03 月<< 2009年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手植え田んぼ用に昔ながらの苗代を作りをしました。
短冊型に畝を作り、水をいれ表面を均等に均します
今回は、“活きた民俗資料館”をやりたいと言ってるので
昔から使われている“苗代ならし”や“えぶり”を使いました。
これは、“NPOオリザネット”さんから寄贈して頂いき、資料館に展示されていた物です
使ってみると、なかなか使いやすい!取り付けの角度や細かい細工に先人の知恵を感じます
木と竹しか使ってないのもいいですね、ま、一昔前は当たり前だったんですけどね、、
F1000022-400_20090417222533.jpg
均したら、籾を蒔きます。籾は軽く塩水選をし、約一週間水につけておき芽だししたものです。
今回は、赤米、黒米、緑米を蒔きました。これも“NPOオリザネット”さんから頂きました。
いつもありがとうございます。感謝です。
F1000023-400.jpg
下の写真はアップです。白い芽がちょっこっと見えるのがわかりますかね?F1000024-400.jpg
それから、覆土します。土は部落の共有地からちょっと頂いた山の赤土です。
それをフルイを使いながら均等にかけていきます。
F1000026-400.jpg
覆土が終わった畝を見ると、まるで巨大ティラミスのようでした。
作業をしていると、裏の物知りおばあちゃん、私の先生でもあるのですが来て
いろいろ教わりました。昔は、陸苗代をやったなーとか、覆土したら、新聞紙かけて竹で骨作って
油紙でトンネルすんだーとか、苗取りがきついんだー、朝3時からやんだよー、こー小指を使って
苗とんだーなどなど、、
苗取りの時は、先生になってもらい、実際に教えてもらいましょう!
それからは、新聞紙をかけて、油紙は無いのでビニールでトンネルです。
これで、芽が土から出てきたら新聞をはがし
水をかぶるくらいはります。芽が出るまでは畝の肩くらいまで水をはっときます。
折衷苗代というやり方です。
昨年は陸苗代で失敗しましたからな~
今年は上手く行くかな!





スポンサーサイト
最近、妙に暖かくなってきました
アカガエルは田んぼで大合唱し、卵を産んで
オタマジャクシも結構孵ってきてます
ワラビも出始めてきました

今年は、先輩有機農家さんと一緒に種籾を蒔かせてもらいました
育苗箱が普通のと違い、ポット式になっていて
苗を成苗にしてから機械で植えられるものです
寒冷地や、二毛作などやってる地域では良く使われているそうです

明日は、手植えよう苗床を作り
昔ながらのやり方で種籾を蒔いてみようと思います!
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。