07 月<< 2015年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
雨が多く、なかなかタイミングがつかめませんでしたが、本日やっとほうき草収穫第1日目。

ほうき草畑とほうき草
田んぼに囲まれた山の中にあります。
背の高さよりも高く、タカキビに似た草です。
IMG_0024.jpg
IMG_3285.jpg
IMG_0026.jpg
IMG_0025.jpg

ほうきにつかう場所(穂と茎)を手で一本一本収穫していきます。
穂と一番上の葉っぱを持って開くと、一番上の節で茎が折れます。
ほうきへの第一歩かと思うと感慨深い・・・。(←茎折らないよう注意!)
IMG_0047.jpg
IMG_0048.jpg
IMG_0049.jpg

これは虫食い。先っぽが長ければ、ミニほうきなどに利用できます。
IMG_0032.jpg

先がブンケツしていて、これもミニほうきになるかもしれない?
栄養が少ないとこうなるそうです。間隔が狭くてもなる?うちの場合は、背ののっぽのほうき草にその割合が高かったです。
茎は長くて細い。
IMG_0031.jpg

収穫後は脱穀。
まず穂首をそろえます。
IMG_0055.jpg
懐かしの足踏み脱穀機登場!
IMG_0057.jpg
熟していない実を落とすためか、筋肉老化か、結構ハード。
IMG_0053.jpg
穂から実が落ちたらOK。

いたるところにストーカー
IMG_0051.jpg
IMG_0038.jpg

ちなみに田んぼ3枚。
手前が赤モチで出穂が遅い。奥2枚こしひかり。
一番奥に、去年の稲藁を刻んで入れたら、ヒエがびっしり生えてきて、ただいまヒエ採りに追われています・・・
IMG_3284.jpg

明日も一連の作業+虫が出ないように釜で穂を煮る作業が待っています。
ご興味ある方どうぞ。
IMG_3295.jpg


最近、暑かったり、涼しかったりと目まぐるしく変わる天気についていけない
特に、ゲリラ豪雨がすごい
北の畑にいたら豪雨で家に帰ってきたら雨が全く降ってない
それがここの所4回くらい
畑から家まで8km
どうも里美地区の北側には、雨雲の道があるようだ

小豆の種を蒔いた後、豪雨が2回来て発芽がまばらになってしまい
芽が出なかった所に、また種を蒔いたら今度はカンカン照りが続き
芽が出ず、またそれに伴い中耕のタイミングを外し
今、草が大変、毎日株間を手で草刈り
結構きつい、草刈りしながら、農家で、マゾだったら最強農家ではないのかと思ってしまうくらいです。

BLGIMG_3280.jpg
お米は、周りの農家さんの田は穂が垂れてきましたが、家は今穂の花が咲いているといった感じ
手前の緑が濃い田は、赤モチ米でまだ穂が出ていません
奥の2枚はコシヒカリです、今年は結構いい感じ
田んぼには1年寝かした木材チップと稲藁を粉砕した物を入れただけ
農薬、除草剤、肥料は入れてません。水は絶えず満水にしています。

BLGIMG_3275.jpg
これは箒草です。こちらも穂が出てきました。
今年は、自分の育てた箒草で箒が作れるかな!

BLGIMG_3268.jpg
今度、箒の小冊子を作るために、種継人の会のメンバーで久しぶりに、半手箒を作ったのですが
結構皆、細かい所を忘れたりしていて、あーでもないこーでもない、言いながら作ったのが左の箒
作った後に、んー何か違う感じがして、もう一度、作り方の記録を読み返したり、先人の作った箒をじっくり見て
作りなおしたのが右の箒です。最終的に、細かい修正をしてもう一本作って
今年の手持ちの草を使い切りました。
やっぱり何本も作って手の感覚で覚えないと駄目ですね
何本作れるかは、今年の箒草の出来にかかっています。
収穫作業、脱穀、釜ゆで作業まで体力が持つのか!
箒収穫手伝いWELCOMEです!


 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です