03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
今日は仲間と一緒に稲の種まき
朝まで雨で、あとは熱いピーカンの一日になるとの天気予報を信じての作業でしたが
結局、終わるまで小雨、、、(涙)
smallIMG_4260.jpg

*稲の種まきまで過程です*
なんか久々の農作業のアップ

上の写真のように機械で決まった数の種籾を、土に落としていくので
スムーズに落ちるようにしなければいけません
smallIMG_4225_20170418212948bc2.jpg
種籾から髭みたいのが出ていますが、これが“芒(のげ)”これを取り除きます。

smallIMG_4226_201704182129506ee.jpg
この、餅つき機のような機械、その名も“ 脱芒機(だつぼうき)”農機具の名前はストレートです。
このホッパーの中に種籾を入れ、10分くらい回します。

smallIMG_4224_201704182129477ef.jpg
脱芒機にかけた後、粉っぽくなるので、唐箕にかけ、くずや、実の入りが悪い種籾を飛ばします。ここで良く飛ばしておくと次の作業が楽です。

smallIMG_4248.jpg
このバケツには塩水が入っています。塩水の中に種籾を入れ良い物と悪い物を分けます。実が良く入った物は沈み、悪いものは浮かびます。浮かんできたものは取り除き、沈んだものを種として使います。この作業を“塩水選”と言います。

smallIMG_4262_2017041822033667d.jpg
塩水選後、よく洗い、水に何日かつけておき、鳩胸状態になったら
播種適期です。ちょっと出すぎてる様な感じですが、ま、いいでしょう(笑)

smallIMG_4261.jpg
このポット育苗箱に蒔いていきます。穴の中に2~4粒入れます。

最後に、発芽機にいれ、一斉に発芽させます。
今日は種まきから発芽機に入れる作業。
夜遅くまで掛かりました。

この後発芽したら、苗床に並べて田植えまで育てます。

米を作るには、八十八手かかると言われます
昔に比べたらだいぶ楽になったと思いますが
やはり、口に入るまでは手間はかかりますよ
食べた後、茶碗に、ご飯粒付けてると、
“お百姓さんが、一生懸命作ったお米だから、一粒も残さず食べなさい!”と、
小さい頃怒られましたが
その通りでした!
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です