09 月<< 2012年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
今年は雨が少なかったせいで
周りの農家さんはさつま芋が良く出来た、と皆言っています。
まったり~村は・・・といえば
まだほれていない!!

3週間前くらいにためし堀した、鶏舎の薩摩芋。
日陰・粘土質の畑。
550画像 040
1株1.2KG

ちなみに里芋1株1.2KG
550画像 041

今朝は日当たりのいい砂地に植えた余った苗から
550画像 055

550画像 056

これ、苗1本からの収穫物です・・・
コンテナに並べると2コンテナに
550画像 057

550画像 058

洗って測ると7KGくらい。
薩摩芋のつる1本から、こんなに芋が育つとは!!!
端っこの1本なので、他も掘ってみないとわかりませんが、すごい可能性を秘めている植物ですね~~
干ばつで育たない作物もあれば
逆に育つ植物もあって。
神様はすごいなあ~

現在全面的に転換中の「炭素循環農法」、という農法では、
雨が降らない方がいろいろと生育がいいみたい。
葉物とか大根とかでも。
今年は虫の被害にあったという声を多く聞きましたが、
うちでは今年も被覆無し、水遣りなしできちんと成長しました。

550画像 052
8月13日蒔きの大根(10月10日撮影)

550画像 053
雪美人というミニ大根(9月7日蒔き 10月10日撮影)

ご興味のある方は「炭素循環農法」調べてみてくださいね!
味も混ざり気のない、素直な野菜の味がしますよ。

でもネズミにかじられるのはどうしたらいいものか。。。

またまた、朝市の日が来ました
朝の8時~10時まで
常陸太田市役所駐車場でOPENしてます!

今回、まったり~村は

炭素循環農法で育てた採り立て野菜

金砂郷在来青大豆で作った“まったり~納豆”

あれば“コッコちゃんの卵”少々、、
イタチにやられ、夏の暑さで産卵が減り(涙)
お客さんにご迷惑をかけてますが
ヒナがやっと産み始めてきました


初登場
“昔うどん”
これは、“晴空農園”でこれまた炭素循環農法で育てられた小麦を
皆で収穫し、まったり~村で引き取らせてもらい
家の庭で天日乾燥させた後
車で5分くらいの近所のおじいちゃん、おばあちゃんが営んでいる製麺場で無理を言って作っていただきました。
 昔は製麺場はいっぱいあったんですが、最近は少なくなってきました
年配の方に話を聞くと、自分所で作った麦を持っていくと、うどんと交換してくれたそうです
それを、お使い物や、お中元に使ったそうです。
 土を作って、種を蒔いて育てた人から、収穫、乾燥、粉引き、製麺すべて
顔の見える、つるつる繋がってる“うどん”です!

まったり~村で作って販売する野菜、卵、納豆、乾麺うどんは
MADE IN IBARAKIですよ!
もちろん野菜や製品の原料も
栽培時、農薬、化学肥料、除草剤は使用していません!

そうそう、あと、パンの店“こころ”さんの
天然酵母パンや、南風農園さん人参ジュース、トマトジュースも販売します

木工房SEEDSさんもいつもどうり、一緒に出店しますよ

お時間のある方はプラッと気軽にどうぞ~
地元、常陸太田の農家さんたちが出演します。
同じ部落でお世話になっている、椎茸農家さん(家の隣の隣です)
こちらに移住したときからお世話になっている先輩有機農家さん
バリバリ直売所出しおばあちゃん(家の隣の家が実家だった)
後は、まったり~村のうちらが出演します
 
本日2012年10月19日(金)
夜8時~
NHKで
アンコール 震災からの再起にかける生産者 ~茨城 常陸太田市~
を放送します

これは6月15日に放映されたのですが
アンコールでまた放送されます!
今回は前回の内容に、4か月後の生産者たちの今の状況も新たに取材して放送します。
お時間が合う方は見てください!
みんなの震災後の葛藤や苦悩、食べ物を作る喜び等が見れますよ


550画像 035
目をつぶって揉み揉み。陶酔中・・・

550画像 036
またたびか、それは・・・
第一弾、稲刈り終了!!
あと2弾、3弾と続くのであった・・・
550画像 049
おやじ×2
550画像 018
薩摩芋は植え付けが遅れたためか、全然太ってないですね~。
ぎりぎりまで粘って霜の前に一気に掘らねば。
栗はおまけです。庭の3本の栗の木からの恵みです。
2000円セットは増量+玉葱と間引き大根です!
(葉っぱばかりでごめんなさい)
550画像 013

550画像 016
今年の大根は、葉が対生でひげ根の穴がまっすぐ。
旦那いわく「いい大根だ!」
ちょっとへそ曲がりな大根もあるけど。葉っぱがつやつやしてきれい。

550画像 014
小松菜は本当に大松菜になってしまいました。
茎が硬いかな、と思っていたら、全然筋がなくやわらかい。
と楽観視していたら、葉っぱがちょっとごわごわしてきた。
そろそろ出荷終りかな。

550画像 003

550画像 004
これは昨日食べた大松菜。白ゴマと醤油で美味しく堪能しました。
茎と芯が食べどころ!背筋がすっとなるような、すがすがしい味わい。

550画像 009
青長大根の間引き菜で作った大根葉ふりかけとミニ大根のキンピラ。
間引き菜を油で炒めて干しエビ入れて、塩と胡椒。
キンピラも塩と胡椒。
大根が甘くて葉が柔らかい!これだけでご飯2膳いってしまいました。。。

550画像 011
ミックスサラダ+ラディッシュ+カブ
旦那はサラダが好きなようだ。
小カブ(白馬)
550画像 011

小松菜(大松菜)
550画像 017

ラディッシュ(大きさがわかるように撮れば良かった。小カブと同じく見えるぞ)
small画像 008

赤からし水菜(サラダセットの一員として)
small画像 025

来年への記録というか、見える化っていうか、恥ずかしさも含めて記録しておこうかなっと。

そして米をたき忘れて常備菜を食い尽くして
そこら辺のものでつくった昼ごはん♪
かぶとホタテのペペロンチーノと3色ピーマンのナポリタン
パスタに絡ませたピーナッツ油が効いてる!!
(ピーナツ油は見えない・・・)
small画像 004
small画像 005
台風!結構風の音はすごかったですが
家の回りは、思ったよりというか全然被害はありませんでした
前日ビニールハウスも台風対策をしたので
ダメージ無しで良かった良かった

さて大学生と一緒に掃除しておいた栗の木の下は
smallIMG_5658.jpg

smallIMG_5659.jpg
栗がいっぱい落ちてる!
計算通り

smallIMG_5660.jpg
早速、猫の手も借りて栗拾い
しかし、、、、
風で落ちるくらいだからなのか
虫食いが結構ありました

そういえば、前回来た小学生で
栗を見たことがないと言う子もいたそうで
子供のときは、林や農家の家に生えてて栗を拾ったけど
町の子はそういう事は出来ないんだろうな
里美地区は結構道にも、いが栗が落ちてるけど
家の嫁さんも落ちてるイガの開き方を知らなかったからな、、、
うちらは、両足をイガの上に乗っけて左右に体重を少しかけて開きましたが
他のやり方もあるのかな?
小学生が帰った次の日
今度は、“フィールドワーク 地域を知る”というプログラムで
茨城大学、常盤大学、茨城キリスト大学の学生さんが
来てくれて、その中の大学生2人を受け入れました

卵採り、イモ堀を一緒にやり
結構イモ堀もきつい作業ですが、一生懸命やってくれました
また、大学が茨城キリスト大学で住んでるところも近くなので
結構、マイナーな話で盛り上がりました

smallIMG_5657.jpg

次の日は、朝飯前作業で、栗の木の下の草刈
台風が来るので、その前にイガとか草とか片付けて
落ちる栗対策をしておかないと(^^)
家の前の側溝の草刈も
黙々と作業してくれました
さすが大学生!小学生だとすぐ一つの作業が飽きるので
コロコロ作業を変えなくてはいけないと言う手間があるのですが

最後に学生さんの感想や、他の受け入れ農家の方のお話を聞き解散しましたが
他の方の話を聞き、どうも家は、農作業に集中してしまうので
里美のPRをもう少ししておけば良かったのかなという思いもありましたが
ま、いいでしょう
これから若い人々が観光ではなくこういう形でもっと地域の人々と
ふれあい、過疎化がすすみ村や町が活気づくきっかけや
問題を共有や改善が少しでもできればいいですね

お疲れさまでした!

smallkako-s6hrinivLJDyBPOW.jpg

30日の読売新聞に記事が出てました。
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です