12 月<< 2008年01 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>02 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月24日~25日、茨城県の旧八郷町にて、日本有機農業研究会 茨城地区の会員集会が開かれた。私たちは会員ではないものの、昨年も集まりに参加させていただいたためか、案内が送られてきたので、早速行ってみた。

まずは魚住さんの農園にて畑と踏み込み温床、平飼養鶏、ジャガイモやサツマイモ、麦などの保管場所などを見学。
畑ではキャベツ、ブロッコリー、長ネギ、人参、麦などを見学した。キャベツなど高温で虫にやられても地力があればまた復活するだけの力を作物は持っているらしく、見事に復活したキャベツを見せてもらった。また、ジャガイモの後に無肥料で人参を蒔くと調子が良いらしい。麦はばら撒き後に機械でかき混ぜる。麦のおかない事で雑草を抑えている。

その後、県立洗心館という施設に移動し、種苗交換会。
丁寧に自家採取された種を皆で持ち寄り交換する。われらまったり~村では固定主の自家採取が少なかった事、種の品質に自信がもてなかった事などからくろもちとうきびのみを持ち寄ったが、不耕起栽培(畑を機械などで耕さない)に変えている以上、今後はもっときちんと種の管理が出来るようになりたい。種の説明については仲間のブログを参考にしていただけると良くわかると思います。→軍兵六農園

次に「有機農業促進法」について各方面からの報告がありました。また、「有機農業推進法」を受けて、「有機農業推進フォーラム(交流する場)」が茨城県で発足され、そのための意見交換、どのようにして有機農業を推進していきたいかなどが話し合われました。「有機農業推進フォーラム」とは「地域の多様な人々が交流と意見交換をし、有機農業を推進し地域に広める場」とのこと。詳しい情報が入り次第、可能であればこちらのブログにてご紹介いたします。

その後は交流会です。
こちらが一番印象に残りました。
自己紹介などでは想像できなかったほど奥深い人たち、掘り下げて聞けば聞くほど「食」や「農」を超えて、しかしながらもちろんそこを基本に、人としての生き方、社会などを幅広く見据えている多くの人たちを触れ合う事が出来、また、それを具現化するときの夫婦をはじめとした人間関係のあり方などを感じる事が出来、とても有意義な時間をすごす事が出来ました。
翌日は前夜話を聞く事が出来たI農園を訪れる事が出来、その農園とセルフビルドの家にみなぎる温かさと情熱を全身に浴びて帰ってきました。

自分たちの農園の目指すものが、ふたたび明るく見えてきたのと同時に、同士の存在を知る事によって、とても力強い気持ちに包まれました。自分たちの生活と社会とのかかわり、その両軸を共にバランスよく進めて行きたいと思います。

スポンサーサイト
○練馬区Sさまより○
~前略~
私はお野菜が無くても何とも思わないほうでしたが
まったり村の野菜を食べて食生活が変わるんじゃなかろうかと思いました
まずはじめにチンゲン菜とターサイ?(丸い座布団のような)をレンジで加熱
野菜ってこんなんに甘かったの…びっくりでした

蒸し野採は栄養価も損なわれず美味しいと聞いていたので
夜は里芋を即席蒸し器で蒸してみました…これまた絶品

今週は、お野菜を楽しんで過ごす一週間です(*^_^*)
~後略~

○まったり~村より○
Sさま、ありがとうございます。
まったり~村のある茨城県常陸太田市の昨日の温度は、夜中や明け方は零下6度、正午から3時くらいまでは6度と、12度の開きがあります。東京都の同じ日の温度を調べてみたら夜0度、昼間8度と、最高は2度しか変わりませんが、夜中の温度がだいぶ異なります。
朝野菜を見ると、9時くらいでもまだ凍っています。チンゲン菜など、ぬれた手袋が凍ったように、触っても動きません。葉っぱを切ってみると中の水分が氷です。
これが昼には自然に解けて生きてわずかながら活動し、また夜に凍る、という生を繰り返しています。寒さを経験した野菜は甘くなる、といいますが、チンゲン菜、ターサイが甘いのはこんな理由なんだろうなあと思います。
ここ2日、朝9時から4時まで昼ごはん時もずっと外にいましたが、お昼に家に帰って休んで、また外に出るのとは異なり、一日外にいるとそれだけで夜はプールに入った後の授業中のように、気持ちよい疲れで頭がボーとして熟睡できます。自然の中に身をさらす、とはこういうことなのかなあ、と、どういうことがこういうことか良くわかってはいないのですが、(しかも防寒着に焚き火つき)なんとなく感じています。人間も寒さを体験した方が甘くなるのでしょうかね。いつかお野菜の気持ちを体験しに、まったり~村へも遊びに来て下さい。(さすがに冬の夜の体験はやめておきましょう)

ということで、お野菜気に入っていただき嬉しいです。
今後もよろしくおねがいいたします。
赤からし水菜、ちょっと萎れていたので水につけてパリッと
させてみじん切り パラパラと塩
ほんのちょっと、またまたそばつゆ
これだけです。
美味しい・・・・。幸せでした。
簡単で美味しくて、大地の栄養と力を
私の体に注入致しました。
にんじん甘くて美味しくて皮のまま生で
ボリボリ食べちゃいました。
素揚げして塩も試してみたいのですが
今度にします。
ブロコリーは軽く湯がいてコッコちゃんの
玉子 ゆで卵にして荒みじん
マヨネーズで和えました。
これまた最高でした。
有難うございました。
------------------------------
○まったり~村より○

Sさま
いつも野菜が一番して欲しい食べ方、ありがとうございます。
今度はマヨネーズもコッコちゃん卵でいかがでしょうか?

【材料】
卵黄2個
油120cc
塩少々
マスタード少々
酢小さじ1/2
【作り方】
1.室温の卵黄に、塩、マスタード、酢を入れて泡だて器などでよくかき混ぜる
2.1に油を少しづついれてかき混ぜていく。一気に混ぜ合わせると分離してしまうので注意。
3塩で味を調えて出来上がり!

かき混ぜるのがちょっと手間ですが、お時間があるときにでも。

●販売者氏名:北山弘長

●住所:〒311-0507 茨城県常陸太田市小菅町1215

●電話番号:0294-82-3003

●商品代金以外の必要料金:
送料(~15kg)
 沖縄     1,100円
 北海道・九州 1,000円
 四国      900円
 中国      800円
 北東北・関西  700円
 南東北・関東・信越・北陸・中部   600円
※クール便(冷凍・冷蔵)は210円増し
※消費税 商品価格に含まれます

●申し込みの有効期限:在庫ありの場合は随時
●不良品:万が一、汚損や破損、不良品をお届けした場合は、商品到着後1週間以内に、ご一報の上ご返品ください。なお、お客様宅に到着後の品質劣化や破損などに対しては責任を負いかねますのでご了承ください。
●引渡し時期:配達可能日をお知らせいたします。配達予定日を過ぎても商品が届かない場合は、0294-82-3003までご連絡下さい。
●お支払方法:郵便振込みでお願いいたします。初回の方、高額・大量のお買い上げの際は、ご連絡して代金引換にしていただく事もあります。代引き手数料はお客様ご負担になりますのでご了承ください。
●お支払時期:商品到着後、または料金請求後2週間以内にお支払い下さい。初回の方、高額・大量のお買い上げの際は、ご連絡して代金引換にしていただく事もあります。
●返品期限:商品到着後1週間以内
●返品送料:お客様のご都合による商品の交換やご返品は、返送料をご負担いただきます。

電話番号:0294-82-3003
メールアドレス:mattaryvillage@@gmail.com(@を1つのぞいて送ってください)
ブログ:http://mattarystore.blog19.fc2.com/
以下の内容をFAX・メール・郵送などでお送り下さい。お電話でも受け付けています。
●●●注文書●●●
お名前:
お電話番号:
FAX:
ご住所:
Email:

ご注文商品:
○野菜セット  1~2人用1500円分・3~4人用2000円分(どちらかお選びください。)・・・※1
○自然養鶏たまご    個(1個40円。1個から承ります)
○その他 
発送希望日:毎週火曜日・毎週金曜日・隔週火曜日・隔週金曜日・お試し1回…※2

発送希望日:  月  日(毎週、隔週希望の方は初回発送希望日をお書きください)

まったり~村へ一言:
----------------------------------
※1)1週間で食べきれる量を目安に旬のお野菜を8から12種類くらいセットにしておくっていますが、季節や個人差により異なります。
※2)商品到着日は関東ですと発送日の翌日になります。
明けましておめでとうございます。今年も良い年になりますように・・・
皆様はお正月をいかが過ごされましたでしょうか?われら2人は年末30日に、近くの有機農業者の仲間「野良の会」の方たちと、臼杵をつかっての餅つきをし、31日にはまたその先輩の隣の家に住む蕎麦家名人のご指導のもと、まったり~村の蕎麦粉を使って蕎麦をうち、手打ち蕎麦で年越ししました。1日の1時を回った頃、家に帰ると玄関になんとお重が置いてあります。隣町でお世話になった料理屋さんからの手作りおせちです!3の重になっていて、一つ一つ手作りの心のこもったお料理に感動しながら、とりあえず、近くの天満宮というところに初詣に行ってきました。翌日は同じ時期に新規就農した仲間のところへ行って、おせちを一緒にいただきました。その後、村長の実家へ、翌日は村長夫人(?)の実家へ戻り、いろいろとあいさつ回りです。新年早々驚いたのは、昨年は実家の付近で、身近な人がお金を平気で盗んだり、60歳も過ぎたおじさんが30も若い人からお金を借りて一向に返さない、など、お金に関するトラブルが身近で増えていた事です。まったり~村のある里美村は、20年も前まではほとんどの人が自給自足で、食料を買うということは少なかったそうです。われら新参者2人も、金は無くても畑に野菜が無くても(すみません、がんばります)、なんだかんだと食べるものは豊富にあります。自然から与えられる豊富な食料を、地域の人たちが分かち合い、「貧しい」という意識がほとんどうまれてきません。でも、何をするにもお金がなければ身動きがとれないような社会では、お金がないと劣等感を感じざるを得なくなり、自分がかわいそうになって盗んだり借りたまま返さなくなったりしてしまうのかなあと思いました。お金は人間が作ったシステムなのに、それに縛られて人生を過ごすのはとっても寂しいことに感じます。「物々交換」「貨幣経済」などという言葉以前に、里美村の人たちは、自分の所に食べきれないほどの食料があったら無い人にあげて、ということを自然に当然にやっています。小さな一粒のタネからでっかい大根がなったり、次から次へと実をつけるナスやピーマンなど、自然の懐の広さに触れていると自然にそういう行為に繋がるのかなあと思いました。

さて、本日のお野菜ですが、
メリークリスマス!!このお野菜が到着する頃にはクリスマスは過ぎている事ですが、皆様はいかがお過ごしになられましたでしょうか?
先日お便りでお知らせしたように、12月23日に、こちらの新規就農者の仲間、有機農業者ネットワーク「野良の会」により、我々2人の結婚を祝う会を開催していただきました。どんな会がいい?という質問に対し、「お金をかけない、労力もかけない、ゴミを出さない、気楽に皆が交流できる会」というわれらの希望の1つだけを除いてすべてを充分以上、十二分よりもさらに多く満たしてくださった会になりました。その除いた1つ、というのは「労力をかけない」というものです。
総勢80人が、近くの古民家「沼田邸」に集まりました。受付で、近くのガラス作家、鵜沢夫妻のご好意により吹きガラスの手作りコップが配られ、鵜沢さん本人により、来賓者の希望する名前やイラストをガラスに彫っていただき、それを会の間使っていただきました。会場は野良の会の手作りです。一番奥には屏風があり、脇には3本の竹を立体的に裂いて作られた花器に豪勢な植物が飾られていました。机の上には、卵販売が縁で知り合いになった隣町で料理屋さんを営まれる「さかな家」ご夫妻が、「野良の会」の仲間の野菜と村長がお世話になった岩手県で有畜複合農業を営まれる「ウレシパモシリ」農園の放任豚、まったり~村の卵、そしてお魚を使っての数々の料理と、地元の方が作ってくださったお煮しめ、野良の会の主婦の方が作ってくれた漬物など、心のこもった料理が並んでいます。また、友人が前日駆けつけて、午前中に活けてくれた花が各テーブルに置かれています。トイレやちょっとしたスペースにはナンテンやアブラナの花などが飾り付けられています。野良の会の若手芸人による、笙(しょう)にも似た東南アジアの楽器の演奏により、新郎新婦の入場です。紋付はかまに黒の振袖と、豪勢ないでたちです。これまた地元の方のご好意とご協力によるものです。いつものすすだらけの様子はどこへやら。(でも新郎の髪とひげは昭和初期の文豪のようだとか。)お世話になった方、地元の方、料理紹介等の挨拶が終わると、餅つきが始まり、猪汁にもちを入れて振舞われました。おなかも交流も落ち着いた頃にケーキ入刀ならぬ蕎麦入刀です。蕎麦はご存知、まったり~村の蕎麦粉を「沼田邸」のオーナーと仲間が朝からうってくれていた蕎麦です。幼い頃の写真スライドショー、友人による二胡の演奏と、隣町大子で子供たちに読み聞かせをやっている友人の司会進行のもと式はどんどん進み、最後に両親への稲穂贈呈、親の挨拶で終わりました。バックミュージックも仲間のピアノ演奏です。退場後にはわれら2人が、卵販売をさせていただいている隣町の「珈琲香坊」さんという珈琲屋さんで門外不出のチーズケーキの作り方を教わり、1日かけて作ったチーズケーキをお持ち帰りいただきました。仲間と昔ながらの友人と、地元の方がたが集まり、しかも手作りの一番贅沢な会を開いていただきました。準備の段階ではいろいろとあり、人間同士の付き合いというものを勉強させていただきました。来ていた方々も「これが本物です」といって涙を流してくださった方、「会のすべてがとても新鮮です」といって下さった地元の方などがいて、大成功に終わったと思います。われら2人もとても嬉しく、ありがたく、心新たにこれからの生活を始めていけるエネルギーを頂きました。

さて、本日のお野菜ですが、
最近、連続して援農(縁農)しに来てくれる人たちがいて助かりました。まだ残っている蕎麦脱穀をしてもらいました。この作業は、短時間で成果が見られるんでいいです。シートの上で刈り取った蕎麦を、山で拾ってきた杉の枝でたたき実を落とし、落ちた実はゴミも混ざっているので、唐箕でゴミを飛ばします。唐箕を使うと皆さん郷土資料館とかでは見た事ありますが、使えるのかと興味深深で、この単純人力機械には感動してくれます。来年にはこのようなエコな人力機械を使った農業体験を皆さんとより多くやっていけるような企画&受け入れが出来ればいいなと考えています。これからの農業は機械でだーっと作業するか、昔のように“結い”の作業のように大人数で一気にやるかだと思います。どうせなら、機械の石油エネルギーを使わない人力でわいわい楽しく、また、食べ物を食べる為には、こんなにいろんな事をしなければいけないのか、また、私たちのように、除草剤、農薬、化学肥料を使わない安心にこだわった野菜は、もっと手間がかかります。安心、安全を得るためには、ここまでやるんだーと言う事を、一緒に出来たらなと思っています。 (Hiro)
さて、本日のお野菜ですが、

まったり~村お便りNo.105            2007年12月14日
霜も降りてきて、本格的に冬支度です!いくらまったり~村がまったりしていても、冬になれば手遅れのものがいくつかあり、ここ最近は猛スピードで、今までの遅れを取り戻そうと、かつ、もろもろの準備作業(部落に入るための地元の人から話を聞きに言ったりなど・・・)いのしし年の最後を飾るにふさわしく、いのししのごとくに仕事をこなしている・・・つもりです。結局人手では間に合いきらないと、米の収穫と脱穀、豆の脱穀、麦の脱穀をハーベスターという機械を借りてきて終わらせました。そばは手で打ち脱粒させましたが。実はジャガイモもつい先日掘り残しを掘りました。冬の新ジャガです。掘ってしまったものより、堀たてがおいしいんだ、と地元の方は言ってくれましたが、それは味見をしてみてからお届けしますね。ジャガイモ堀は都会から「地球市民アカデミア」という社会人大学のような学ぶ機関から、4名ほど若者が来てくださり、一緒に掘りました。あっという間に、けっこうな面積が掘り終わりました。私が都民だったときも、農業体験できるところを探して行っていました。そういった「農業体験をしたい」という人たちと、「人の力が必要」とする人たちをうまく交流していける仕組みを作りたいと思っています。また、“もろもろの準備作業”というのは、実は年末に、地元の仲間が、われわれの結婚をお祝いしてくれると言う事で、お祝い会を近くの古民家をお借りして、やってくれる事になったのです。はじめはかんたんな交流会のような気持ちでいましたが、地元の人はどうする、部落の人は呼ばないのか、座席の位置は、進行はなどなど、大掛かりになってきました。それらを仲間が手作りでやっていってくれるのです。お料理も、皆が丹精込めて作ったお野菜やお肉を分けてくれたり、卵が縁のお客様が、地元郷土料理や、自分のお店のお魚を用意してくれたり、また衣装を貸してくれたり、パンフレットなども皆手作りです。多分仲間は相当大変だと思いますが、とてもありがたく、とても楽しみです。今までお世話になった人も集まってくれるので、是非、地元のいろいろな人たちと交流して貰えたらと思っています。でもこちらも受け取るだけではなく何かしなくては申し訳ないとじたばたしています。素敵な会になると思いますので、また、会のご報告もさせていただきますね。

さて、本日のお野菜ですが、
あけまして
 おめでとう
  ございます

本年度もよろしくお願いします

先週、披露宴が終わったのですが
後片付けやあいさつ回りで、パタパタして
何か元旦という気がせず
まだ、終わっていない年賀状製作に眠い目をこすってがんばってます

昨年は色んな新しい事があり
今年も、色んな新しい事がありそうです

今年は農業体験のイベントを多く出来たらいいなと思ってます。




 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。