手動ポンプ?揚水風車?電気ポンプ?)、雨水(雨水タンク、溜池)
 *排水:
毛管浸潤トレンチ、水生植物による浄化、魚による浄化(合成洗剤(シャンプー、リンス、歯磨き粉、洗濯 洗剤、家庭用洗剤等)は使用禁止、純正石鹸、サイカ チ等使用、油は流さない)
 *トイレ
コンポストトイレ、簡易水洗&バイオガス装置(水は雨水を使用、汚物は直接バイオガスタンクに行く)、好きな方は野外でも可
 *電気: 
風力発電、水力発電、人力発電、太陽発電、バイオガス発電
 *移動手段(村内)
徒歩、自転車、牛車、馬(村の入り口に駐車場を設け、村の中には車は入れない、子供たちが、自由に安全に村内を駆け回れる、老人にも安全)
 *ゴミ
ゴミはなるべく出さないように自分の生活から心がる、石油製品は極力使用しない、最終的に土に帰る物を使用する。
 *残飯等:家畜の餌、堆肥、バイオガス

 *食料(地産地消)
なるべく村の農場で賄える様に頑張る
 農作物:有機農法、自然農法で作付け
 加工食品:油(エゴマ、ヒマワリ、菜種)、味噌、醤油(大豆)、穀物(米、雑穀)パン(麦)ミルク(牛、ヤギ)酢(柿酢)アルコール(ドブロク、果実酒)甘味(蜂蜜、干し柿、ビート、メープルシロップ? ブドウジュース)、塩(購入)
 *家畜:鶏(卵、肉、草刈)、ヤギ(ミルク、肉、草刈)、牛(労働、ミルク、肉)、豚(肉、残飯処理、開墾)、鴨、アヒル(除草、害虫取り、肉)、羊(肉、綿羊)遺伝子組み換え作物、農薬を使用した飼料は与えない

 *燃料(エンジン関係)
ディーゼルエンジンには、VDF(ベジタブル ディーゼル フュエール)かBDF、アルコール、メタンガス等も挑戦したい、また昔の木炭自動車も復活させたい。ガソリン(なるべく使わない方向に持って行きたい)
 *動力:スターリングエンジン、水車の力を上手く利用、人力、風力
私が、なぜ有畜複合有機農業に興味を持ち、また、それを生業としてやっていきたいかと考えたのは
遡って考えて見ると、海外に居た事がきっかけになりました、今思うとサンフランシスコにいた頃です
その頃、リムジンのアルバイトをして学費を稼ぎながら、短大に行っていました
リムジンの仕事は、日本系企業のお偉いさんの送迎や、日本から海外の産業を視察しに来る人のエスコート
又は観光でした、ある日、日本のマーケット関係の人たちがオーガニックフードを扱っている店を見に行きたいと言う
仕事をしました。その時、サンフランシスコでも高級マーケットには、ぽつぽつとオーガニックという名前の付いた商品を
見るようになりました。また、オーガニック製品に力を入れた、ちょっと中級上のクラスをターゲットにしたスーパーも
出てきました。アメリカでは普通のスーパーもそうですが日本の様に一個一個ラッピングをしている野菜はありません
それにも驚いたのですが、今度は農薬を使わない野菜や添加物等を使わない加工食品専門の食料品店が
出てきたのです。 オーガニックに興味を持ち色々調べてみると
サンフランシスコは、ヒッピー発祥の地とも言われている所ですが
その、1970年代からオーガニック系の店を開いているスーパーが2件ほどあったのです
それを知り、行ってみたら、結構な大きさで、置いてある物は全てオーガニックと言うか、環境にやさしい物
食料品、ワイン、キッチン用品、油、洗剤、文房具など、食料品はほとんどが計り売りです、自分で袋や瓶を
持って行き、そこに例えば塩とか米など入れて自分で目方を量って値段を書き込んでレジに持って行くのです
レジには、入れてくれる袋はありません、自分で袋を持って行くか、使用済みのダンボールとかで持って行くのです
これは、使い捨てのビニール袋による資源とエネルギーの節約の為また、ゴミの削減の為です
客層も多様で、ヒッピー風からセレブ系まで色々でした。その様な所から興味を持ち始めました。
また、その頃、アウトドアにもはまり、一時期はキャンプや釣りに毎週行っていました。
しかしまた驚いたのは、釣りをするにも、現在では日本でも釣り券とかを買わなくてはいけませんが
カリフォルニアでは、釣りに行くときには、必ず釣り許可証を買わなくてはいけません、アワビやロブスターは
また別な許可証を買わなければいけないのです、一日に捕る量やサイズも決まっています。それを監視する、パークレンジャー隊員もいます
国立公園も多くあり、必ずパークレンジャーがいて公園を管理しています。何か、日本と自然に対しての考え方が違うと思いました。
また、アメリカに住んでいて、日本の文化、自然により興味を持ちました。というより、知らなすぎる自分を知りました
日本の伝統文化の事を聞かれても、何一つ正確に答えられないのです。また、他の国の人は、愛国心があるが
私を含めて、日本人には愛国心が欠陥しているように見えました。

また、短大卒業後、オフィスのデザインする会社に就職し、しばらくサンフランシスコで働いており、後ドイツに転勤になり、よりいっそう環境に関して関心を持つようになりました
まず、資源のリサイクルが徹底している事、街のコーナーに瓶、カン、新聞紙、燃えるゴミ、燃えないゴミと区別してあるコンテナがあり
そこに入れて行くのです、瓶に関しては色別に分別します。食料品店の袋は全て有料。
物は大事に使い、親からの家具などを引き継いで使っている。
24時間営業のコンビニなど無い、日曜日には飲食店以外のお店はほとんど休みになり、電車に自電車が乗せられる様になっていて
それで郊外まで行き、家族、友達、夫婦でサイクリングを楽しみ、ビールを飲む。また、仕事が終ったら家に帰る前に、
スーツのまま靴を履き替え、森を散策している人がたくさんいるのには驚きました。
何か、のんびりとしているのです。ゆとりを感じるのです。また、老夫婦が仲良く手をつないで散歩し、サイクリングしているのを見ると
何かが違うと思うようになりました。
どうしても忘れられない光景があるのです、ライン川沿いを自転車でサイクリングをしていて休憩してた時
目の前で、親子が川べりで焚き火をしてました、子供は多分5歳くらいでした
父親が木のくべ方や、火の始末の仕方を教えていたのです。小学校にも行かない子供にです
それも、真剣にです
日本でも、昔はあったかも知れませんが、しかし、何か人間本来の姿を見たような気がしたのです

いつの間にか、いつかは林業か農業をやろうと思うようになっていたのです。
それで、ドイツの後またLAに転勤になり、日本に転勤になりました
日本に来て最初に感じたのが、電車に乗って、何か皆楽しそうでなく、目がドロンとしているように見えました
駅では、タバコやゴミをそこらにポイポイ捨てて、酔っ払い、所かまわず酔いつぶれている人たち
また、道や林にゴミが目立ちました。何か、すごくモラルが低い人種に見えたのは事実です。
何かが違うと言う意識の中、すっきりせず生活していました。
その気持ちが強くなり、会社を退社しました。
しかし、漠然とし農業系の仕事をしたいと言う気持ち、自給自足をしたいと言う気持ちはありましたが
完全なビジョンは出来上がってませんでした
それで、以前から知っていたWWOOFというシステムを使い一年間色々な所を回ろうと決めました。
WWOOFとは、「労働力」と「食事、宿泊場所」の交換で金銭のやり取りはありません。
ようは、朝、昼、晩の食事と寝る場所が与えられます。その代わりにおよそ6時間程度の作業をします。
と言うシステムです。

その頃は、農場兼キャンプ場を作り実際にお客さんに、収穫等の農作業を経験して貰う事ができればいいなと考え
キャンプ場の運営はどのようになってるのかと、栃木県の南那須にある(那須いなか村オートキャンプ場)に
5月の連休にWWOOFしました。ちょうど一年で一番忙しかった時で、大変でしたが
思ったのは、今の人のキャンプは、家にいる時の延長上しかないと言う事でした。特にこの時期に来る人は多いです
バンガローに炊飯器や、テレビを持ってきたり、夜中まで人の迷惑を考えず飲んで騒いだり
自然を楽しむと言う考え方から、かけ離れているように見えました。
薪や炭の火の起こし方を知らなかったりと、生ゴミを流さないでと言ってるのに流す人、
一番絶句したのは、ゴミです。分別しない人も結構いて、ガスボンベ等穴を開けずに捨てる人、軍手や鍋を一回しか使ってないのに捨てる人
アルミ缶とスチール缶の区別がつかない人
これらの行動は、もうすでにゴミや排水溝から先は自分は関係ないと言う人が多いわけです
こっちは、排水は池に流れ込むようになって、池で自然浄化する仕組みだったので、掃除はしなければいけ無い
燃えるゴミは燃やしてたので、ビニールは取らなくてはいけない、ガスボンベが入ってたら爆発するので注意しなければいけないと。
この経験を踏まえ、キャンプ場をやるのなら鶏や豚を飼っといて、生ゴミはお客さんが動物に食べさせ
その、卵や、鶏を絞めて食べて貰う、
排水も、池に行きご飯粒程度のゴミは鯉や鴨に食べて貰い、細かい浄化は水生植物により浄化させる
このシステムをキャンプ場内に作り、お客さんに目で見て体験して貰い
忘れ去られた、循環のシステムを再認識して貰おうと考えました。

それから一週間くらい間を置き、再度(那須いなか村オートキャンプ場)に行きました
今回は、ログバンガロー作りです。ここのキャンプ場は10棟くらい建っていて
全て、ここのオーナーが作った物です、それを聞いて自給自足には家も作れければと、今度作るときは是非教えて下さいと頼んでおいたら
以外に早く声がかかったのです。
作ったバンガローはロフト付きのバンガローです、ロフトと言ってもほとんど2階建ての様ですが
8畳くらいの大きさです。工法はログ工法と在来工法の混ざった様な感じです
まず、初めにログで使う木を切り倒す所から始まりです。長さと太さが合う木を切り出し、皮を剥きます
本来なら冬の水の上らない時期に切って寝かしておくのですが、今回は6月でしたが時間の関係切って直ぐ使いました
それから、独立基礎の為の穴を掘り、その中に畑で拾った石を入れ付いて固めてそこに直径30cmの塩ビ管と鉄筋を入れ
自分でコンクリートを手練し塩ビ管の中に流し込みます。固まらないうちに土台を留める為のアンカーボルトを入れてならしておきます
固まるのに2~3日時間がかかるので、その間に木のパレット、良く工場とかでフォークリフトで荷物を運ぶ為の木の台です
あれを、土台と外壁に使うためばらして釘を抜く作業です。この様にある物を有効に使うと言うのは感動でした
それから、コンクリートが乾いたら土台を付け、根太を流し、床板を貼りました。
根太もパレットのばらした物です、床材は自分の所の木を製材所で挽いた物です
その上にログハウスを作るように木を井桁に積み上げていき腰上くらいの所で柱を建て壁板を貼って行きます。
壁板は先ほどばらしたパレットを使いました。サッシもいれて、勿論中古のサッシです。
柱の上に梁を乗せてまた床材を引きその上に井桁にまた木を積んで行き屋根をかけ終了です
今回は、どうしても屋根の部分にドーマを付けたかったので、頼んで付けさせてもらいました
誰もが初めてのドーマでしたので、皆で夜遅くまで組み立て方や、水周りの収め方をあーでもない、こーでもないと話合ってました。
ログハウスは4人で約1ヶ月で完成しました。とても面白く勉強になりました
また結構、家とは簡単にできる物だなと思いました、また、そこにある材料でも工夫すれば出来るのだと実感しました。

この後は、岩手の自然農園ウリシパモシリでお世話になりました。この農園はパーマカルチャーデザインを取り入れ、
農園内で出来るだけ循環させる環境を作り出し有畜複合農業を無農薬で行ってる所です。
(続く)
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です