04 月<< 2008年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                        
かえるの声が窓の外から聞こえてきます。皆さま、いかがおすごしでしたでしょうか。
5月初旬に再開の予定を言っておきながら、このように遅れてしまい、大変申し訳なく思っています。
4ヶ月のブランクを経て、またお付き合いいただけたこと、とても嬉しく思っています。
どうもありがとうございます。
 遅れた理由、というか言い訳を再開出だしから書かせていただいてもいいでしょうか・・・
1つに、昨年の夏からはじめた不耕起栽培があります。畑を耕さない、ということは、土中の根を分断しすぎることが無いので微生物や虫たちの生態系を破壊しない、ということにもつながります。雑草の根が伸びることで土を耕してくれ空気を送ってくれます。雑草は土から上の部分を刈り、その場に置くことで根は腐食しその根を食べに微生物が増えていきます。しかし、この営みはとてもゆるやかで、寒い時期には微生物は活性化してくれません。春から不耕起栽培で行うのは今年が初めてでした。昨年同様、2月末に種をまき、3月末に定植をしましたが、地温がなかなか上がらず、キャベツなどは寒さで枯れたものもあります。4月になって気温の上昇が安定してくるとようやく地温も上がってきました。やはり、牛糞堆肥などを土に耕して入れることは、春のスタートとして、地温を早く上げる有効な方法なのかなあと思いました。逆に不耕起栽培にこだわるのであれば、自然に地温が上がるのを待ち、他の農家さんより1ヶ月くらい遅れる位の覚悟でなければならないと思いました。
2つ目は、1人が緊急入院してしまったことです。便秘と腹痛が続き、「便秘による腹痛だ」と1週間放置していたら、ある日の早朝、腹痛が激しくなり、救急車で運ばれ翌日開腹手術となりました。皆さまも単なる便秘、腹痛、などと思わず、何日間か様子を見て回復が無いようでしたらやはりお医者様に見てもらったほうが良いかもしれませんね。
ということで、野菜もせっかく育ったのに時期を逸してトウがたってしまったものもあり、来年の種取用になってしまいました。
また、退院して1週間後、猫のギャー太が交通事故で亡くなりました。ちょうど、去年の田んぼの準備をしていた頃に拾ってきたので1年です。日常の生活にあるべき姿が見えないのに慣れるまでは時間がかかりそうです。その翌日、海へ連れて行ってもらいました。夕方、雨も降っていたせいか、周りは霧で何も見えず、海だけは高く灰色に見えました。海岸へ降りると空の上のほうで風がゴーゴーと鳴り響き、たっぷりの海を押しているようです。押された波と戻る波がぶつかってシャワワワという泡の音と共に消えていきます。音の中に立っているかのようです。高い波が寄せては返り寄せては返りを繰り返しています。こんなにたっぷりの水にのまれたら、命なんてあっという間だなあ、と思いました。本当にこんな激しい水の中から生物が生まれてきたのか先祖が誕生したのか、考えられませんでした。また、こんな豊潤な水の中に浮かんでいる貴重な陸地に生きている幸運さを感じると共に、その中であくせくして生活しているなんて、海から見ればありんこと同じ様なものなんだろうなと思いました。
なんとなく気持ちが吹っ切れ、田んぼの方もめどが立ち、再スタートとあいなりました。
野菜だけでなく、野菜つくりとその生活を通して感じたことも一緒に送ろう、という気持ちではじめた「まったり~村通信」ですが、マイナスの面はなるべく書かないようにしていました。でも、実際この生活を始めて、楽しいこと、ワクワクしたこと以外にも感じたことがたくさんあります。今回の件で力が抜けてしまい、人を不快にさせない範囲で、感じたことを正直に表現していけたらいいのかなと思いました。
忙しくなったらたくさんは書けないかもしれませんが、今後もご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。皆さまも、何かありましたらFAXなりメールなり、お便りいただければ幸いです。
では、お体ご自愛の上、お過ごしください。(Kyoko)

スポンサーサイト
昨日、“オリザネット”のスタッフの方がいらしてくれて、また、オタマジャクシうじゃうじゃ田んぼに見学に行くと、Fさんが、「田んぼ中に生えてる草がなんか食べられてない?」と言うので見てみると、確かに何者かに草の先っちょが見事に食べられている、、、、いったい何者が??
3人で田んぼの畦に座ってジーと観察してると、オタマジャクシが草に食らいついてるじゃないですか!オタマジャクシは草も食べるんだ!これで、以前冗談で言ってた、“オタマジャクシ除草”が出来るのか!小さな草もオタマジャクシによってほじくられて浮いてるし、これは新しいスタイルの田んぼのやり方 “冬季かん水、不耕起、オタマジャクシ除草、オタマジャクシ糞肥料で無肥料、もちろん無農薬、カエルになれば害虫駆除”と、すばらしい! うまくいけば(笑)
けど、これは新しい試みでいけるかもしれません。やっぱり冬に水を溜めといて、山アカガエルやニホンアカガエルに卵を産んでもらって、田んぼがオタマジャクシで黒くなるくらいが最高ですね!
アカガエルの次はガマガエル、シュレーゲルアオカエルと延々と繋がっていきます。
んーすごい!

そして、また、本日、嬉しい事に自分の憧れの水生昆虫、タガメが家の田んぼで発見しました!
実は、タガメは実物を見たことが無かったんです!子供の頃からの憧れ、これを捕まえた時は感動でしたね~、しかし結構ごっついし、でかいですねー。顔もなんかSFちっくです。タガメも田んぼで繁殖させたい!
DSCF0028-160.jpg


6月の7,8日、この生き物いっぱいの田んぼで田植えしますよ~
是非来て下さい!詳しくはメールください!
4日 日曜日
出来立てホヤホヤの“関東ツーリズム大学”の生徒さんが、“まったり~村”に授業のプログラムの一つで、田んぼにきてくれました。
 今日は皆で不耕起田んぼの草取り!セリがいっぱい生えてて、これはほっとくと地下茎を伸ばして、田んぼにはびこってしまうんですよ、6人くらいかなーと思ってたら、12人くらい来てビックリ、女性が多い!
家の田んぼは早めに水を張ってたので、アカガエルが卵を産んで、ちょうど大量のオタマジャクシが、泳いでいて、また、草取りの前に説明してたら、な、なんと、一匹の蛇が泳いでいるし、、、、こんな田んぼに裸足で女の子達は入ってこれるのかー?
という心配事も何の園で、みんな問題なく田んぼで、わーわー、キャーキャー言いながら入ってきました。おー、たくましい!
今回は、草取りとともに、田んぼの生物も捕獲して、最後に皆で勉強会をしようと思い、皆に“オタマジャクシ以外に、田んぼの中に生き物がいたら捕まえて下さい”とお願いしてスタート!
いやー、皆一生懸命やってくれたおかげで、あれよあれよと言う間に、綺麗に草がなくなりました!
ありがとう~、皆! サービスに田んぼの中で、まだ泳いでいた、蛇を捕まえて皆に触って貰いました。蛇なんて皆触った事無いですからね、うろこがあってつるつる何ですよね、皆喜んで触ってました。捕まえた蛇はシマヘビでした。毒も無くおとなしい奴ですが、結構大きかったです。カエルをたらふく食べてるんでしょう。
田んぼの草取りが終わり、沢で足を洗ってもらい、捕まえた田んぼの生き物観察会です。
今回は、コオイムシ、ガムシ、シマゲンゴロウ、糸トンボのヤゴ、ラストに私も初めて見た、ガムシの卵!これが面白い、あぶくのような卵にカモフラージュの為か回りに、草をくっつけてて、水にぷかぷか浮いてるのですが、なんと空気口として潜望鏡のような物があります。面白いですね。
 799512380_120-160.jpg

その後、希望者に“こっこちゃんの卵”をとってもらい、授業は終了です。
お疲れ様でした~
 生徒さんは、古民家の“農家の宿沼田邸”で一泊するので、そこで戻り
体験の発表、また、ほかの各グループが作った、竹細工班の竹のお皿、カップ、そば打ち班の、手打ちそば、山菜班の取った山菜で天ぷらなどを夕食に皆で交流会です。私も御呼ばれしてご馳走になりました。
こういう、体験学習にたくさんの方が興味を持ち、来て学ぶ事は良いことですね。
また、田舎と都会の交流が持てていい事です。これからの“関東ツーリズム大学”楽しみですね!
昨日、今日と、素敵な出会いがありました。

昨日は、「ナチュラルに気持ちよく暮らす本」に掲載させていただいたまったり~村の記事を見てくれた若いご夫婦が、「自分たちの目指すものです」といって、泊まりで農作業の手伝いに来てくれました。それぞれ北海道と福岡出身の方で、私たちも学ぶ事が多かったです。豆の棚を近くの農家さんを見学しながら参考にして作ってくれ、畑の草取りも手伝っていただきました。「雑誌は"虚"ですから。"実"を見せつけるか」という村長さんのお言葉に「イメージしていたとおりでした」(だっけ?)というありがたいお言葉をいただきました。未熟な我らに付き合っていただき、どうもありがとう。

今日は午前中は雨でした。そんな中、「まったり~村の小さなお店」で今後、取り扱わせていただく「国産菜種油」と「国産えごま油」の製造元「あぶら工房 協同製油」の方が、福島から商品を配達しに来て下さいました。
現在の油はほとんどが化学薬品を使って油を分離させて作っていること、さらには一度使った廃油を化学薬品によって色と匂いを消して新たな商品として販売しているなど、"食品の裏側"を聞くとともに、手絞り自然食油製造をはじめた経緯、搾油可能な農産物について、油粕について、地元浅川町の花火や名物でか天丼、バイオディーゼルについて、遺伝子組み換えについて、ヤギ搾乳についてなどなど、多岐にわたって色々なお話をゆっくりする事が出来ました。
バイオディーゼルについては、「私の油をそんなものに使うのはもったいない。これは使い切ることができる物だ」といっていました。確かに、安い油で天ぷらをした後、残った油の匂いをかぐと、一日で気持ちよくない匂いに変質しますが、こちらの油はそれがないように感じます。聞くと、酸化がしづらいこと、また質にコクがあるので何度でも使えるとのことでした。また、天ぷらにしてもしつこさが無く、食べた後もすっきり体に染み渡る感じです。
搾油可能な農産物は、ひまわり、とうもろこし、大豆、茶、椿、ゴマ、エゴマ、菜種、などなど。大豆は搾った後もタンパクが残っているため、それを原料にして醤油を作り、香りと味をつけて売っているものもあるそうです。原料に「脱脂大豆」とかかれています。茶、椿は殻を取るのが機械が必要。ゴマ、エゴマは水で洗って浮かんだ物をとる。以前、初めて作った農家の方が浮かんだ物は捨てて沈んだ物を見たら全部小石とか砂だったという泣きたくなるようなお話も。

ネット販売が多いそうですが、一度電話で話す、とおっしゃられていたそうです。
私も「顔の見える生産者」という言葉とともに、「顔の見える消費者」というつながりをもちたいと常に思っています。今回も、「油」を通して、協同製油さんとお知り合いになれてとてもよかったです。

雨が上がるとまぶしいほどの晴れ間。来て下さったご夫婦を駅まで送り、家に戻ると満開の星空とカエルの大合唱が迎えてくれました。(ついでに村長も。)
アップが遅くなりましたが
 先週の週末、友達、オリザネットと仲間たちの方々が、田んぼの開墾、草取りを手伝ってくれました。 また、田んぼの生き物調査もしてくれて、いやー勉強になりました。
 初日は、6年間くらい放棄された田んぼを皆で畦作り、畦が平らになってしまったので、そこに土を盛って畦を作り、また畦にあった大きな石たちを移動したりと、もー一人じゃ涙がチョチョ切れてくじけそうな作業を手伝ってもらいました。畦にあった石これが草を刈るとき邪魔で何とかしなくてはと思ってたのですが、いかせんでかすぎるので、こりゃ無理かと思ってましたが、今回9人もお助けマンが来てくれたので4人がかりで大きな石を移動!これは助かりました!それから、3本植えられていた梅ノ木を掘り起こして移動してくれました、いやー本当に助かりました、ありがたい。
その日は皆でいつもお世話になっている“農家の宿 沼田邸”に泊まり、囲炉裏を囲んで酒盛り、田んぼに生えてたノビルも酒のつまみ!
 次の日は、まったり~村の生き物いっぱいの田んぼで、セリが伸び放題なので、皆で、草取り、後、溜め池に草が生えまくってたので撤去、その際、生き物がいたら捕獲して、作業終了後観察会です。
今回、確認できた田んぼの生き物は
山アカガエル、ニホンアカガエル、ヒキガエル(卵)、シュレーゲルアマガエル、ホトケドジョウ、アカハライモリ、牙虫、クロゲンゴロウ、コシマゲンゴロウ、ミズスマシ、コオイムシ、シオカラトンボ(ヤゴ)、ギンヤンマ(ヤゴ)、タニシ、マツモムシ、糸トンボ(ヤゴ)、糸トンボ(成虫)、アカガエルのおたまじゃくし(ウジャウジャ)、アメンボ、クモなどなどです。
実は、ホトケドジョウは初めて見たのですが、なんか可愛いドジョウです。なんか、泳ぎ方がドジョウというか魚ぽっい。普通のドジョウもいたと思うんですけど、今回は発見されませんでした。もう少し、すれば、いろんなトンボ達、蛍も出てきます。まだまだ、いろんな生き物がいると思います。なんか、この田んぼの生き物調査ははまりそうですね。6月頭の週の週末田植えしますよ。

その後、田んぼの草取りをしていて、シマゲンゴロウ、ドジョウ、アマガエルがいました。
また、糸トンボが爆発的に交尾しながら飛んでます。ホソミオツネントンボだそうです。
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。