12 月<< 2017年03 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>03 月
 
7月暑い季節、サンサンと降り注ぐ太陽!
これを使わない手はありません、そこでこの季節は
太陽温水シャワーの登場です。
これは、キャンプ用品で売ってる奴で、朝水を入れて日が当たる外に置いて、水を温めてシャワーに使います。
結構熱くなります。水でぬるめないと使えないときもあります。ポイントは早めにシャワーを浴びる、遅い時間に浴びるせっかく温まったお湯がぬるくなってしまいます。
まったり~村では一人一個使ってます。
SN321802-s.jpg

地元の廃材を利用して、ヤギ小屋、棚、物置小屋を作っています。
使えない部分は薪にします。

●地元の廃材
・公民館解体時に出た柱等
・地元製材所から出た廃材
・近所の家からの不用品
・古民家解体時の不用品

●製作した物
ヤギ小屋
ヤギ小屋
物置小屋
物置小屋
家具2
家具1
家具1
家具2
田畑の周りの山に落ちている枝や剪定した木を持ってきて乾燥させ、薪として使っています。山は手入れされ、エネルギー資源も遠くから運ばれてくるプロパンガスや石油などの利用が抑えられます。

●利用方法●
1)薪ストーブ
・暖を取り、その熱で料理もします。料理が終ったらお湯を沸かし、お皿洗い(ボール2杯分)と夜の湯タンポに使います。余った分はポットにいれ、翌朝使います。
・部屋を移動する時は薪が燃えて赤くなった熾(おき)を火鉢に入れて移動する部屋に暖を運びます。薪ストーブに残った熾は火消し壷にいれ火を消し、翌日に使う。

2)薪風呂→未試用

●感想●
始めは大変でした!慣れない火付けで煤だらけになって手は真っ黒、顔も真っ黒、鍋の底や台所の壁、台所のタオル、ふきん、全て真っ黒!お店のおばさんからは「炎のにおいがする」と言われ、火付きが悪い時はなかなか料理ができあがらず、仕事も遅れ、、、、
3ヶ月も経った今は煤は出るものの被害は最少に抑えられ、早く火がつきすぐ燃え尽きる木、火つきは遅いがじっくり燃える木など多少わかるようになり、炒め物と鍋の時では入れる木材を変えたりと一人「なかなかやるな」と思っているのですが、煤掃除担当者は私がやると煤が早くたまる、とぶつくさ・・・。

初代薪ストーブ
初代薪ストーブ。地元の菓子店から頂いた一斗缶で作りました。外で調理していました。
現薪ストーブ
現薪ストーブ。ダルマストーブと言う2口付きで背丈も低い(火から距離が近い)という高性能ストーブを、ホームセンターで4000円程度で購入。鍋がたくさん置けて、脇に置いて保温やぬるま湯程度にもなる。


●豆知識●
・薪の置き方:始めは細かい小さい木で炎の勢いを強めてから徐々に太い薪をくべていく
・木の種類:杉は油分が多く、焚きつけ(最初に火をおこす時に使う)に最適です。広葉樹は火付きは遅いけれども一度付くとじっくり燃えるので、針葉樹で火の勢いが増したら燃え尽きる前に広葉樹の薪を入れるそうです。
・太い薪は絶えず3本は入っていないといけない!そうです。
お肌にも良く、ふきんなどを漬けておくと白くなる、という。

うちではお風呂に入浴剤代わりにいれ、翌朝の洗濯にお風呂の残り湯を使います。米のとぎ汁が入っていると、石鹸を使わなくても汚れが良くおちるような気がします。たまに薬草茶の煎じカスもお風呂にいれると洗濯物もいい香りがします。
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です