10 月<< 2008年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週末、NPOジュレーラダックの代表者&メンバーの方々とWWOOFで来てくれてる方々と、皆で農作業をしました。
宿泊場所は、新たに“まったり~村”で借りた、明治33年に建てられた茅葺屋根古民家(しかし、屋根はトタンがかぶせてある)

Day1
 鶏の命を頂く体験。スーパーでパック詰めになった肉は皆さん知ってると思いますが、そのような形になるまでは、どんな過程を経てるのかほとんど知らないと思います。F1000061-400.jpg
昔は家で鶏を飼っていて、食べるときは自分で絞めて食べていた家庭が多くありました。そのため感謝して肉を食べれたと思います。しかし、今はそんなのは全然知らないし、鶏を見たことがなく鶏肉を食べてる人もいるかもしれない、また、その肉をお腹がいっぱいだ、味がスキじゃないという理由で残してしまう人もいるでしょう。
しかし、肉を食べる事とは、命を頂いて食べると言う事です。それを皆さんに体験してもらいました。
 まず、鶏に感謝し“ありがとう”と言って、首の頚動脈を切り、足を持って頭を下にし、血が抜け息を引き取るまで見守り、息を引き取ったら、75度のお湯に付け、羽をむしります。それから解体していきます。腿肉、胸肉、ささみ、手羽、レバー、ハツ、砂肝、ガラに分けていきます。ササミやレバーは新鮮なので刺身で食べれます。砂肝、ハツは焼き鳥にします。皆も、普段眼にしている“肉”になってきて、だんだん実感がわいてくるみたいで、“ハツは心臓か!焼き鳥一本のハツはいったい何羽分の心臓なんだ?残さないで食べないと”など言う人も、確かに残したら可愛そうです。おいしく食べてあげないと
さらに、普通の肉になるブロイラーは産れてから3ヶ月くらいで肉にしてしまいます。“まったり~村”のコッコちゃんは大事に育て卵を産んでから1年半~2年で頂いてます。
 この日は、復活させた囲炉裏を囲んで、自分の手で命を頂いた肉を鍋に入れていただきました。
皆、何を感じて食べていたのでしょう。F1000014-400_20081201022803.jpg


Day2
 なんと、この時期稲刈り!多分、関東一遅いでしょう(^^) 古代米の実がなかなか入らず、やっと今日稲刈り、それでもだいぶ実が入っていませんでしたが、、、、水の管理が駄目でした
 稲刈りは、皆で手で刈りました。結構湿田なので、皆足を取られながらの稲刈り。
今回、“ラダック”式稲刈りと言うか、ラダックで稲刈りの時歌う歌を歌いながら刈りました。
 夕食はスカルマさんとメンバーの方々がラダック料理を作ってくれました。見た感じはカレー風具沢山スイトンといった感じでした。また地元の就農者の方々とラダックの“懐かしい未来”を見ながら、料理を突っつきながら、交流会です。ラダックは近代化の波が突然入ってきたので、コミュニティーの崩壊が目に見えて良く分かります。日本の昔の農村と同じです。しかし日本の場合は徐々に来たので分かりにくいだけです。今は、結いの作業や、部落の行事、祭りなどが無くなって来てます。これも近代化の波によってです。この映画は見るべきですね“懐かしい未来”本とDVDがありますよ。book_p1.jpg


Day3
 農村の手仕事を残そうと“わらぼっち”作りですワラボッチとは、畑に子泣き爺お後ろ姿のように藁を積み上げていきます。まず2m50cm位の棒を3本用意し


今日は疲れた、眠い、、後日、写真を交えて詳しくワラボッチの作り方をお伝えします                               続く

F1000016-400.jpg
何はともあれ、皆さん、ありがとう!
スポンサーサイト
こちら"まったり~村"では、2~3日前から本格的に霜が降り始め寒~なってきました。

さて、いつもながら要領が悪く、寸前のイベント告知です

11月22日から24日まで、
NGOジュレーラダックの代表のスカルマさんや会員の方"まったり~村"に来て農村交流をします。

NGOジュレーラダックとは、"ジュレー・ラダックは2004年に日本とラダックとの国際協力や交流活動を目的として設立されたNGOです。"
ラダックとはインドの最北部に位置し、大半をチベット系民族で占めています。昔の懐かしい日本の農村のように結いと循環的な暮らしをしていました、しかし、ここ最近の20年間で旅行者や西洋の開発によって急速に近代化の波がラダックに押し寄せています。ラダックの首都レーではテレビやラジオ、洋服といった商品が出回り物質的に豊かになりました。しかしその反面、伝統的な文化は徐々に破壊され、今までに存在しなかった日本で起きているような社会問題や環境問題を生み出しています。

"懐かしい未来"のタイトルで本やDVDがありますが、これはこのラダックの事なのです
私たちが、農村で循環的な生活をしたいと思ったことも、この"懐かしい未来"のDVDの影響も一つにあります。

是非、交流会に参加して色々、意見、思いをぶつけ合いませんか!
農作業、関東一遅い稲刈り体験、大わらぼっち作り、鶏絞め体験等もできます。
地元新規就農者、村人、などなどと会話が出来ますよ。

**イベント**
【日時】 11月22日(土)~24日(祝)  2泊3日、もしくは1泊2日、日帰り

【場所】 茨城県常陸太田市 まったり~村 http://mattaryvillage.blog72.fc2.com/blog-category-6.html

【参加費】 1泊2日 7000円
2泊3日 10000円 (食事・宿泊込み)
日帰り、上映会&交流会のみ参加の場合は、食費代と講師代を頂きます。
※交通費・酒代・温泉代などは実費です。
※持ち寄りも大歓迎♪
※食材の関係などで、 多少料金に変更があるかもしれません。



【スケジュール】
22日(土)
14時より 鳥を絞めて、 命を頂く体験
夕方温泉 (各自実費)
皆で夕食作り
23日(日)
9時より 関東一遅い稲刈り(古代米)手刈りでやります
湿田ですので、長靴が必要です。マイ鎌がある人は持参
昼食
引き続き稲刈り
15時くらいよりラダック料理、夕食作り
時間があれば、夕方温泉(各自実費)
18時30分 "懐かしい未来"等 上映会  スカルマさんのお話
夕食&交流会

24日(月)
9時 大わらぼっち作り
昼食後解散

*夕食、交流会のお酒は各自持ちより、あるいは酒代を当日徴収して買い出し(多分みんな  いろいろ持ってきますので買うのはビールくらいかと。)
*マイカップ、マイ箸を、持ってきてください。
*宿泊は、まったり~村宿泊棟へ(古民家)。
*寒いので寝袋持参(防寒対策)するのがオススメです。多分布団が足りなくなると思います。男女別れての雑魚寝になります。

~メニュー予定~
①こっこちゃん卵の卵焼き
②こっこちゃん(親)の鍋。
③ラダック料理
④新米のごはん?
ミルキークィーン、赤米、緑米?など。
⑤こっこちゃん卵と新米の卵ご飯
(忙しいお昼にどきにこれだけで!+郷子さんの漬け物などあればなお良)
⑥かぼちゃを焼いたり炒めたりして、ほかの野菜と合わせて1品くらい。


何か質問等ございましたら、メール、電話ください
1日目 脱穀の歴史をたどる
2日目 藁を田んぼで保管する、藁ボッチ作り!!

F1000028-400_20081106215642.jpg
本日の主役、足踏み脱穀機(右)と唐箕(左)

F1000030-400_20081106215726.jpg
まずは「こきはし」。竹の板を2本合わせて、その間にはさんで稲をこきます(藁からモミをはずします)。
地道な作業過ぎて、しばらくすると皆けっこううんざり気味?

F1000031-400_20081106220132.jpg
時代は進み、西暦1700年初め頃から使われ始めたといわれる「千歯こき」。櫛のようなもので、櫛の歯にモミをはさんで藁からはずす。ちょっと楽しくなってきた!    

F1000032-400.jpg
ここで、アサばあちゃん登場!!里美ふれあい館で行われていた「かかし祭」の演歌を聴くのを中断し、「知恵の伝達人」として来てくれました!そして、時代は変わって1910年ころの画期的脱穀機「足踏み脱穀機」。下の部分を足踏みミシンのように踏むと円が回り、その周りについている歯でモミを撮ってくれます。機械が吹っ飛ぶのではないかというくらいに勢い良くまわすアサ婆の足さばき、そしてあっという間にモミが取れるその速さに皆「お~~~」と大歓声。  

F1000033-400.jpg
皆が足踏み脱穀機に熱中し始めると、今度はアサ婆、すたこらと、モミの外れた藁を束ね始めます。
皆、視線はアサ婆へ。12束の結構な量の藁をひょいひょいと見事な手さばきで束ねます。そのマジックのような技を盗むべく、横でまねするけどさっぱり分からん。ので、「ゆっくりやって~」とお願いして、アサ婆の指導。

F1000034-400.jpg
これは、藁の束を結ぶ紐を藁で作っているところ。と言っても、4~5本の藁を2セット、片チョウチョ結びで組み合わせて長くするだけなのですが、その結び方がなんとも手際よく美しい!!あれよという間に皆集まってきて、アサ婆に教えてもらう。出来た人は楽しくなって、何本もそれを作る。(結局使わずじまいの紐だけが最終日に大量に発見されました・・・)

F1000035-400.jpg
黙々と足踏み脱穀機で脱穀。

F1000038-400.jpg
1930年頃に使われたという「動力脱穀機」を使おうと試みるが、大事な部分が壊れていて使えませんでした。

F1000042-400_20081106220528.jpg
黙々と脱穀 

F1000043-400.jpg
またまたアサ婆、すたこらと何かし始めました。稲穂を干していたほだ木を片付け始めたもよう。木の縛り方も美しく、無駄のない動きにほれぼれ。  

F1000045-400.jpg
自然と脱穀する人、その人に稲穂を運ぶ人、モミの外れた藁を片付けて丸める人、稲穂がかかっていたほだ木を片付ける人と分担して、スムーズに作業が流れていきます。すばらしきチームプレー!!

F1000046-400.jpg
脱穀機で外れたモミの中に「ぼっつぁら」あり。穂先にもみがついたままの状態で落ちてくるもので、それらは集めて日に当て乾燥させて、後に手杵でたたいてはずします。「ぼっつぁら」や藁をとるためふるい(がないので、コンテナの穴)をふるいます。「ぼっつぁら」は「ぼっつぁら」で集め、モミはゴミを飛ばすため、「唐箕」にかけます。  

F1000048-400_20081106220743.jpg
「唐箕」。上からモミを入れ、丸いところで風を起こしゴミを飛ばします。重いモミは手前に落ち、少し軽いモミは手前から2番目に落ちます。その軽い方のモミを「あい」と呼び、こちらは牛や馬などに食わせていたそうな。それより軽いゴミなどは、さらに前方に飛ばされていきます。

F1000053-400.jpg
すばらしきチームプレーを尻目に、ついに出たな、ハーベスター。
稲穂を入れると自動的に引き込んで、足踏み脱穀機のドラムのような部分が内蔵されているので、そこで自動的に脱穀し、さらに風も中で出しているのでゴミも飛ばされ、脱穀機と唐箕を両方終わらせた状態でモミが出てくる。残念ながら「あい」はとばされる。移動式なので、ほだ木に掛けられている稲穂のところへ行って脱穀し、また少しすすんで脱穀し、という腰に負担のかからない便利らくちんもの。でも機械のペースに人が合わせるので少ししんどい。

1日目は日も暮れてきたので、「モミがしける」というアサ婆の助言をもとに途中でやめにして、温泉&鍋で夕飯。  

2日目は午前中は脱穀続き、午後から藁ボッチへと入ります!!
F1000055-400.jpg
あ~、腹が減った。WWOOFerの美菜ちゃんが、石を積んだ中で火をおこし、けんちん汁を作ってくれる。

午後の部へ突入・・・・
F1000056-400.jpg
わらぼっちとは、わらを腐らせずに春まで田んぼに置ける昔の人の知恵!下の地面につく部分を少なくし、ぬれないような場所を選ぶまたはぬれないように藁クズを敷くのがポイント。

F1000074-400.jpg
出来た!藁が足りずにスズメボッチ。

・・・作り方の詳細は来年の脱穀体験にいらしゃりませ!!
待てない方は・・・11月22-24日に大藁ボッチを作ります。藁もそのためにとっておきました。
ご興味のある方はご連絡ください。日帰りも歓迎!
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。