09 月<< 2013年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
 一昨日、アメリカでキャンプ仲間の友達が突然連絡をよこして家に来てくれた
十数年ぶりの再開だったが、友達はたいして見た目も変わってなかった
自分は、いやー変わったなーと言われましたが(見た目が)
昔は、やれパーティーだ、飲みだーとかいって、しょっちゅう飲んでたので
ちょっと顎の線とかシャープではなかったのは確かですが
その当時と比べると、農業をするようになって4~6kg痩せました
贅肉が落ちました。お酒も、飲まなくなりました。体を動かしてるからでしょう。

 友達とは、キャンプやMTBでよく山に行きました
そういえば、二人で、沼が多いなだらかな低い山をキャンプしたときは、
釣竿を持って沼から沼に魚を釣りながら自給自足キャンプだーとか言って
ブルーギルとか食べてましたね、あのキャンプはインパクトがあり良く覚えてるな
牛に囲まれたり、あの猫とか犬に付く血を吸うダニにも初めてそこで刺されました
ハードだったけど、、、楽しかったな~

 早速、これは、ちょうど良い時に来たと言う事で
鶏糞出しを手伝ってもらいました。
これが、他の作業もあり、なかなか進まなく、いつも気になっていたんですが
友達のおかげで、ほぼ終了、鶏糞を袋につめ、トラックに載せ、保管場所に持っていく作業
なんか、腰が痛いとか言ってましたが(笑)ありがとうございます。

 これでやっと、鶏が移動できる。
籾殻を入れて、新しい巣箱を入れて完了です
明日は移動できるかな。
大きくなってきました
9月25日に生まれです
IMG_2483small.jpg
覗き込んでます
鶏って正面で見るより
横顔で見つめられるんですけど
なんで?

もう少し大きくなると
顔は雛なんだけど
体が親鳥の毛並みのようになってきて
少し自分的には見た感じ怖いんですよね
人間に例えれば、赤ちゃんの顔で大人の体みたいな、、
このちぐはぐ感が何かだめなんですよ

しかし、鶏やヤギは生まれてから
すぐ動けるのがすごい
猫や人間はだめだけど
肉食系と草食系、食べる方と食べられる方の違いですかね
(Hiro)

 
ある日、春キャベツを収穫した後、地面から生えた茎が残るのですが
そこからまたキャベツの芽が生えてくるのを発見した

その光景は以前から知っていましたが
今回なぜか、すごく興味を持ってしまった
そういえば、“パーマカルチャー”の本に
収穫し終わったキャベツの茎に十字に切り込みを入れておくと
そこからまた芽が出て、四つのキャベツが再度収穫できると書いてあった記憶が、、

早速、実験!
切られた茎の切り口から既に芽がたくさん出てたので
それを、1,2本残し後は取り除く
取り除いた芽も畑に植えておけば、また大きくなります
これを続ければ、種も蒔かず、育苗もしないで永遠にキャベツがとり続けられるのでは!
しかし、周りでやっている人がいないと言う事は、、、、
秘密にしているのか!種苗会社の魔の手が伸びてるのか、、、、

IMG_2472small.jpg


IMG_2471small.jpg

結構、順調に行ってる様な気がします
丸まってきました
また下からも芽が出てきてます
これも、もいで植えつけ実験中です
この芽で冬越しキャベツも出来るなら、本当に1年中種まき知らずですよ

たぶん、そんなに甘くは無いと思いますが
出来れば、みんなやってるはずだし
味が落ちるのかな、そろそろ2回目の収穫が出来ると思いますので報告します!
報告がないときは失敗か秘密にしてにやけてると言うことで(笑)
この時期、毎朝やらなければいけない仕事が始まりました。
とても、かゆさを伴う仕事です。

IMG_2477small.jpg
栗拾いです。

IMG_2479small.jpg
毎朝、コンスタントに落ちてます。
風の強い日は特に盛りだくさんです。

IMG_2481small.jpg
なぜか猫もついて来ます、、、

かゆいと言うのは、蚊がまだ結構いて執拗にまとわりついて来ます
寒くなる前のラストスパートで蚊も必死です
なんか、この時期の蚊は、かゆいと言うより、痛かゆい。


そして、今日から“稲刈り”スタートです
IMG_2482small.jpg
明日で終わるか?微妙です、、、、
手の空いている方、手伝い大歓迎です。
前回、“BIG!”というタイトルでUPした
ビックビックコーンは
皆さんのコメントや、調べてみたら“オニフスベ”と言われるきのこでした
海外では、“Puffball”と言われています。こっちの方がしっくり来る名前です
食べれるそうです、日本のサイトではあまり美味しくないとのことですが
海外サイトだと、バーターで炒めたり、スパゲッティーソースにマッシュルームのように混ぜて
んーデリシャスとか言って食べてました。

そして、なんと
IMG_2437small.jpg
第二段が、数日後に7mくらい離れた所に生えてました!
これは、まだ白く指で押しても弾力があり
食べるしかないでしょうと言うことで

IMG_2445small.jpg
家に持ち帰り、とりあえず猫に
動物の勘でチェックしてもらうことに

IMG_2446small.jpg
OKでました。
確かに匂いは美味しそうな匂いです

早速、切ってみると、、、
IMG_2447small.jpg
ガーン、、、、時すでに遅し、、、、
中が劣化というか、黄色くなっている
はんぺんのように白ければ食べれたのに
無念だ、、、

しかし、二度あることは三度あるという諺を信じ
次回のお楽しみと言うことで

玉ねぎの栽培は、まず苗床にタネを密に蒔き
苗を育てて20cmくらいになったら
植え替えて栽培するのが一般的ですが
今年は、苗つくりをしないで直播栽培に挑戦中です
IMG_2448small.jpg
最初から間隔を開けてタネを蒔き、苗の植え替えをしません
IMG_2449small.jpg
玉ねぎの芽がすくすくと伸びてきました

しかし、雑草もすくすくと言うか、もっさり芽を出してきました。
そうなんです、直播は雑草をいかに抑えるかが決めて
これからまた戦いが、、、、
芽は小さいうちに摘み取らないと、、ふふふ、、
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です