06 月<< 2007年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったり~村に、また仲間が増えました!子猫のサブと、合鴨4羽です。
サブは家の前で2日間鳴き続けていて、根負けして家で飼う事にしました。最近、悪さをしてたので、怒ったら物置に隠れて出てこなくなってしまいました。なかなか、子育てのようで難しいですね。(涙) 合鴨は知り合いの方で、合鴨農法(合鴨を田んぼに放し、雑草や虫を抑えて稲を育てる農法です)でお米を作っていて、稲に穂がつくと、合鴨が穂を食べてしまうので、田んぼから出すのですが、それを譲り受けました。“まったり~村”の田んぼは、夏至に植えたのでまだ穂が出ないので、合鴨を田んぼに入れてみようと計画中です。合鴨はかわいいですね、あのお尻を振るしぐさとか、顔がかわいらしいです。また、知らなかったのですが、合鴨は鴨とアヒルの掛け合わせなので、飛べないそうで、柵も高さ1mもあれば充分で管理しやすいとの事です。8月には、鶏を外に放し飼いにして、もっと自然に近い状態で、より元気な卵を産んでもらおうと思っていますが、鶏は飛ぶので、2mの高さの柵が必要です。色んな事が急ピッチで進んでいます。さて、個人的なお知らせです。まったり~村村長こと北山弘長と、村民堀田郷子は先日無事籍を入れました。今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
2007年は、水ナス、黒秀ナスを作ってます。
どうも、今年は二十八星テントウ虫にだいぶかじられてしまってます。水ナスは漬物各種に向いてます。黒秀ナスはナス定番の食べ方でお召し上がりあれ
SN321811.jpg

2006年は、カメムシ、アブラムシ、鳥にやられて壊滅状態でしたが、今年は上手くできました!美味いっす、最初の一本は生でかじってしまった、甘い!とうもろこしは、水から茹でて沸騰したら2分茹でてから素早く取り出して食べるのが、一番美味しい食べ方だそうです。まったり~村もそうしてます。

SN321816.jpg

酒のつまみに最高!さっと炒めて、鰹節と醤油
または、串に刺して焼いて、酢味噌で食べるのも乙です。
煮びたしは定番ですね

SN321813.jpg

定番です。種ごと炒めて食べるのが栄養も満点!
SN321812.jpg

炒めても良し、トマトと煮込んでも良し、焼いても良し、けどフライにして塩コショウで食べるのが好きです。
SN321810.jpg

7月暑い季節、サンサンと降り注ぐ太陽!
これを使わない手はありません、そこでこの季節は
太陽温水シャワーの登場です。
これは、キャンプ用品で売ってる奴で、朝水を入れて日が当たる外に置いて、水を温めてシャワーに使います。
結構熱くなります。水でぬるめないと使えないときもあります。ポイントは早めにシャワーを浴びる、遅い時間に浴びるせっかく温まったお湯がぬるくなってしまいます。
まったり~村では一人一個使ってます。
SN321802-s.jpg

手のひらサイズのジャンボトウガラシです。タネとワタをとり除いて、生で食べることもできます。炒め物などで大変おいしく食べられます。まったり~村では、網焼きやフライパンで焼いて、おかかと醤油で食べてます。
PAP_0005-s.jpg

また、家族が増えちゃいました。
*サブロー、もしくは略してサブ*
♂ 猫
20070725212059.jpg

雨の日家の前でミャーミャー鳴いてて、一日目は無視してたんですが、2日も鳴いてるんで、根負けして家に入れてやりました。これも“ぎゃー太”より一回り大きいくらいの子猫
眉間にゴルゴ13なみにしわがよってるので、これも日本名!

*合鴨(4羽)*
まだ♂♀不明
20070725212637.jpg

合鴨農法でお米を作っている知り合いの所で、あがった奴をくださいまして、家は田植えが遅かったので、まだ、合鴨が入れれるので、やってみようかなーと思ってる所です

最近、一気に家族が増えてきて、なんかムツゴロウ大国になりつつあります。現在、猫2匹、山羊2匹、鶏100羽、合鴨4羽
んー、次が怖い、、、

夏です!先日久しぶりに東京へ戻ったら、湿気と暑さで夜はなかなか眠れませんでした。皆様は大丈夫でしょうか?さて、個人的なお知らせです。まったり~村村長こと北山弘長と、村民堀田郷子は先日無事籍を入れました。今後ともよろしくお願いいたします。

お世話になっております。
矢祭町の素敵なお店、珈琲香坊さんにおける定例の卵販売ですが
本日は急遽お休みさせていただきます。
直前の告知で申し訳ありません。
2週続けてのお休みで、コッコちゃんたちも
早く皆様に自分たちの卵をお届けしたいとちょっと不満顔。
えさにおからも加わり皆様に味わっていただくのを村民一同楽しみにしております。

又来週、宜しくお願いいたします。
不耕起畑の全体像
ここには、キャベツ、メキャベツ、ブロッコリー。セロリー、にんじん、枝豆、バジル、モロヘーヤなどなどが育ってます
070717-SN321792.jpg


少しアップ、キャベツの畝の隣の、草が枯れてる所を、ジーと見てください、何かいますよ
SN321793.jpg

見えました?
ナント、キャベツの脇の畝にコジュケイが巣を作って
卵を温めてます
SN321794.jpg
コジュケイとは、“こっちゃこーい、こっちゃこーい”て鳴いている、ウズラの様な鳥です。
恐るべき、懐の広い畑です(笑)
SN321795.jpg

本日は鶏用の保存食作り。こちらも「ぼかし作り」に続いて菌さまの力を借りてつくります。

ここから40分あまり、茨城県産もしくは国内産の大豆を使って豆腐を作っているところからおからをいただきます。
そのおからに、米ぬかと水分調整のため籾殻を入れ、程よい水分になるよう混ぜて、ドラム缶に入れて踏み押します。それを繰り返し、いっぱいになったら蓋をして終了。2週間から1ヶ月くらいで使えるようになります。
おからは乳酸発酵にはとても適した材料だそうです。
出来上がるととてもいいにおいで、えさにあげるときは麦や魚粉と混ぜるのですが、混ぜるとさらにいいにおい。香ばしいパンのような香りがします。
また、日によって、おからの状態によっても微妙に香りが変化します。えさがおいしそうなときは持って行っていろんな人にかいでもらいたいくらい。そんなときは卵もしっかりとしたかわいらしい卵ちゃんが産まれます。発酵飼料をいかに安定しておいしく作るかが現時点でのえさ作りの一番のポイントです。

これは前回作ったときの様子です。
070717-DSCF0038.jpg

070717-DSCF0037.jpg

これはいまいち水分量が多いような・・・。

ぼかしが好気性発酵なのに対し、サイレージは嫌気性発酵。
読んで字のごとく、酸素が好きな微生物が発酵してくれるのは好気性、酸素がなくても頑張ってくれる微生物が発酵するのが嫌気性だそうです。好気性発酵の代表的なのには堆肥があり、嫌気性ではお酒やお漬物があります。好気性発酵は外部から酸素を取り入れて有機物を分解しますが、その過程でかなりの熱が出て、雑菌などが死滅すると共に、有機物の栄養もかなり抜けていきます。嫌気性発酵だと使えるエネルギーが限られているため、温度はさして上がりませんが、栄養素が残った状態で発酵が終わるそうです。
ぼかしとは、有機質肥料を菌などの力を借りて発酵させたものです。即効性と持続性があるので、堆肥代わりに畑にすきこんだり、まったり~村では主に追肥として使っています。

いつも卵販売をさせていただいている珈琲香坊さんから、コーヒーかすをいただいています。そのコーヒーかすと、米ぬか、鶏糞、卵の殻(こちらも珈琲香坊さんとさかな屋さんからいただいています)などを材料に、ぼかしを作ってみました。

コーヒーかすは炭のように小さい多くの穴を持っているため(多孔質)水分を貯えることができたり、粒状なので通気性が良くなるなどの改善効果があるといわれています。生での使用は作物にはあまりよくないようなので、まったり~村では発酵させて使います。


070717-SN321777.jpg


コーヒーぼかしの使用は今回が初めてなので、さて、使った作物はどういう味がするのでしょうか。出来上がったさらさらのぼかしからは、黒土のような匂いがします。

田んぼにコーヒーぼかしを入れている農家さんは、土質が変わり、「甘くておいしい」お米がとれているそうです。

注:写真は材料だけを混ぜているところ。この後、水を入れて握ると固まり、つつくとぽろりと崩れるような水分量にし、むしろをかけておきます。その後1週間から10日くらい、毎日スコップでかき混ぜます。そうしないと熱が出て、60度以上になると微生物が死んで肥料効果が薄れるといわれています。1週間くらいして熱がおさまり、さらさらの状態になったらできあがり。

雨が結構ひどく降ったため、今日はハウス内での作業。

先日刈った小麦をハウスの中でおだ掛けしました。
雨に当たると芽が出てきてしまうので、昔は軒下などでしていたそうです。芽が出た麦からは水あめをつくっていたそうな。
2週間ほど乾燥させ、その後、脱穀機で脱粒させます。小麦の場合はその時点ではじけて玄麦の状態になるので、またそこからむしろやビニルシートに玄麦を広げて天日干しで干すそうです。目安は口で噛んでポキンというくらい。乾燥が甘いと保管時にカビが生えたり虫がわいたりするそうなので、乾燥が大事です。大麦の場合は脱粒してもノゲがついたままなので、臼でついてとるそうです。


070715-SN321780.jpg
おだ掛け用の木が用意されていなかったため、急遽はしごで代用。3段使って下から順に干していきます。雑草取りを怠けたため、藪枯らしがだいぶ絡まっていました。
070715-SN321790.jpg
ハウスのパイプも使用。麦わらがぬれている部分があり、発酵しているようで熱くなっているところもありました。
070715-SN321783.jpg
熱くなっているところは蛇の温床!?シマヘビ2匹発見!もういないだろうと言っていると、3度目の正直!村長張り切ってキャッチ!
070715-SN321784.jpg
マムシです!「へへへ~、焼酎付けにするか」

バケツに入れておいたら逃げられました。
めでたしめでたし。

今年初めて作ったので収穫適期を逃したため質は保証できませんが、どれくらいできるのでしょうか。楽しみです。きちんと保管して、パンやケーキやお好み焼きやちぢみ、パスタなど、作りたいです。(味の保障はありませんが作るのは楽しい!!)粉にするのは製粉所かな。ここから車で20分くらいの水府にあるそうです。粉にすると酸化するといわれているので製粉機があれば食べたいときに食べたい分だけ家で製粉できるのですが。。。全粒粉にもしたいです。
昨年のまったり~米はすでに底をついてしまっているので、今年の米ができるまでの貴重な主食になりうるのか!?(kyoko)
今日は強雨、玉子販売も休み
なんか朝から久々に、だらだらしています

朝、遅く起きて、といっても6時半だけどキッチンに行き、
070710-SN321763.jpg

山羊の花チャンが窓から覗き込んでるので
“おはよう” 
070710-SN321760.jpg


薪ストーブに火をつけ
070710-SN321758.jpg


音楽は、けだるく、シャンソン
 ストーブに火が回ってきたら
ダッチオーブン(コンボクッカー)とヤカンを乗せる
昨晩のジャガイモの煮物の残り汁で
畑から取ってきてある長ねぎを細く切り炒めてから
キャベツをいれ蒸し焼き

“ぎゃー太”が腹減った~とギャーギャーうるさい
070710-SN321756.jpg

昨晩食べた、焼き魚の骨をストーブの残り火で
カリカリに焼いたものを朝ごはんにあげると、
ウミャウミャとか言いながら食べてる

お、そろそろか、蒸し焼きキャベツ料理で
暖まったコンボクッカーの蓋をはずし
コッコちゃんの卵で、目玉焼き
パンは、相方が昨晩作ってくれた、ピーナッツ入りパン
これを、目玉焼きが焼き終わった蓋で焦げ目をつけ
紅茶を入れて
“いただきま~す”
ん~なんか、久々のまったり~な朝だ、、、、
070710-SN321768.jpg

で、朝からネットをしてる、
膝の上には、腹いっぱいになって、じゃれ疲れた
ぎゃ~太が寝てる

今日は何をするかな、
ハウスの中で、
刈り取った麦を干したり
からし菜の実を叩き落として、マスタードの実を採るか、
玉ねぎや、にんにくも紐で縛って干さないと、、
種も撒かないといけないんじゃ、、、、

やることは、いっぱいあるんだけど、、
今日は、まったり~しながらやりますか(Hiro)


梅雨らしい日が続いています。いかがお過ごしですか、“まったり~村”は、雑草の生育のスピードにあんぐり口を開けてる状態です。田植え、麦刈りと手がかかる作業は終わり、一昨日は刈った麦をハウスの中に干しました。これで、なんとか大きな仕事が終わったなという感じです。これから、夏野菜の手入れ、秋、冬野菜の用意です。なんか、しょっちゅう種を撒いてるような気がしますが、これが百姓なんでしょうね~。本日の朝のホットなニュースです。皆さんの野菜を収穫してたら、畑の畝にナント! 
キジが卵を産んでました!!驚き、それもキャベツの隣の畝に!さすが不耕起畑(耕さない畑)
作物を収穫し終わったら、そのままにしておいて、刈った雑草などは、畝の上に置いておいて、土を乾燥させないようにしてるのですが、、キジに巣まで作られるとは、居心地が良かったのかな。


本日は卵販売についてお知らせです。
毎週日曜日に矢祭にある珈琲香坊さんにて卵の販売をさせていただいておりますが、明日は天気予報によると強雨とのことですので、残念ながら卵販売はお休みさせていただきます。
卵もへーゼル君も雨には弱いので勘弁してください。
楽しみにしてくださっているお客様には申し訳ありませんが、また来週、よろしくお願いいたします。

七夕は小暑で暦の上では夏に入りましたね。まったり~村の夏野菜たちもようやく重い腰を上げてぽつりぽつりと実をつけ始めたようです。今年は一部、無肥料栽培(肥料をあげないで土や水、太陽の光、微生物の力で自然のまま育てる)や不耕起栽培(トラクターで耕さない)で育てたものもあるため、生育が穏やかです。もどかしいですがお客様の迷惑にならないよう、がんばります。(お野菜にがんばってもらいます?)。さて、田植えが終わったと思ったら、先週は麦刈りです。黄金色に染まった麦畑を見ながら「いつ収穫かねえ~」などと言っていたら、麦の収穫適期は全体から緑が抜けた頃で、4~5日間ととても短く、さらにはその時期は大体梅雨の時期にあたるため、晴れたらここぞと刈らねばなりません。梅雨の晴れ間にしたい仕事は盛りだくさん!畑仕事と麦刈りと、2手に分かれて作業しました。途中おなかがすいたので、麦を食べてみると、モチモチしていておいしい!気がつくと2穂くらい皮を剥き剥き食べていました。でも本当はもう少し乾燥したときに刈ったほうがいいのかな。稲と同じく、ワラで束ねて、穂を逆さに下げて乾かします。雨に当たらないようビニルハウスの中に干しますが、昔の人たちはどうしていたのでしょうか。あとは脱粒して保管です。保管時に気をつけないとすぐ虫が来るそうです。粉は隣村の製粉所へ持っていくとやってもらえます。石臼や水車で挽いてみたいところです。

まったり~村の麦畑にいた、ヒキガエル君
この、模様はアートですね
いったい、何種類のカエルがいるんだろう
SN321744.jpg

●7月13日(金)(曇り)
・野菜セット出荷
・つる紫移植
・畝作り
・種まき(インゲン)
●7月12日(木)(曇り)
・田んぼ除草
・種まき(葉っぱ系)
・バジル、モロヘイヤ定植
・ブラックベリー救出
●7月11日(水)(晴後雨)
●7月10日(火)(晴後雨)
・野菜セット出荷
・麦ハウスに移動
●7月9日(月)(晴)
・トマト移植
・菜っ葉類種まき
・草刈
●7月8日(日)(晴)
・大豆種まき(黒大豆、青大豆、たちながは、コイト在来)
・小豆種まき
・麦片付け、落穂ひろい
・珈琲香坊さんにて卵販売

7月に入りました。入梅したのですが、雨が少なく、作業的にはいいのですが、作物的にはどう影響してくるのでしょうか。
まったり~村に新しい家族が増えました。山羊の“花”です。最小はアルプスの少女ハイジを真似して“ユキちゃん”と名づけたのですが、顔がおばさんの様で、どうもしっくりこないんで変名しました。(笑)“花”は、地元の方が1年くらい飼っていて、仕事が忙しく世話ができなくなり、大事にかわいがってくれる人に貰ってほしいと言うことで、まったり~村にきました。種類はザーネン種で白く大きい山羊です。家に前からいる“へーゼル”に比べると大きく見えます。へーゼルはトカラ山羊で小さい種類です。これで、まったり~村でも念願の山羊乳が搾れるでしょう。地元のおばあちゃん達と話をしていると、昔はみんな乳を飲むために飼っていたそうで、ヤギには親しみを覚えるそうです。また、山羊の乳は人間の母乳に成分が近く、昔、お母さんがあまり乳が出ないとき、山羊乳で子供を育てたという背景もあるようです。最近はアトピーにも良いとも言われているみたいですが、私たちの夢は、今年、パン麦を栽培したので、それと、山羊乳、まったり~村の卵などを使い、自家製の安全な自然パンやお菓子ができればいいなーと思っています。そのときは皆さんにもお分けできればと思います。(ヒロ)

7月に入りました!夏ですよ果菜類の季節です!

●7月5日(金)(晴)
・里芋、ウド植え
・麦刈り
・野菜セット作り
●7月4日(木)(晴)
・畝作り
・サトイモ、ウド移植
・麦刈り
・野菜セット作り
・たまねぎ掘り
●7月4日(水)(雨)
・田んぼ除草
・梅畑草刈
・ウド移植
●7月3日(火)(曇)
・野菜セット発送
●7月2日(月)(雨)
・ハーブ移植
・草刈
・野菜セット出荷
・麦すり
・きゅうり誘引
●7月1日(日)(晴れ、夜雨)
・草刈
・トマト芽かき&誘引
・ピーマン、なす、しし唐、唐辛子、支柱立て
・珈琲香坊さんにて卵販売
・ぼかし作り
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。