03 月<< 2011年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
 今回“がんばっぺ!里美2011春”チャリティーイベントの
ステージに出てくれる ayako_HaLoさんがパーソナリティーで出ている
ayako.jpg
写真(IBS茨城放送 アナウンサーパーソナリティより)
    http://www.ibs-radio.com/?act=Personality

IBS茨城放送のnote of notesという番組に
我々実行委員会が出演します。16時10分~16時40分
がんばっぺ!里美2011春が何故始まったのか?
いったい何をやるのか?
実行委員会の思いは?
などなど、ayako_HaLoさんのトークと共にお話します!
生放送です!
ネットでもIBS茨城放送が聞けるんですよ!
ここをクリック→茨城放送を聞く
是非聞いてください!

まだまだ、ボランティアスタッフや運営費カンパ募集しています!
詳しくはここをクリック→がんばっぺ!里美2011春 チャリティーイベント 
(このページの青い文字をクリックすると、リンクに飛びます)
mini-ポスターJPEG
 すでに周りの田んぼは水が入り、この時期定例の「かえるの合唱」が夜な夜な聞こえてきます。危険なのは夜の農道。かえるが横切るので「ひきがえる」を作らないよう運転が慎重になりますが、無数のぴょんぴょこをひかないのは至難の業です。毎年悩んでいましたが、「そうか、農道を通らなければいいんだ」と、ようやく気づき、国道を通るようにしました。しかしながらあのぴょんぴょこ軍団を見られないのは寂しいので、歩いて見に行ってみようかな。
 しらないうちにどんどん季節は移っていきます。今年は季節の移ろいがはっきりしているように感じます。昨年、季節がゆっくりしてきたように感じました。今年も追い越されているものの、体が季節になじんでいるのが感じられます。1年目から3年目はどこをどう季節が動いていったかいつあたたかくなっていつ寒くなったかもわからないで野菜作りをしていましたが、昨年あたりからようやく季節を感じるゆとりが出来てきたように感じます。そんなこんなで、おとといズッキーニを定植しました。昨日はちょっと寒そうだったので、不織布をかけました。でも脇をみると、なんの手間もかけていない山菜類がたくましく立派に育っています。人間が季節を先取りしたり寒いのに手をかけて野菜作りをしているのが馬鹿らしくなってきます。そしてうまいんだこれがまた。そう思ってみると、そこら辺の美しい雑草がおいしそうに見えてきます。つい口にいれると、ルッコラとかなんとかと同等なほろ苦さと甘さと上品さと繊細さをあわせもっていたりして、野草でくって行ける、と確信した今日この頃です。
(この場合の「食っていける」は自給的なものでして、それが商売となるとどうなのかなあ)
たんぽぽとか、いたどりとか、こごみとか、今が旬のものがあるので、たまには野菜作りも一休みして野の草と戯れてみようかな。

本日のお野菜(詳細は追記に書いてあります。写真の後の青字[READ MORE...] をクリックすると読めます)
mini-IMG_2279.jpg

うどとわらび、せり
mini-IMG_2281.jpg

小松菜、にら、イタリアンパセリ
mini-IMG_2282.jpg

今日は入れなかったけど、ミックスサラダセット
mini-IMG_2285.jpg

出てきたアスパラ。待っているぞアスパラ。
mini-IMG_2286.jpg
 5月3日「がんばっぺ里美!2011春」チャリティーイベント ! 
とうとう一週間後に開催です!
皆さんお友達、家族、近所の方々をお誘いの上どんどん来て下さい!
皆で盛り上げましょう!
人手が足りずパタパタしていますが、もう一回今回のイベントのおさらいです!

 大震災により被災者への配慮のため「さとみ春の味覚祭」が自粛で中止となりました。
市内や近隣でも農畜産物の風評被害や福島原発事故、続く余震への不安により、生活面でも精神面でも落ち込みがちな地域の雰囲気を盛り上げたいと、味覚祭を楽しみにしていた生産者・来訪者の方々に、勇気と元気と希望を分かち合う場をともに作り上げたいと地元の有志が集まって、
5月3日に“がんばっぺ里美2011春”チャリティーイベントを開催して売り上げの一部を市内の復興義援金として募ることになりました。小ぢんまり開催しようと思いましたが、たくさんの協力者で、「春の味覚祭」と同じくらいのイベントになりそうです。

 でも、運営スタッフが全然足りませんので、協力していただける人を探しています。沼田邸の前泊か、当日8:30までに会場に集まれる方がいればご連絡ください。
沼田邸HP http://www.yuu-group.co.jp/nouka/index.html
 
もう一つあつかましいお願いがあります。「がんばっぺ里美」イベントは有志が集まり自費で準備していまが、義援金集めの前に運営費が足りません、ほんの少しでかまわないのでご協力をお願いいたします。
今回限りの委員会なので口座はありません、お手数でも現金書留で下記のところへ送っていただければ幸いです。

〒 311-0505  
茨城県常陸太田市大中町 1653 番地 
(財)里美ふるさと振興公社内 がんばっぺ里美実行委員会事務局宛

がんばっぺポスター
 
今回、なんと乙武さんが応援に来てくれます!
五体不満足昔読ませていただきました。感動でした。
乙武すごいなと思いましたが、自分的にはお母さんが凄いな思いました。あの本を読んだときは。。
乙武さんのホームページ http://sports.nifty.com/ototake/

皆様のお越しをお待ちしております。
開催場所はこのチラシで
クリック


がんばっぺ里美!2011春
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/a/t/mattaryvillage/201104132140303c2.jpg

ちょこっと、内部情報教えちゃおうかな~
今回の、東日本大震災復興チャリティーイベントに共感してくれて
チャリティーでステージに立ち歌や踊りで元気付けてくれる方々が決まってきましたよ!
 
順不同で紹介します。

助川久美子さん:歌、アコースティック(茨城出身)
http://sukekumi.com/
http://sukekumi.blog.shinobi.jp/Entry/249/

宇野 順之さん:サックス&バンド(常陸太田在住) さとみブリーズサウンドとして
http://yoriyukiuno-diary.cocolog-nifty.com/about.html
http://yoriyukiuno-diary.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/539-85c4.html

Haloさん:歌、バンド(茨城在住) Halo-Tatsとして
http://www.five-d.co.jp/HaLo/

竜馬さん:バイオリン(茨城県常陸太田大使)
http://profile.ameba.jp/ryoma4/

星野由美子さん:JAZZボーカル(茨城出身)
http://profile.ameba.jp/starjazz/

ジョーバンジョージャグバンド:バンド(茨城在住)
http://www.geocities.jp/banjojug/

ロマンチ楽団:バンド、ダンス (茨城在住)
いかす百姓バンド、ほとんどプロです。

久自楽舞:踊(常陸太田)
http://www15.plala.or.jp/kujiramai/

カントリーミュージック

地元有志の方々

いろいろの方々が出演してくれます!
感謝、感謝です。
楽しみですねー
めったに見れないですよ、この顔ぶれは!

驚きのゲストも応援に来てくれる予定です!

先週末、朝市に出店しましたと、前回のブログに書いたのですが
そのとき、常陸太田市市長が“安全宣言”をしました。

この映像はハイビジョン映像日記のHPでアップされました。
http://audience.studio-web.net/HDdiarypro/diary.cgi

こちらのHPは色々な常陸太田市のイベント、歴史を美しい映像に残されています
私のいつもお世話になっている方も映像を撮られています。
すばらしい仕事です。

常陸太田市ですべての農作物において安全が確認されました
しかし長い道のりでした。いまだ原発の事故の収拾はついていませんが
風評被害が早くなくなる事を願います。
と、人事のように書いていますが
本当にこの一ヶ月、なんともやりきれない気持ちで畑仕事をしてたのも事実です。
前向きに考えてやっているのですが、なんか魔がさしたように、はーってため息をついてしまう時が
ありましたからね
ま、バリバリ野菜を作ります!

映像の2分18秒の所に、自分が写ってました!
この日は、お世話になっているぶどう農家さんに手伝いに行くことになっていて
机を出したり場所のセットアップをしてから行くはずで、後は妻に任せる事になっていたのですが
映像を見ると、なぜか店番してるじゃないか!
それも、作業に行くから汚れてもいいカッコウで服が汚いのですが、、、、、

2月に続いて2回目の常陸太田市朝市出店してきました!

商品は加工業者に頼んで加工してもらった「福豆」、
これは昨年作った金砂郷在来という大豆を炒ったものです。
味なしと甜菜糖を絡めたもの。
甜菜糖の方は上品な甘さで、買ってくださった方からとてもおいしいと言われました。
じわっとくるおいしさです。
今年も大豆を沢山作って沢山加工しよう。

あとは平飼い養鶏卵。
いつもながらすぐ売切れてしまいます。
羽数を増やしたら?というのですが、旦那その気は今のところないようです・・・。
(田んぼは震災後、「ばりばり作る!」と2反新たに借りにいきました・・・)

あとは、5月の節句に備えて
柏餅が作れるよう「米粉」。
うるち米の米粉です。
しかし販売人の私がいまいち使いこなせていないので
やはり販売もいまいちでした(汗)

それでもそこそこの売り上げです。
誠実な商品を出し続けていれば徐々によくなっていくことと思います。
定期的な対面販売はそこらへんが面白いと思います。

また、個人的には3月まで市役所で働いていたので、
知り合いに会える楽しみな機会、とでも言うのでしょうか。
農政課の人や普及所の人に近況報告しながら、どうでもいい話もして。
これも生活の大事な一部なんじゃないかと、都会とは違う仕事と暮らしの一体感を感じたりしています。

mini-IMG_2277.jpg
仲間と一緒に田んぼの種まき。
ぽかぽか陽気に久しぶりの筋肉仕事。
昼は満開の桜の下で。
それだけでとっても気持ちよく幸せな一日でした。

mini-IMG_2275.jpg
mini-募集ちらし_01

クリックしたら大きくなるよ。
参加希望者は17日くらいまでにご連絡ください!
その後もいつでも問い合わせください!
まったり~へでもチラシ内の連絡先でも!

参加者はどこからでもOKです!
よろしくおねがいたします!
●「がんばっぺ里美2011春」の開催趣旨●
このたびの震災を受け、被災者を配慮し長年続いていた「さとみ春の味覚祭」が自粛中止となりました。
しかしながら福島原発による農畜産物の風評被害、放射線や度重なる余震への不安な
ど、生活面、精神面において気落ちしている地域住民に対し、地域で団結することに
より元気と希望が出るよう、有志が立ち上がり、共に作り上げていくイベントを開催する運びとなりました。
手作りのイベントということで地元での団結はもちろんのこと、田植えの時期も重なるということから、
人手のサポートとしてボランティアを募集し、
今後につながる新たな絆も深めていきたいと思っています。
会場では義援金を集め、県内または市内へ寄付し、復興に役立ててもらいます。

●昨年までの様子●
音楽などの演目と販売の大まかに言って2本立てです。

ネットで「さとみ春の味覚祭」を検索すると写真などが出てきます。
URI:http://www.city.hitachiota.ibaraki.jp/index.php?code=360

・演目
昨年はこまどり姉妹などが来てくれました。(いつもだいたい一昔前の有名人を呼ん
でじじばば客を集めています。)
他に、じいちゃんたちのカラオケ大会、さとみ太鼓、ひょっとこ踊りとともに餅とか
景品を投げて楽しむ、などが演目です。

・販売
農畜産物・農畜産物加工品・飲食品の販売
ピザ焼き窯でピザ焼き体験、
フリーマーケット
てきやのクレープやさんとか。

・来訪者
結構来ます。
去年は2日間で800人以上(一番売れた団体の鍋の売り上げ
から計算)

●今年の概要●
日時:5月3日 9時から3時
主催:がんばっぺ里美実行委員会
・(財)里美ふるさと振興公社 http://www.satomiful.jp/
・商工会議所里美支部
・NPO遊楽 http://www.yugaku.net/

 市の予算をふんだんに使った昨年までのいわゆる「祭り」から、今回からは変えるいい機会。
予算はまったくないので、企業に協賛を求める。出店者から出店料を取る。
(音楽出演者は無料にしてもらうよう頼んでいます。)
参加予定者:12日ごろに書類が出来上がって、それをもって募集(地元の例年参加団体&知人等)。
18日(もしくは19日)19時から参加者(ボランティア、演奏者、関わる人興味ある人誰でも)会議を開催。
その後チラシ作り、告知など。猛スピードです。会議は遠い方は来なくて大丈夫です。
チラシは里美地区全戸に新聞折込1,200軒。
あとは茨城新聞。地元の地域情報紙に掲載依頼中。
あとは知人。HPなど。

●募集●
・出店者
飲食関係は保健所の許可、検便など必要。
その他販売物は相談ください。
出店料1,000円(飲食・加工品販売者は2,000円)
売り上げの1割程度を義援金として寄付をお願いしています。
集まったお金は金額に応じて市内、もしくは北茨城市や高萩市など近隣の市町村に商
工会を通して寄付します。

・前後当日スタッフ
駐車場の整備や会場内の掃除、準備片付け
活気付けに祭りに参加のみも歓迎!

・音楽演奏者
ストリートミュージシャン的に歌ったりして、時間がきたらステージで演奏。基本的
にノーギャラで恐縮ですが、帽子やギターケースなどで投げ銭式はOK。何か差し水的
なことが必要でしたら教えていただけると嬉しいです。

・協賛者・協賛企業
1口いくらからでも。口座等ないので、知り合いに信頼で送ってください。
国道に面した場所での開催なため、入り口の交通整備を頼んだり、保健所への申請、
新聞の折込手数料など必要最低限を考えても足りない部分が出てくると思います。
よろしくお願いいたします。

義援金用の箱を用意して募金を募り、出店者は売り上げの10%を寄付します。

●個人的な妄想
・自然エネルギー系の展示や商品(手作りキット、本など)の販売。学び系のブース。
・癒し系でマッサージとかのコーナーがあるといいな、と思っています。

●音楽関係
・仲間の農家がディジュリドゥ、ジャンベ、pop、など若い人受けの音楽ももうちょっと増やしたい!

震災のあった時間に黙祷をして、その後皆で輪になって歌ったり踊ったりできたらい
いな、という言いだしっぺの案。

 何か不明な点等ありましたら遠慮なくメールなり電話なりください。知人に紹介して
いただくのも歓迎します!

まったり~村も、今回のイベント発起人の一人で
最初から関わって、このイベントを盛り上げていこうと頑張ってます。
自粛ムードの中ですが、このままですと皆共倒れになってしまいます
自粛よりも、イベント等通常に行い、その売り上げの中から義援金を出したほうが
絶対にいいと思いますし、茨城も地震、津波、原発事故の被害を受けています
人の気持ちも落ち込みがちになっています
ここで、地域地域を盛り上げ、明るい明日に向かって前向きに進み
被害が余りない所で、大きな被害を受けた所、人を助けていかないと
誰も助けられなくなります。皆で元気をだし
経済を回して、被災者を長期的に助けていきましょう!

まったり~村も、何か食べ物ブース(蒸し竈 炊き込みご飯か、地産地消ホットケーキ)
今回の震災での停電を踏まえ、非電化ブース(展示)
ふれあい動物コーナー(ヤギや合鴨)設置を考えてます。

まったり~村の出店手伝いボランティアも募集してます!
前々日から現地入りして用意を手伝ってもらえれば、より助かります。
宿泊は、まったり~村古民家を開放します。
よろしくお願いします。

皆で盛り上げましょう!
がんぱっぺ里美!
がんばっぺ茨城!
がんばっぺ被災地!
がんばっぺ日本!


mini-ganba03p.jpg
よさげなポスターあったんで、ひっぱてきたから
http://www.ibaraking.com/archives/2390

立ち上がれ
こんなのも、あんだよ
http://www.f-kikakukoubou.jp/staffblog/1817
皆で、べたべた張るべよー
稲は苗を育てて田んぼに植えますが
種を蒔く前に
まず、種籾を塩水に入れ沈んだ種を使います
これは病気や虫でやられた種籾は軽くなっているので浮かびます
いい種は沈みますので
 mini-IMG_2267.jpg
ガラスの棒は比重計です。これでうるち米やもち米に適した塩水を作ります。

この後、60℃のお湯に10分つけます
これにより病害虫が出ずらくなります
mini-IMG_2266.jpg

結構これが時間がかかるんです
今年は、コシヒカリ、満月もち、黒米、緑米を作る予定です。
茨城有機農業研究会のMLより
================================
生協の大石です。
阿部さんと相談の上、4/2(土)、復興作業ごいっしょしませんか、福島船引
有機農研への物資供給ごいっしょしませんか、お野菜分けてください な!の提
案をさせて頂きます。
少し、みんなで力を集めていただければ。

【1】ひたちなか市の塩屋海産物加工センターの泥さらい作業。
【2】福島食糧支援(①船引町有機農業研究会10家族 ②川俣町山木屋みちのくグリーン牧場)40歳以上。
================================

と言うのが来たので
早速、手お挙げ、ひたちなか市の泥さらい作業に行ってきました
場所は目の前が海で、地震により堤防や道路が波打ってて、工場の前の道は通行止め
着いたらすでに八郷やひたちなかから来た、有機の仲間がすでに来てました
中に入ってみると、泥が床一面に20cmくらい積ってます
家具等も倒れて埋まってる物も
とりあえず家具類を出し
泥をスコップとネコ(一輪車)で搬出
やってるうちに、人も増えてきて
結局、20人くらいに!
最初は、これは、終わるのか、、、と思いましたが
さすがメンパワー
すべての床の顔が現れました

今回の地震、東北ほどではありませんが
茨城も結構被害を受けています
家を津波で流されたり、地震で崩れたり、亡くなった方もいます
いまだに避難所生活をしている人もいますし
また、原発の事故により、野菜、原乳の出荷制限(原乳は先日解除になりました。良かった良かった)
これに加え、風評被害もあり農産物、乳製品の買い渋りにより
我々農家も打撃を受けてます

しかし、こんなときこそ助け合いですよね

mini-ひたちなか2
床の泥を一輪車に

mini-ひたちなか3
一輪車で外に

mini-ひたちなか4
あらかた泥を取り、水洗い

mini-ひたちなか5
床が見えるようになりました

mini-ひたちなか6
皆、良い顔してます
(写真は、生協さん撮影です。転載させていただいてます)

後日今回の復興支援の発起人の大石さんに電話があったそうです。MLより
********************************
「本当にありがとうございました。あの施設、実はも
う諦めようかと思っていたのですが、何と言っていいか、こんなに多 くの皆さ
ん、特に有機農業のみなさんまでが私たち水産関係のところに支援に来てくれる
なんて・・・・。有機のフォーラムでちょっとお会いしただけ なのに、ただで
さえ野菜の風評被害があって大変なのに、私共の支援に来てくれるなんて。しか
も並みでない技術と知識を持って作業してくれたんです よ。生きる力のあるす
ごい人達ですね。ここを拠点に東北・茨城のお魚を提供して立ち上がる力を頂き
ました。みなさんによろしく伝えて下さい。必ず 恩返しします。」とのことで
した。
********************************

頑張ってねじゃなくて、皆で、助け合い頑張りましょう!
(HIRO) 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です