01 月<< 2008年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 
先日、踏み込み温床に蒔いた種たちから芽が出てきました!
緑や紫かわいいらしいです。

SN322086-s.jpg
踏み込み温床の上に苗箱を乗せてる所です
SN322087-s.jpg
アップ、緑のプチプチとした物が見えてきました
SN322085-s.jpg
さらにアップすると、芽が出てるでしょう
2008年、初種まきです!ブロッコリー、レタス、キャベツなどなど、十数種類の種を蒔きました!収穫は4月頃です。待ちどうしいですね~

しかし、この時期の種まきは、寒くて畑にまけませんので、どこに蒔くかと言うと、踏み込み温床の中に蒔きます。
踏み込み温床とは何ぞやというと、昔からお百姓さんが寒い時期に苗を育てる知恵です
どいうものかというと、、

まず、まったり~村の場合は、ヤギ達を引き連れ雑木山に行き、落ち葉を集めます。
SN322076.jpg
山の斜面の上の方に登って行き、熊手で落ち葉を下ろしてきて
袋に詰めやすいところに集め、集まったら袋に入れ斜面下まで転がし
トラックに積みます、結構傾斜があり、上り下りは、ちょっと疲れます。
そんな時は、山にしてる落ち葉の上で昼寝これが、天気も良くポカポカして最高です。アルプスの少女ハイジの気分!
SN322075.jpg
畑に戻り、その落ち葉を、木枠の中(長さ1m80cm、幅1m20cm、高さ65cm)に鶏糞、ぬか、水とマンノウで5回に分けて混ぜて、ギュウギュウと踏んでいきます。
これで、3~4日すると、それらの物が発酵してきて熱くなってきます
その温度を利用して苗を育てます。
温度が出てきたらトロ箱を再利用した木箱に土を入れて、種をまき、先ほどの落ち葉などを入れた木枠の中に入れます。種は温かいので、“お、春がきやがったな、こうしちゃいられねー芽をださねーと!”と、だまされて芽を出し育っていきます。
そうしている内に、外では本当の春が来て、ぽかぽかしはじめます。そのときに待ってましたと、外の畑に植えてあげます。なぜこんなことをするかというと、外に暖かくなってから種をまくと収穫まで時間がかかりますが、苗を育てて暖かくなったときに植えれば、野菜が少し早く収穫できるというわけです。昔ながらの早く野菜を食べたいという知恵です。
また、春は雑草もグンと勢い良く伸びてきますので、直に種を蒔くと、野菜の苗が大きくなるまで雑草に負けないように絶えず刈っていなければいけなく、この忙しい時期の手間を省くという利点もあります。結局、木枠や藁などで枠を作った中に、発酵熱が出る物を入れ苗を育てる物を、踏み込み温床と言います。SN322078.jpg


で、苗を育てるのに水を定期的に掛けて手間隙、愛情をかけて育てますが、まったり~村の畑には水がない!それで昨年はポリタンクにせせらぎから水を汲んで如雨露で水をやっていましたが、結構手間なんですよ、そこで、今年はもらった風呂桶を使い、水を溜めそこにホースを連結させ散水しようと風呂桶再利用貯水タンクを作りました。廃材でやぐらを組み、風路釜を乗せ、風呂釜には蚊などが入って繁殖しないように、網戸の網を使い、カバーをして、ホースを風呂釜の排水の所に連結させ、いざ散水!
し、しかし、、、、何だ、、水がチョロチョロしか出ない、、如雨露のように出ない、、(:;)水圧が足りなすぎる!
急遽、やぐらを50cmほど高くし、ホースの先につける如雨露の先につけるシャワーのような物を、水圧があまりいらない物に交換して、いざ!
おー、出るじゃない!SN322079.jpg

しかし、風呂桶再利用貯水タンクには、結局ポリタンクに水を汲んできて入れなければいけないのですが、これも雨水を上手く利用するよう思案中です。けど、以前の如雨露よりは格段に効率アップです。
将来的には、揚水風車で水を地下から上げて使えたらな~と、無い頭を絞っています。
いかがお過ごしでしょうか。野菜便をお休みさせていただいてから早10日余、立春を過ぎてからは雪と雨が降ったりやんだり、冬場の乾燥を潤してくれている日々が続いています。凍った大地が徐々に溶け出して、暖かな春に備えているのでしょうか。
さて、こちらまったり~村では、野菜の出荷をお休みして日々何をしているかというと、コッコちゃんの餌やりと卵配達などはもちろんのこと、ハウス内の片付けや道具棚作り、落ち葉集め、踏み込み温床(寒い時期に苗を育てるために、落ち葉や鶏糞などを発酵させてその熱で苗を育てるためのもの)作り、先日は裏山から間伐材を運んできてそれと竹を利用したぶどう棚を、手伝いに来てくれた友人と共に作りました。昨年杉林が伐採されたときに、使わないような細い木が林に倒されたまま放置されていたので地主さんに使ってもいいかと聞いたところ快諾していただき、その木を使っての棚作りです。まず、林から木を運び出します。以外に軽く、一人で転がしたり引っ張ったりしながら楽に運び出せました。次になたを使っての皮むきです。けばけばの皮をむくと白くすべすべした樹皮が顔を出します。土に埋める部分は腐りやすいとの事で、その場で杉っ葉を集めて火をおこし、その火で下から50cmくらいまでと切り口をいぶして表面を炭状にします。組み合わさる部分にはほぞをきり、ぶどう棚の位置まで運んで、組み立てます。近くの竹やぶから竹を切り出し、杉の木で出来た枠組みの上に、ぶどうが絡みやすいように格子を作っていきます。格子をのせるときに釘を使うか、紐で縛るか、意見が分かれました。穴を開けて釘を使っても、竹が割ることがありそこから腐っていきます。また、竹も老化してつけ変える時に釘だと大地に還りません。麻紐だと緩んで切れたり、場所がずれます。両者の意見を取り入れ、釘の部分と、紐の部分、釘を補強する形で釘と紐の両方を使う部分と、場所に応じて(または比較のため実験)使い分けました。紐も一箇所では弱いですが、多くの場所を押さえると意外に強く、なかなか緩んだり切れたりしないようです。結び方も伝統的な結び方があるのでしょうが、わからないので、独自の縛りをしていきましたが、お互い、こうするときつく縛れる、など、色々改良して、3人で2日かけて作り上げました。ん~、なんとか立派ないでたちです。しかしながら、昨年11月に頂いてきたぶどうの根っこから出ていた芽は、冬を越して、枯れてしまっているような・・・。暖かくなればまた出てくる事でしょう!!または、かぼちゃでも這わせましょうか。。。
その友人の帰る日は薪ストーブの火を使って大豆を弱火で炒ってきな粉にしたり、乾燥させたくろもちとうきびというとうもろこしをコトコトゆでてもちもちした食感を味わったり、残りご飯でおやきを作ったりと、色々冬の楽しみ方を教えて貰いました。
暖かな春に備えて固まった体もほぐしながら、野菜作りもがんばって行きたいと思います。

では、皆様もお体に気をつけてお過ごしください。
ご意見、ご感想など、お待ちしております。
19日より一週間、山村都市交流指導者養成講座に通い詰めていました。まったり~村も農村と都市の交流に一役たてばと思い二人で朝から行き、座学、チェーンソー講習、ツリーハウス作りなどを勉強してきました。色々と勉強になり、今年何かイベントが開けそうです。また泊りがけで、茨城有機農業研究会の集まりにも参加してきました。集まったみなさんも熱い思いをもって新規就農した人がたくさんいて、大変励みになりました。有機農法推進法、食生活の問題、これからの日本の農業の事など、色々なことについて皆と意見を交換し合った、良い集まりでした。帰りには会場の近くで有機農業と養鶏をやられている方の家に寄らせてもらったのですが、有機農業を始めて8年の方の所は、なんと山を自分で切り開き、廃材で家を建て、そこで家族4人が生活をしていました。なかなかすごかったです。その夫婦はペルーで旅行しているときに知り合ったそうで、家もそうですが、家の前が段々田んぼになっていて、ガチョウが放し飼いになっていたりヤギが放牧されていたりと、何か日本ではないようなオーラをはっしてました。養鶏の方は以前から知り合いなのですが、その方の話によると最近は鶏を販売している会社も大手が牛耳ろうという勢いで買収し始めてきているそうです。実は日本で養鶏されている鶏は海外のものがほとんどです。結局もとの種はほとんど海外の会社に握られています。日本の会社は全国で5%だそうです。それを聞いて、私も今度雛を入れるときは、主鶏が日本の物を買おうと思っています。出来るだけ国産の物で生活したいと思っており、安いからと言って輸入品にばかり飛びついていると、日本の経済、産業がのっとられやすくなってしまい、痛いしっぺ返しが将来来る事でしょう。今の農業もそうでしょう。輸入が止まったら色々な食料品が手に入らなくなると思います。田舎の人は結構自給してるので、それほど大きな痛手は受けないと思いますが、都会の方はつらいと思います。現にバイオ燃料でも原料などがそちらに流れた事で、大方の物が値上がりしたことでわかると思います。やはり、少し高くても、国産の物に出来る範囲からでいいので変えていくことが大切だと思います。そういえば、朝、起きたら雪が5cmくらい積もっていてビックリ、去年は暖冬で雪は結局降らなかったと思うのですが、とうとう、里美本来の冬の姿を現してきました。やはり夜の冷え込みは去年よりは厳しいようです。まったり~村の野菜は露地栽培なのでほとんど凍ってきました。こちらの地域は2月が一番寒いようです。(Hiro)
さて、本日のお野菜ですが、大根、聖護院カブ、白菜、水菜、ちぢみ菜、赤ネギ、下仁田ネギ、ミニカブ、里芋、ジャガイモです。最近は朝に収穫すると、根菜類などは温度差により実が割れてきますので、前日の夕方にとるようにしました。先日のお便りでは朝9時まで大地は凍っていると書きましたが、昨日は昼を過ぎて3時くらいになってもまだ大地は凍っています。昼の温度はそうでもないのですが、夜の冷え込みがきつく、それが連日繰り返されているようです。葉物の茎の根元の繊維も凍っています。凍って溶けてを繰り返して甘い野菜が出来るようですが、それに負けてくると枯れていきます。みぶな、水菜は比較的寒さに強く、冬場の一番の期待していた選手でしたが、ここ数日の冷え込みと先日の雪で一気に葉が枯れてきました。よおく見ると、下からは小さい芽が伸びてきていて、大きな葉は枯れながらも小さい芽を寒さから守り、養分をそちらへまわしているようです。カブもだいぶしみが目立ってきました。
皆様へ、ご連絡があります。
野菜も上記のような状況であり、また、根菜類も数量がわずかになってきました。葉物など、大きいものは枯れていますがその下で小さい芽はゆっくり成長し続けています。枯れている時点で収穫してしまうより、暖かくなって育った頃にお届けする方が、お客様にとっても野菜にとっても嬉しい事のような気がします。今回も畑に聞いてなんとか出荷できましたが、来週以降、とうとうお野菜をお届けする事が難しくなってきたようです。突然のご連絡なので、後1週様子を見て、それ以降はお休みしたほうがよいのではないかと、畑と村長と相談しています。後、1週、とりあえず送らせていただきます。また、畑の状況が変わればご連絡させていただきたいと思っています。また、春になり、草木が芽吹く頃、春野菜から春の喜びと共に送らせていただければと思っています。卵は相変わらず産んでいるので、もし、ご入用な事がありましたら喜んで発送させていただきたいと思っています。(しかしながら送料は通常通りかかります)
何の作業でも段取り8分と言われるように、この寒い冬の期間は畑や鶏舎の整備などをきちんとして春からの準備を周到にし、今年は昨年よりも皆様に喜ばれる野菜作りをしっかりとしていきたいと思っています。そのためにはお野菜便の停止も寂しい気はしますが仕方ないのかなと思います。
急なお知らせでもうしわけないのですが、是非ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
あと1週、とりあえず、お付き合いお願い申し上げます。
ご意見、ご感想など、お待ちしております。では、まだまだ寒さ厳しい折、お体ご自愛ください。
暦の上では大寒に入りました!こちら里美村では寒さを取り越して冷たいです!しかしながら家の天井をつけ風を防ぎ、薪ストーブに火をつけるとだいぶ暖かくなります。また、2つの火鉢をフル活用して、薪ストーブの中で赤く輝いている熾き(薪が燃えて炭状になっている)を入れて部屋においておくとなんともいえない温かさに包まれ、幸せな気分です。さて、こちらに来てから、なぜこういう生活をしているのか、目指すものは、と聞かれ、以前はあいまいに「自給自足」などと答えていたのですが、最近はどうも違和感を感じます。自分たちの生活を自立させながら、地域の中でお互い助け合える地域内での「自給自足」なら、ぴんと来ます。また、こちらでの暮らしで学んだ事を一言で表すとしたら「生きる力」かなあと思います。今、電気とガスがなくなったら、都会だとパニックになってしまいそうですが、こちらでは、「あ~あ、また昔の生活に戻るか」などといって、裏の林から薪をとってきてかまどでご飯を炊き、風呂を炊き、暗くなったら寝て明るくなったら起きるのでしょう。工夫して対処する知恵も多くもっている気がします。何かがなくてはならない、ということはなく、なければ何かでどうにでも代用する工夫を当たり前にしているように思えます。また、一昔前までは行政ではなく、橋などが壊れたら村の人々が集まって皆で治していたそうです。「自然」と「地域の力」があれば世の中がどうなろうとどうにか生きていけそうだなあ、と思いました。

さて、本日のお野菜ですが、聖護院大根、聖護院カブ、にんじん、みぶな、水菜、ターサイ、赤ネギ、里芋です。最近は朝に収穫すると、根菜類などは温度差により実が割れてきますので、前日の夕方にとるようにしました。朝9時くらいになってもまだ大地は凍っていて、葉物の茎の根元の繊維も凍っています。昼間になると溶けてきます。それを繰り返して甘い野菜が出来るようですが、寒さに負けてくると枯れていきます。みぶな、水菜は比較的寒さに強い野菜ですが、ここ数日の零下6度などの夜の冷え込みにより、根元の方が茶色くなってきました。葉はまだおいしく食べれますが、もうそろそろ終わりの時期が近づいているようです。もっと遅くタネを蒔いた水菜など、緩やかながら育ってはいます。裸の土はカチンカチンに凍っていますが、雑草やわらなどを土にかぶせておいたところは比較的柔らかです。昨年は寒さ対策のため、大根、カブ、にんじんなどはすべて掘ってから、30cmくらいの溝を掘り、そこへ大根を並べて葉っぱを出して埋めていましたが、日数が経つにつれ皮が茶色くなったり、味もみずみずしさがなくなったりしていくので、今年は隣の方から教えて貰って、引き抜かず、わらをたんまりかぶせて、その上から土をかぶせる、というやり方をとってみています。葉のつけ根少々は凍ってしまうこともありますが、その下の部分は、埋めたものよりおいしく召し上がれるのことです。多少の凍みはご了承ください。にんじんは、スティック状にして生で、または揚げて食べてもおいしいです。パンの上にケチャップを塗ってスライスした玉ねぎ、にんじん、チーズをのせて焼いて食べました。夏のトマトでトマトソースを作っておいて、野菜スライスなんでものせて、ヤギ乳でつくったカッテージチーズを自家製小麦粉でつくったパンにのせて薪ストーブの上のダッチオーブンで焼いたら・・・と妄想は勝手に膨らみます。マヨネーズもコッコちゃんの卵で作れるし、パンでなくてクレープやチャパティーでも簡単です。具を自分で乗せるセルフサービスのトースト屋さんなどおもしろそうです。とりあえずは野菜作りをがんばりましょう。みぶなは、先日は炒めて塩で食べたらまたおいしかったです。
お野菜に関するご意見、ご感想など、お待ちしております。お勧めレシピなどもありましたら是非教えてくださいね。
では、今後もよろしくお願いいたします。
一月は農作業も無いから暇になって、ホケーとする時間が取れるかなと思いきや、、、、、お互いの実家の新年の挨拶から始まり、帰ってきてからは、以前台所の天井をはがしたのですが、あまりにも寒くなり、ボードを貼ったり、またそれに伴い電気工事、屋根裏部屋作り、それがまだ終わらず、その間に、ご近所、地主さんに新年の挨拶、またそこで色々話し込み、一日では終わらず、はたまた、チェーンソウ講習など、フルに詰まってきて、来週も一週間、ツリーハウス作りの講習です。という事で、あっという間に1月は終わりそうです。2月になれば、もう種まきが始まります。外は寒いし地面は凍っているので、踏み込み温床を作り、そこで温かくなるまで、苗を育てます。 しかし、チェーンソウ講習は二日だったのですが、とても勉強になりました。木の倒し方、安全確認、チェーンソウの目立ての仕方など、やはりこういう山に囲まれている所に住んでいると、必要な知識ですし、自分で木を安全に切れるようになれば、これからいろいろな事が出来ますし、とても参考になりました。冬は冬でやはり色々あるんですね。けど、畑に手を取られてないので、少しはやはり、まったり~してるのかな、(Hiro)そうやって冬にまったりしすぎると、1年にわたって響くのです。現在の作業は苗代作り、夏になると雑草に埋もれてしまうブラックベリーなどの果樹の移植、梅ノ木剪定、畑の整理と手入れ、夏に支え木などに使う竹きり、腐葉土作りのための落ち葉集め、籾殻燻炭作り、さらには鶏の柵づくりなどなど、時間のある今しかやれない事、盛りだくさんです!!今年もあと350日、今年もがんばって村長のお尻をたたこうと思います。(Kyoko)

さて、本日のお野菜ですが、
おととい、こちらの部落に入れてもらいました。
この旧里美村に来て、今年の4月で丸二年目になります。
また、去年の7月に嫁さんと籍をいれ、回りの皆さんに盛大に12月に披露宴をやっていただき
節目ということもあるし、ここで農業をやるということは、地域に溶け込む、地域にお世話になっているということでもあるし、また、昔から受け継がれている、村社会の仕組み、助け合い、共同体、行事、文化、、、、
これらを考え、昨年から部落に入れてもらうよう頼んでいて、2月11日に部落の行事で皆さんが集まるので、そのとき、お世話になっている方より、部落の皆様に話していただき、全員一致で賛成になり、晴れて部落に入れました。
 やはり、田舎は何百年?と続いている部落の制度があり、部落内で祭りごと、神様のお世話、協同地の清掃、お悔やみが出たときのみんなで用意、手伝いなど、村内でみんなで助け合いながら生きてきた訳です。しかし最近は若い人はみんな出っていってしまい、また若い人もそういう付き合い、多い行事などが苦になってたり、わからなくなっているのも事実だそうです。しかし、都会のように隣近所、誰が住んでるのもわからず、何が起ころうがわからない、我かんせずよりかは、みんなが知ってるから、情報は筒抜けですが、逆に変のことはできないし、よそ者が子供を誘拐などはなりにくいと思います。また、気軽に近所に行って、話し込んだり、酒を飲んだりと、人付き合いが好きな人にはいいですよ。
私自身も、そういうのは苦にならない方ですから、また、昔の生活のことなどを色々と勉強したいし、部落に入ることにより、どこの馬の骨が、有機農業なんて好き物な事してだがー というレベルから、もっと親密な付き合いができると思います。
人によると思いますが、やはり、ただ農業がやりたいというのではなく、地域に溶け込む、密着した生活が必要だと思います。お世話になりっぱなしではなく、過疎化が進んでる田舎に来て農業を始めるんだから、その地域活性を担う事も必要だと自分は思います。
こんにちわ

カブ薄切り 葉っぱみじん切り
塩少々
梅干 まな板の上トントンみじん切り
混ぜるだけ
美味い美味い・・・・・。
試してみて・・・。
いのちの食べかた
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
この映画は私たちが食べてる食品がどのように作られているかと言うのを撮ったドキュメンタリーです。

いやー、しかし、すべて機械化すごいです。
特に、鶏の孵化から肉にするまで、ひよこから肉鳥の回収と言うか、捕まえるのも機械でやっているとはすごい。しかし、本当に生きた食べ物というか、工場生産で作られた、肉や野菜と言った感じです。
見る前に聞いた他の人の感想だと、解体シーンが生々しいとか、肉が食べられなくなるとか聞いてたけど、
自分は、自分でも食べる肉、鶏肉なども自分で絞めて羽をむしって肉に解体するんで、それが機械化された違いであって別にショックではなかったが、飼育状態などを見てんー、あの鶏の卵や肉は食べたくないなと言う感じでした。
しかし、これだけ機械化されて、大量生産されてるのは、やはり消費もあるから作る訳であって、購買する側も良く考えて購買するべきだなーと思いました。

 けど、いのちが、命を頂いて食べると言う事が
安く大量に生産され、また、いとも簡単に、売れ残りや、食べ残して廃棄されてしまうと言う事、昔は、何でも食べ物を頂くと言う事は、動物や植物の命を頂いて、自分の体に入れる訳だから、感謝していただいていたと思う、もちろん野菜を作るにしても、畑を耕したり、肥料をやったり、鳥や動物から守ったりと収穫までとても大変だったわけだし、動物を狩るにしても、家畜を置いといても餌集めや、飼育も昔は機械がなかった訳だし本当に手間がかかったわけです、 それを現代人は忘れてしまった、か、食べ物を作る事をしなくなった人が多くなったのか、工業化され食べ物も安くなり、人々の所得も上がり食べる事より、余暇を楽しむ事の方に重点がいってしまったんだろうな。お金を払えば何でも買って食べれる、しかし、これは長く続くのでしょうか?
本当に、日本は輸入が止まったら、もしくは止められたらどうなるんだろうと、心配してるのは私だけですかねー、輸入が止められても、うちらの周りは自給率が高いから大丈夫だと思うけど、今度は食料などを盗みに来る人がドッと来るんだろーなー、いらない心配ですかね、、、
(HIRO)
SN322060A.jpg
稲、麦、大豆、そば等の脱粒(穂から実を落とす)する、人力機械です。
足でペダルを踏むと、三角の針金が付いたドラムが回り、それに稲穂等を当てて脱粒させます。気合を入れすぎると、次の日足が筋肉痛になる時もある。
脱粒するとき、飛び散るので上にカバーをした方が良い。
足踏みし、ドラムが回る音が“ガーコン、ガーコン”とするのでガーコンとも呼ばれています。
脱穀

上の写真はカバーをかけて稲の脱粒をしている所です。
脱粒後、ふるいで大きなわら屑を取り除き、後ろに写ってる唐箕でゴミと米を選別します。 作業しているのは近所のオヤジではなく、まったり~村のおかみさんです。くれぐれもこのオヤジ誰とは言わないように(笑)


この回転力を何か他の事に使えそうな気もするんですが
*まったり~村のアイディア
人力洗濯機(ドラムを防水にして洗濯物を中に入れる)
人力脱水機(上と同じ考えだが、こちらの方が現実的、しかしもろに水しぶきを受けそうだ)
人力発電機
人力アイスクリーム製造機
人力バター製造機
人力遠心分離機
 などなどのくだらないアイディアがあります(笑)
おととしの4月から里美に移住しましたが
昨日、今日とすごい雪です!
去年は雪は降らなかったし
久々に積もった雪を見たような、大体15~20cm位積もってます
畑も野菜も雪にすっぽり埋まってしまいました。
SN322066.jpg

今日は、雪景色を楽しもうと、歩いて畑に行ってきたのですが
なんか、丘や斜面を見てると、スノボーをしたくなってきました
畑から、家までスノボーで帰れたら面白いだろーなと、、
百姓をはじめてから、昔やってたスノボーやマウンテンバイクなどぜんぜんやってないな
マウンテンバイクは、畑の通勤の足になってるし
昔、良く行ってたキャンプも、もっぱら友達が来たとき、自分の畑でキャンプです(笑)

合鴨達は雪の中元気に動き回ってますが、鶏達は雪を初めて見たのか
なかなか外に出ません、足が冷たいのかな
やはり、水鳥は寒さに強いのかな?
SN322070.jpg

山羊たちも、小屋でまったり~して、あまり出てこないようです

人間たち(私たち)は、春の種まきの準備です、踏み込み温床の枠を作ったり
種の整理です。今は春まで準備期間、春に皆さんに美味しく健康な野菜をお届けします。
                                                (HIRO)

 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です