01 月<< 2013年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
400画像 001

???窓際のソファー?ではなく、中をめくると・・・
400画像 002

ピヨピヨ集団です!!
400画像 003

雛小屋移築が間に合わず、本日は廊下で1泊。

箱の下に湯たんぽを入れ、左右にはペットボトルにお湯を入れたものを入れています。
牛乳パックを浅くきったものに水を入れて、水のみ場。
お魚のパックなどに水を入れたら、中に入ったまま寝ちゃうひよこや、ふちが滑って転ぶ子もいて、
身体や足がぬれると体温が下がってしまうため、急遽、大家さんからいただいて牛乳パックで作ったらちょうどいい感じでした。(雛小屋だったら、専用の水のみがあるんですが、箱には入らないので^^;)

えさはぬるま湯で湿らせておきます。
考えてみたら、文鳥などは親が反芻したものを雛に与えているので、
そんな感じをイメージすればよいんですね。

始めは電気ストーブをあてていたのですが、あまりにその周辺に集まってしまい、
乾燥しすぎる感じだったので、トタンで囲んで外側からトタンを暖めるようにストーブを当てています。
手を入れたらちょうど良い感じで、ひよこの鳴き声も甲高い「ぴよ!ぴよ!!ぴよ!!!」から「ぴよ、ぴよぴよ?」に変わってきたので、まあ、大丈夫かもしれません。
(前者は「よ」にアクセント、後者は「ぴ」にアクセント)

寒さで死ぬ、というよりも、寒いから暖かくなろうと、仲間のひよこの上に乗っかって、乗っかられて出られないひよこが圧死してしまうケースが多いのです。
以前、先輩の農家さんに、「ひよこが集団のところに固まっていないで、この水餃子みたいな感じになっているとちょうどいい温度だよねぇ」といわれました。
その水餃子とは、私が作って失敗してベロリンとなっていたものでした。
なんて上手なたとえ!!

う~ん、ちょっと固まっている感もありますが、離れて餌をつついているひよこもいるので
今のところ大丈夫でしょう。
しかも今日は天気予報で見たって暖かいようですし。
ふすまを隔てた横でわれらは就寝しますので、
「ぴよ!ぴよ!!ぴよ!!!」の声が聞こえたらかけつけることでしょう。
かわゆいねえ~
うむ、気を引き締めていきます!
スポンサーサイト
最近、日が出てるときは作業
日が暮れ始めから薪割り作業が多い
里美地区は谷間にあるので
夜になると月の出が山の頂から見れます。きれいですよ
400IMG_5922A.jpg
 

今日、小さな発見というか、薪割りの真髄を極めた
暗くなるとヘッドランプ(頭につける懐中電灯)をつけてやるのですが
ヘッドランプをしてるので薪の頭に光を当てるのだが
割るときに自分の頭が動いてしまうと、光がはずれ見えなくなってしまう
割り終わるまで薪の頭を照らさなければいけないのである
要は薪が左右にはじけるまで、自分の頭を動かさず
薪の頭一点を見つめる
そうすれば、斧は確実に薪のど真ん中にヒットするんですよ
なんだ、そんなことかよと思うかも知れませんが、これを怠ると、薪もビリヤードもうまくいかないのでは
と悟った訳ですよ、本日
この薪割り話に“おー”と共感してくれる人は何人いるのか(笑)
薪割りしないしに普通は、、、
『よみがえりのレシピ』の上映会を茨城県常陸太田市で行います!!

昨年、栃木の馬頭で“よみがえりのレシピ”の上映会があった
仲間で見に行き、帰りの車で盛り上がり
“常陸太田で上映会をやろう!”
“やるんなら、地元の在来種も調べて展示したり、地域おこしに繋げたりとか、いんじゃない”
などなどの話から、
皆の熱い思いから、プロジェクトメンバーが立ち上がり
皆で何回も打ち合わせをし
色々な方々にお力を借り
本当に上映することになりました!

625421_445849158768803_1398082493_n.jpg

<目的>
上映会・在来種調査を通して、地域で世代を超えて受け継がれてきた在来種、それを取り巻く栽培方法や調理方法、歴史、文化、生活を見直し、それらの価値に気づくきっかけとする。

<内容>
 *『よみがえりのレシピ』の上映会
 *常陸太田市内の在来種調査、上映会と併せた在来種の展示会

<プロジェクトメンバーのミッション・アクション>
・映画を通じて地域を見直すことで、地域の良いものを発見発信し、価値を生み出してゆくヒントを探ります。
・市内の在来作物の調査と展示を通じて「常陸太田における食・農・産業の新たな結びつきのヒント」を探る。

現在も、上映に向けて用意、宣伝、チケット販売等、皆で張り切ってやってますので応援お願いします。
また、常陸太田市内の在来種調査も行ってますので、家でこんなの昔から作ってるよというのがありましたら
お知らせください。



日時:4月21日(日)(1回目13:00/2回目16:30)

会場:パルティホール(多目的ホール)
   茨城県常陸太田市中城町3210

    大人1000円/小中高生500円

当日は11:00~18:30まで市内在来種の展示も予定しています!

詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.facebook.com/yomigaeri.hitachiota
主催:「よみがえりのレシピ」上映プロジェクトin常陸太田
問い合せ先:上映プロジェクトin常陸太田事務局 0294‐82‐2111(内線65)

まったり~村でも、チケット販売行なってますので、ご連絡ください。
mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

よみがえりのレシピ 公式サイト
http://y-recipe.net/





 
おととい、農家らしからず昼過ぎ3時から2時間もテレビを見てしまった
うちにはテレビがないから、隣の大家さんに、“もらいテレビ”をしたのだが
(もらいテレビとは、テレビのない家庭、子供たちが、テレビのある家に見させてもらう事です。
 昭和テレビが普及する前は当たり前の光景だったそうです、、、、て、家はなに?時代に逆行しているのか
 現代とは違うタイムゾーンにいるのか、、)

これは前々から見たかった
“タイマグラばあちゃん”をBSプレミアムで放送されたからです
戦後、岩手の山の中の開拓地に入植した夫婦の話で
ま、おばあちゃんがメインなのだが
このおばあちゃん、味噌を作るのに
味噌球を作って天井にぶら下げて
taimagura13.jpg
麹菌が自然に入って味噌を作るというやり方をやってるんですよ
米や穀物があまり収穫できないところは、穀物から麹が作れないので
このやり方でやってたそうですが
一度作ってみたいと思う味噌の作り方です
豆麹味噌!

私の住んでいる年配の方に聞いてみたところ
ここら辺でもやっていたそうです
しかし、ちょっと違って普通の味噌を作るように麹を入れてから
円錐形につくり映画のように土間にぶら下げたり
縁側に並べておいたそうです
何のために??
今のじいちゃん、ばあちゃんが子供のころ見たという
あいまいな記憶なので皆なぜそのようにやったのかは、わからないそうです
しかし、このやり方も面白そうですね
どう違うのか食べ比べて見たいものです

けど、凍り芋なども作ってました
岩手のバッタリー村に行ったときもありました!

けど、大変だったでしょうに
おばあちゃんは“はー極楽、極楽”と言っていましたが
現代人にとってはどうか?
家も、おばあちゃんと同じような生活レベルだが、、、、

そういえば、近所の畑仕事をしていたお婆ちゃんと話してた時
おばあちゃんが“いやー殿様仕事だよ、今の畑仕事は!楽チン楽チン”と言ってたなー
“楽チンですか?何でですか”
“そりゃ、何でも機械がやってくれんべよ、昔の鍬やマンノウで耕すのに比べたら、殿様仕事だよ~”
確かに、昔の何でも手作業に比べたら、殿様仕事かもしれませんね

殿様仕事になっても大変なのは
ただ単に、自分の要領が悪いのか、、、、(涙)

タイマグラばあちゃん 公式サイト
http://www2.odn.ne.jp/ise-film/works/Taimagura/taimagura.htm






 
あけまして
おめでとうございます

何言ってんの?、、、

いやー、ほら農家は旧暦や二十四節季で動いてますから
2月10日は旧暦でお正月ですから、、、、

すいません、お正月の挨拶の出だしをしくじり
書き始めるタイミングが、、、、

お世話になっている、生き字引のおばあちゃんと話をしてたら
2月8日は“針供養”といって、昔は針を豆腐に刺して供養したとのこと

2月10日は“田の神おろし”で
山から神様が田んぼに下りてくる日だそうです
田んぼに半紙をひき、米(三種類、早稲、中、晩生)、昆布、干し柿、お札を置き
その場から離れ、鳥が米を食べるのを待つ
鳥がはじめに食べた種類の米が豊作になるそうです

自分も早速やろうかな、ちょっと遅くなっちゃたけど

いつもこういう昔の行事の話を聞くと
おばあちゃんが最後に“もーみんな、やんねーべ”で締めくくられてしまうので
やはり、できる事は少しでも引き継がないと、と思う今日この頃です。

 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。