06 月<< 2008年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
F1000059a(8)-320.jpg
某日某所で廃棄される寸前に、このフィルムは私の手に入りました。
しかし、長い間16mmフィルムと言う事で、なかなか映写機が見つからず
見ることが出来ず、眠っていました
しかし、ひょんな事に、いつもお世話になっている方の伝手により
16mm映写機が運良く手に入ったのです。
早速、16mm映写機を組み立て電源をいれ動作確認をし
いよいよ、フィルムを取り付けます
フィルムの箱をまじまじと見ると、、とても年季の入ってるものと伺える
何か、すっぱい匂いもする、、、大丈夫なのか、、、、
箱には東映のマークが、東映教育映画部と書かれている
それに、40、10、23と書かれている
こ、これは昭和40年10月23日の意味なのか
フィルムのタイトルは、、、、
【日本の農業のすがた】
んー期待できる、来るべき所、私の所に良く来てくれたという感じだ!
早速、映写機にフィルムをセット!と言っても
ビデオやDVDのように入れてスイッチポンとは行かず
フィルムを何箇所もあるローラーに這わせていき、ドラムに巻き付けたりと
結構手間である、、、、
フィルムセット完了、部屋の明かりを消して
スイッチを回す
カチカチカチと映写機の音、画面に、もとい壁に
映像が、、お、おーあの数字が最初に、①、②とかですよ渋い!
次に、岩に当たる波と東映マークが!!
それに、白黒、無声映画だ!

いきなり牛でスキを引いてる映像だ
田んぼをこれまた牛にひっぱってもらって代掻きをしてるのか?見たことのない農具だ
田植えを手で植えたり、麦踏、麦に土をかけてる映像など
勉強なる、近所の年寄りから聞くけど、実際、見たことなかったし
すばらしい!
また、将来の“活きた民族資料館”の貴重な資料になります。
先日、日記に書いた昔の農具が生かせるよ!

スポンサーサイト
昨日、田んぼの学校でお世話になっている“NPOオリザネット”さんから、すばらしいお宝の数々を頂きました。いらない人にはいらないんですが、まったり~村には、とても必要な物!
昔の農具達です
人力エコ農具ですよ。

千石通し(せんごくとおし) 籾と玄米など選別やごみなどの選別に使います。
F1000001-320.jpg

田船(たぶね) ぬかるんでる田んぼなどで稲刈りをするときに使います。
F1000002-320.jpg

苗かご(なえかご) 天秤のように肩に棒を担ぎその両端にかごが付いていて、田んぼに苗を運ぶのに使用。

蓑(みの)藁で作った雨合羽のような物。これが、お土産やさんで売ってるような、ミニチュアではなく本当に使える物です。

その他もろもろ
オリザネットのSさんが“家に置いといて飾っていても仕方ないんで、まったり~村さんで壊れるまで実際に使ってほしい、その方が道具たちも嬉しいでしょう”と言う、すばらしいお言葉を頂き
大事に、バンバン使わせてもらいます。
頂いたのは、今回が2回目で、前回は水車、とうみ、縄ない機、馬や牛でひくマンガやスキなどなど
ありがとうございます。将来は牛でそれらをひかせて田んぼを耕して見たい!

とりあえず、今年は昔の道具を使って、稲刈りや、脱穀の農業体験をやらせてもらいますよ~!
 入団して初の消防団の仕事です!
それは、機具点検です。家の分団は2台消防車があり1台は軽トラ改造消防車です。
始めて見たこんな小さな消防車
F1000059a-320.jpg
後ろが軽トラ消防車

荷台に放水する用のエンジン付きポンプがあり、それの始動点検や消防車の点検などなどです点検を定期的にしとかないと、いざという時に動かないとしょうがないですからね。
 それから、消防用水に水を入れるために、川に堰があるのですが、その堰の掃除です
これは、堰をあけて溜まっている砂や泥などを流す作業
しかし、これだけではないのです!!
堰を開けて、また閉じるのですが、その閉じてるとき、堰の下の川が少しのあいだ水が少なくなり、川底が見えるのですが、なんとその水溜りなどや石の下に魚がいっぱいいるんですよ!
そこで皆で魚とりです、カジカ、ウグイ、ドジョウ、山女などなど、、、
こちらは、魚とりに夢中になってしまい、写真を撮るのを忘れました。
カジカは初めて見ました。川が綺麗な証拠なんですね。
その魚たちは、子ども会のBBQをやってたのでお土産にもっていきました。
本当は、その子供達に魚を捕まえてもらうはずだったのに
予定が変更になって、我々大人が子供になって興奮しながら捕まえてました!
いやー面白かった!
というか、消防団の仕事をやってきました。
消防団の人たちも、普段は仕事をしていて、貴重な休みの日を費やすわけですから
お疲れ様です!

F1000009-320.jpg
1本植えで頼りなげだった黒米の稲がだんだん立派になってきました。
おまけに雑草も・・・(^^;

F1000012-320.jpg
ズッキーニの花です。雄花かな。実は雌花にしかできないと知りました。

F1000011-320.jpg
出荷野菜を川で洗います。冷たくて気持ちいい!!

ようやく雨が何度か降ってくれたおかげで、ズッキーニがだいぶ成長しました!色々と食べ方があるので裏のレシピを参考にしてくださいね。
 さて今月来月となにやら予定がたくさん入ってきました。先週は、小学校が改築されるに伴い、地元から集めて作った郷土資料館を閉鎖して、その道具を処分するということで、それはもったいないと、村長さんがもらいにいきました。
 水路の低い所から高い所へ水を上げる「水車(みずぐるま)」や、おなじみ、風でごみをとばす「とうみ」、穀物を茎からはずす「脱穀機」、馬に引かせて耕す「馬耕」、その他色々軽トラに積んでもらってきました!もっといろいろあったらしいのですが、ばらして燃やしてしまったそうです。残念!昔ながらの人力農道具を使っての「活きた郷土資料館」への夢は着々と進行しつつあるようです。その週末は「上棟式」。新しく家を建てるときに、部落の人を呼んで振舞うそう。2階からはもちやら菓子やら「酒1本」などとかかれたボールなどが投げられ、下では招かれた人が人格が変わったようにそれらを拾っていました。そしてお土産。昔はふるい家を壊すときに手伝った御礼として振る舞っていたそうですが、今では儀式として残っています。うちでは村長さんが壊すときに畳をもらいに行ったから、少しは手伝ったといえるのかな。
  

村長さんはいい気分で酔っ払ってすっころんで足をすりむきました。子供のようです。


● ●●本日のお野菜セット●●●
雨が降ってようやくちょっとは大きくなった野菜たちです。
新じゃがいも
(メークイン)
新じゃがは皮ごと蒸したり茹でて、塩で食べるのが一番!また、そのまま揚げたり、炒めてから少量の水を足して、火が通ったら味噌をのせて絡めるとうまいです。
キャベツ 何にでも使える万能野菜。胃にいいとか。千切りを塩もみして梅酢、お酢、オイル、と少量のマヨネーズで和えるとコールスローサラダになります。コーンなどを入れるとおいしい。
赤キャベツ ちょっと固いので、茹でたり蒸したりするのに適しています。
ズッキーニ 小麦粉と塩にすりおろして混ぜ(小麦粉とズッキーニは同量くらいで水をいれません)、もったりした生地を作ってフライパンで焼くとやさしい甘さのパンケーキ。適当に切って水で溶いた小麦粉とパン粉をまぶして揚げても。素揚げまたは蒸してからにんにくおろしと油、酢にひたして簡単ピクルスや、生を塩もみしてゴマやナッツと和えてもいけます。輪切りで炒めるなど。輪切りで天ぷら、千切りにして味噌汁などもいいですね。
人参 葉っぱを茹でて細かく切り、たまねぎ、シーチキンを入れてマヨネーズで和えたらあっという間になくなりました。(マヨネーズ効果?)
ピーマン 少しづつですが大きくなりました。今年の種は「自然農法センター」というところの「自生えピーマン」。肥料が少ない方が上手にできるそうです。
トマト ようやく色づいてきました。露地トマトです。トマトは雨に弱いといいますが、どうなることやら!草むらにもぐってしまったため多少品質の劣化がありますが、「スーパーで売っているのよりは」とお出ししますね。ご了承ください。
きゅうり ぽつりぽつりとなってきました
初出荷:空芯菜 中華野菜ですので、中華の食べ方が合うようです。にんにくと炒めて塩コショウで味付けたり、中華風スープなどに。わずかですが、お試しください。
にら そろそろ子孫繁栄のため、花芽がでてきました。花芽も食べられます。
じめじめしている時はぬる目のお風呂にじっくり入って汗をだすのがいいそうです。お体ご自愛のほどお過ごしください。
23日には2羽だったのが、今日までになんと8羽孵化しました!!
すごい。食べるだけだった卵から、雛がかえるという、当然というかそっちが本当の出来事に驚きを隠せません。
そしてまた合鴨馬鹿が2名。
F1000006-320.jpg
小屋から出ています。村長さんはカラスに食べられないかと心配でたまらん様子。

出荷作業が終わるとさっそく、カラス対策、獣対策万全(のはず)の田んぼへ連れて行きました。
F1000016-320.jpg
すでに田んぼデビューを果たした先輩方は、餌をくれるのかと近寄ってきます。。。

F1000020-320.jpg
なんだ、くれないのか。と後ろを振り返るとなんだあれは。
そう、村長さんが新しい雛たちの為に、小屋を拡張してるところです。

その後、雛と親がもを入れると、コンテナに入れて運ばれたのがお気に召さなかったか、ギョエ~、と叫んで、稲の間にすいすいバタバタ泳いであっという間に見えなくなってしまいました。自分を見失っているかのように見える親鳥の後をけなげにも生後1週間もしない雛たちが、後をついて田んぼへ次々と入っていきます。
「お、お前ら、泳げんのか、そんなすぐに、、、。ああ、そんなにいっぺんに泳いで疲れっちゃうだろうが。。。」
と、人間にはクールでニヒルを決め込む村長さんが、まるで初孫を扱う過保護のおばあちゃんのように、おろおろと田んぼに入っていくカモたちを見守っていました。

その後・・・・



産れました!抱き始めてから何日もたつのでもうだめかと思っていましたが、今日2羽、産れていました。こっそり見ると親鴨が口を開いてぐわ~と威嚇します。あんまり刺激すると可哀想なので、ちょっと撮影だけして離れました。田んぼデビューはいつになるかな。先輩たちが田んぼで待っています。
F1000058-320.jpg
この巣は親鴨がそこらへんの材料で作ったようです。綺麗にまあるくなっています。すごい!!
先週の木曜日に作ったのですが、最後の1個になってしまいました。
冷蔵庫に入れて保存しておいたら、日にちがたった方が味が落ち着いておいしいかも。

山羊乳のヨーグルトチーズを作ったときに出た乳清(透明な液体)を酵母にして作りました。
作ったすぐは結構酸味があって人にあげるのははばかれたのですが、日を置くと山羊乳の風味が増して酸味が特に気にならなくなりました。

F1000055-320.jpg
F1000054-320.jpg
色々な農具が集まりました!それらを実際に使いながら農作業を体験してもらえる日も近い!
その前に自分たちが使いこなせるようにならなくちゃ。
F1000031-400.jpg
F1000030-400.jpg
お好み焼きとズッキーニパンケーキとサラダ
<お好み焼き>
材料:
虫に食われ出荷できなかったキャベツ山盛り千切り
頂いた干し海老
昨年塩漬けした紫蘇の実
土の中でねずみに食われていて出荷できなかったにんじん千切り
小麦粉と塩少々
まったり~村のコッコちゃんの卵
近くの沢の水

作り方:
切る必要のある材料を切って、小麦粉と塩、卵、適当量の水をいれ箸で混ぜる。
フライパンで焼く

お好みで青海苔、鰹節、ソースなどのほか、からし醤油、からし酢醤油などでも。
食欲がない暑い日は、小麦粉はほとんどまぶす程度で、キャベツの小麦粉まぶしとしていただいています・・・。

<ズッキーニパンケーキ>
材料:
ズッキーニ
小麦粉


作り方:
ズッキーニを食べたいだけすります。
ズッキーニと同量の粉と少々の塩を入れます。
まぜます。
フライパンで焼く

ズッキーニの甘味がおいしい

<サラダ>
なんでも切ってサラダに。枝を切ってしまったトマトの青い実も一緒に。
F1000028-400.jpg
まったり~村通信 No.124 
暑いです!雨があまり降りませんね、仕事的には良いのですが、野菜がそろそろ水を求めているようなんで、ちょっと夜でも降ってくれれば助かるんですけどね
そんなかんなで、最近は遅れてる作業を徐々に取り戻してきてるのかな、トマトを草の中より救出して紐で誘引したり、かぼちゃ、アーチチョークも救出、合鴨を放す予定の田んぼも手押し除草機でガリガリ除草し、合鴨を放すまでもう一歩の所まで来ています。しかし、暑さも夏に向かって上がってきています。日射病にならないようにボチボチにやっていきます。実は月曜日TVの取材が来ました!密着取材のように朝起きた所から仕事が終わり家に帰るまで撮って行きました。楽しみ、しかし、私たちは見られないのです。何故かと言うと、東海テレビなのです。もし放映日が決まればお教えします。受信できる方はご覧ください。
そういえば、ニワトリに卵を抱かせていたのですが、そのうち2羽が孵化しました!
なんか、卵からヒヨコが孵るのは当たり前のことなのですが、自分でやってみると何か生命の神秘を垣間見たようで感動です!

山羊乳は毎朝、夕搾ります。ヨーグルト、チーズ等にも挑戦しています。













●●●本日のお野菜セット●●●
新じゃがいも
(メークイン)
新じゃがは皮ごと蒸したり茹でて、塩で食べるのが一番!また、そのまま揚げたり、炒めてから少量の水を足して、火が通ったら味噌をのせて絡めるとうまいです。
キャベツ 何にでも使える万能野菜。胃にいいとか。千切りを塩もみして梅酢、お酢、オイル、と少量のマヨネーズで和えるとコールスローサラダになります。コーンなどを入れるとおいしい。
ズッキーニ 小麦粉と塩にすりおろして混ぜ、もったりした生地を作ってフライパンで焼くとやさしい甘さのパンケーキ。適当に切って水で溶いた小麦粉とパン粉をまぶして揚げても。素揚げをにんにくおろしと油、酢にひたして簡単ピクルスや、生を塩もみしてゴマやナッツと和えてもいけます。輪切りで炒めるなど。天ぷら、味噌汁もいいです。
大根 というか小根・・・。おまけです・・・。
人参 葉っぱを茹でて細かく切り、たまねぎ、シーチキンを入れてマヨネーズで和えたらあっという間になくなりました。(マヨネーズ効果?)
にら おひたし、汁の実、ちぢみなど。刻んで醤油に漬けて保存調味料に。卵と相性が良いそうです。適当な大きさに切って水を張った容器に入れて冷蔵保存すれば日持ちするそうです(ビタミンは多少逃げますが・・・)
チマサンチュ  チマサンチュはどんどん上に伸びていくレタスです。掻きチシャともいいます。焼肉でもチャーハンでも何でも包んで召し上がれ。
初物:トマト ようやく色づいてきました。露地トマトです。
ちっちゃいピーマンとナスときゅうり はじめのうちは木がちいさいので、実がちいさいうちからどんどん収穫して、木に養分をまわしています。
じめじめしている時はぬる目のお風呂にじっくり入って汗をだすのがいいそうです。お体ご自愛のほどお過ごしください。
今、“まったり~村”の不耕起田んぼでは、蛍見が楽しめる時期です!
実は、今年はまだ見に行って無くて、本日夜行って来ました
車を止めて、降りてみると
おー乱舞してるではないですか!ジーと田んぼの畦で座ってみていると
どんどん増えてきます、水路の草の近くを飛んでいるのですね
どんどん蛍の飛んでる近くまで行って座って夫婦でホケーと見ていました
夏ですね~
今日一匹捕まえて見たのは平家蛍でした
源氏蛍もいると思うんですけど
 まったり~村が東京新聞に載りました。事の発端は多分一年位前。村長さんが近くの温泉につかっていると、そのとき一緒に湯船で世間話をしたおじさんが、「グリーンふるさと振興機構」といって、都市農村交流をしている法人で働いている人で、そのことがきっかけか、はたまた、近所のお世話になっているおじさんが旧里美村の産業振興課課長で、その方の口ぞえか、話がまわりにまわって、東京新聞の方が取材に来ることになり、6月20日と27日の2回連続で掲載されました。
さすが新聞!いろいろな方が見ているんですね。さっそく反響があり、電話やFAX、メールなどをいただきました。しかしながら、なんせ、忙しい最中の5月に1人が入院して人手が一気に半分に減り、(もともと2人なので・・・)田んぼもやらねば、合鴨の小屋も柵も作らねば、鶏は毎日餌が必要。卵も生ものなので毎日出荷。ヤギも餌をくれくれ、畑に連れて行け、はら減ったぞ、ギョエ~と哀れな声で鳴き叫びます。夏野菜の苗は大きくなって「このポットじゃあ小さいぞ、もっと土くれ、水はどうだ。早く畑に植えてくれ!!」と訴えるし、春野菜は「この草邪魔よ、早く刈ってくれないと日が当たらないじゃない」と不平不満気味。てんやわんやの5月6月で、綱渡り自営業を実感していたところなので、お野菜もそんな状況、反響があってももともとのお客様優先でお届けするものがあまりなく、野菜が出来る頃にご連絡するとご返事しました。皆さまにも野菜の種類が減ってご迷惑をおかけするやらで、申し訳なさでいっぱいですが、そんな中でも勝手に育ってくれたたくましいお野菜たちを、草だらけ、トウが立って花だらけの、草原かお花畑のような畑からお届けします。はっきりいって、雑草たちの根っこが耕してくれ、老廃物となった根っこに微生物が集まり食べて糞をし土を作ってくれ、雨が降ってお日さまが照って、と我らとは関係なしに育っていってくれた気がします。ありがたいことです。来年こそは、農家の口癖ですが、そんな自然たちと協力しながら野菜が気持ちよく育つお手伝いをもう少し手出ししてみたいと思います。(K)
 7月に入りました。せみの声も聞こえ始めました。 先月、地域に貢献、溶け込むように、消防団に入りました。田舎の方では、村の集落単位で消防車を持っており、火災などが発生したときに、消防署と協力して、村の消防団が駆けつけ消火を手伝います。しかし、近年村の若い人は近郊の都市に働きに出ていて、有事の際は消防団に入っていても駆けつけられません、結局、私のように畑を耕してる者は一番出動回数が多くなるような気がするのですが(笑)、、、
それから、山羊の子供を知り合いの方に前々からの約束で養子に出しました。そんなもんで、今まで子ヤギが飲んでたぶんの乳を搾らなくてはいけないのです、朝夕搾ってます。朝搾っても、すぐに乳がパンパンなります。最初はなかなか搾れませんでしたが、最近は上手く搾れるようになってきました。山羊乳は臭いと良く言われますが、個人的には臭くは感じません。今はただ飲んだり、ヨーグルトにしたりして食べてますが、今度は、カテージチーズ作りに挑戦したいですね~! (ひろ)
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。