06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 
 昨晩は、ひたちおおた道の駅農産物直売所 出荷者協議会役員会議で
市役所、普及所、JA、うちら出荷者の役員が集まり、道の駅直売所の運営について話し合いです。
 先月末で道の駅もOPEN1年になり感謝イベントを7月1日~31日まで行います
29、30日は出荷者協議会でブースを出すので、それの内容の詰め、
品質を上げる為に、先先月から、月一でお店を巡回し商品チェックを行っており
また出荷者に向けて栽培講習会を開くので、その内容の詰め、
各部署からの情報交換等をし改善出来る所は改善していき、質を高めていく話あいでした
出荷者だけで、200名を超えているので、皆さんと意識の共有を高めて
いかに品質の良い物を提供できるかですね
 
 終わったのは21時頃
外に出ると雨が降っていた、予報は曇りだったような
中からは全然わからなかった
道の駅から家まで30分くらい家に近づくほど雨が強くなってきて
家の前の大豆畑を見ると、完全水没(涙)、、、、(昨年まで田んぼだった)
ご飯を食べて、雨雲レーダーを見て、これはやばいかも、
大豆を救出にいかないと!
カッパを着て
多く排水できるよう溝を切ったりゴミを取ったり
次に田んぼに向かい、排水口を下げたり、取水口をふさいだりしてる時
なんか川と違う方向から、川の濁流の様な音が聴こえるので音の方に行くと
田の上の土手から滝の様な水と土砂が家の田んぼに!
上の田んぼの土手が切れたかと思い見に行くと田の畔がごっそっと落ちて決壊してた
夜11時半だったけど、持ち主の方に電話して知らせて
二人して、今日はもう何もできないねと撤収
家に帰って一度布団に入ったけど、やっぱ心配になって他の畑やまた大豆畑の排水作業をして
帰ったら夜の3時でした。

今日の朝、、、
smallIMG_4504.jpg
崩れた上の田んぼ:ちょうど畔の所が下に崩れた、白いのは畦波板

IMG_4507.jpg
崩れた土手

smallIMG_4502.jpg
土砂の入った、崩れた田の下にある家の田んぼ

 崩れた田んぼの持ち主のおじいちゃんも丹精に作ってる方なので
こういう災害で崩れてしまった農地を直すのに、何か助成とか補助金ってないんですかね?
もし知ってる方、農政課の方!教えて下さい!

 しかし、最近、全国色々な所で水害が発生していますが
いつもは昔に比べると川の水量は少なく、雨が降ると氾濫とは
山や大地の保水能力が低下しているのでしょうね
人の生活と山が離れて行ってるんでしょうね


PS:大豆畑等は朝無事に水がひいてました。



 昨年は、大豆が結構鳥にやられてしまい
苦い経験をした。
鳥(鳩、キジ、カラス)が大豆が芽を出す時にパクパク食べるか引っこ抜くんです。
何故かと言うと、モヤシを思いだしてください、強いて言えばあんなのが畑から出てくるわけで
食べ放題です
 今年は色々試してみました。
タバスコ、一味唐辛子、木酢液、水をよく混ぜその液体を大豆にまぶして乾かし種まきしました。
見た感じ結構いけてる様です。
 また畑に、100均で買った、猫の形をした鳥よけ、パーティーに使うキラキラしたモール、ゴム蛇を設置してみました

smallIMG_4497.jpg

smallIMG_4498.jpg

smallIMG_4500.jpg
 
なんとなくいまいち
カラスには多少効いている様な感じですが、ハトにはあまり効いていないよう
ゴム蛇のすぐ近くで餌も漁ってたし、、、、

 と言う事で最終兵器を投入しました
IMG_4492 あ


smallIMG_4499.jpg
鳥追いカイト鷹!
これは結構効果がある模様、風が吹くと本当に飛んでる様な動きをします。
smallIMG_4495.jpg
 おかげさまで、被害が少なく出そろっています
カイト鷹、使えそうです

本日は「お地蔵様」。
毎年7月23日前後に集落の女性が集まって
お地蔵様にお参りした後、飲み食い。

昔は持ち寄りで、女と子どもがみんな集まったらしいです。
今は温泉料理。

色んな話が聞けました。

昔は子供が米をしょってもみすりに行き、帰り道に腰かけにちょうど良い石が、あそことあそことあそこにあったとか

ウナギは捕まえてお父さんが捌いてくれたとか、

昔は蛍がたくさんいたとか、
それより「狐の嫁入り」の方が、幻想的で素敵だったとか。
下にいる蛍は捕まえないとか(蛇の目も光るから間違えないように)

狐に騙されて、いつまでたっても家に着かず、
「あ、狐に騙されてる!」と気づいたとたん、家に着いたり
変な場所に満月が登っていて、朝まで待っていたら
そこには木の上に登っていた古狸がいたとか。

ちなみに「狐の嫁入り」とは
夏になると毎日のように山に光の玉がふんわりふんわり浮かんで見えること。

昔は動物の骨を山に埋めていたので
狐が骨を咥えて移動するときに、骨からリン?が発光していた様なのではないかと言われています。
犬を放すと、光がさーーーっと移動していったそうです。

タイムスリップしてみてみたい光景がたくさんありました。

温泉もすべすべでよく眠れそうです。




  畑の中の2つの足跡

 物語の始まりか、終わりか、、、、、

蛇と猫

 異種の友情の始まりか

 生死を賭けた闘いか

 気になる
 昨晩の、ゲリラ豪雨&雷は何なんだ
天気予報、雨雲レーダー見てたつもりだが読めなかった
昨日蒔いた大豆の覆土が洗われて、露出してしまい
お鳥様、食事の用意が出来ました感じになっている(涙)
ま、一部ですが、、、棒で押し込んだり土かぶせたりと
しかし、天気がコロコロ変わり、天気予報も3時間おきに予報が変わってしまう感じです
明日は晴れマークだけど、大丈夫か!
 
IMG_4428.jpg

と言う事で、昼寝して起きたら
網戸に「ナナフシ」がとまってた!
なんてレアな、自分的には2~3年に一度見るくらいな生き物
小さい頃は、あんなに虫取りしたり林で遊んでたのに見た事が無く
大人になってから初めて見て、結構、興奮した記憶が

IMG_4429.jpg

 なかなか、種が蒔けずやきもきしてましたが、
今日、明日で一気に片づけないと

smallIMG_4430.jpg

 今年からは、管理機で引っ張るタイプの種まき機
今日はこれで、大豆を3反蒔きました
すごく楽ですし、確実に種が落ちて
手押しの種まき機だと完全にへばってたでしょう
明日は小豆の種蒔きだ
 今日は、雨と曇り、お昼頃は土砂降り
風がなく、湿度が高く、何もしなくても汗が出る

IMG_4419.jpg

扇風機をつけて
16日、日曜日の常陸太田朝市で販売するための豆腐の為と
今年の種まき用の大豆の選別!
他の種まき用の豆の選別も急がないと。
 クワイの種をもらったので植えてみました
割れてる古い臼があったので
その中に鉢を入れ、稲の苗床から取ってきた泥と水を入れて

IMG_4417.jpg

 やっと葉が出てきたんですが
これって、
いつも田んぼで闘っている雑草「オモダカ」とそっくり、、、
まだ、彼らと格闘中なので
何かモヤモヤする、、、、

近所のおばちゃんとかに
 なーに、北山さん「オモダカ」なんか植えてんの!おしゃらぐだね~
と、言われそうな、、、、、



 しかし、無造作に取ってきた、泥や水の中に、色んな生き物が!
分かります?
IMG_4416.jpg






拡大写真
IMG_4416拡大
 今日は、結構風があり作業も持ちこたえたが
日差しが強く、本当に熱いというか痛かった
しかし、トラクター作業は、熱中症促進機の上で運転してる様なものでした
 途中から、危険かもと、あきらめ日暮れ寸前に作業を再開
空が綺麗でした
IMG_4413.jpg

 一つ気になったのが
空になんかいくつもの筋がまっすぐ伸びている雲?があり
太陽と逆の位置だし
写真で見ると薄く3本の線の様なものが下の山から上に伸びています
最初は暑さで目に来たかと、こすっても見えたから????
地震雲?

IMG_4412.jpg

IMG_4411.jpg

IMG_4409.jpg

 燕は、巣が完成してから
余り巣に来なくなり、夜になると巣で休んでいるという
不思議な生活リズムです
卵も一日一個しか産めないので、産み揃うまで、
悔いが残らないよう、遊んでいるんですかね?
 朝の7時から、箒師匠の箒畑で間引き作業
種継人の会のメンバーや、箒に興味がある人達で作業しました。
 
 今日は早めに着いたから畑一番乗りかと思いきや、
既に、、、遠い背中が、、、、早い
smallIMG_4406.jpg

間引き前
smallIMG_4407.jpg

間引き後
smallIMG_4408.jpg
大体7cm間隔になるように間引きします。広すぎると茎が太くなりすぎて箒を作る時、使える用途が少なくなります。

他の作業写真も種継人の会FBページにありますよ!
https://www.facebook.com/tanetsugibito/

 人数が多かったので早く終わり、
家に帰って、豆の種まきの為、暗くなるまで、トラクターで耕運し

 家に帰ると、田んぼの草取りをしてた妻が
「田んぼに蛍がいたよ!」
と言うので見に行きました!
いました、いました。
自分が行った時は少なかったけど、もっといた模様
けど、蛍の光が田んぼに映っていい感じ。
今年の初蛍です。


 緑肥用として、種を蒔いた小麦が結構良く育ったので
今日、収穫!んーこれで1日が終わってしまった、、
smallIMG_4405.jpg

 燕たちは巣作りが終わったのか
昨日から新居に引っ越ししてきました。
今日も昼間は来ないで夕方に巣に来て泊まりです
 ふと夕方空を見たら、まん丸の月が出てて
満月に合わせて卵産むのか??
smallIMG_4399.jpg
 畑に行く準備を玄関の近くでしてると
「ボトッ」と何か落ちる音
なんだなんだと周りを見回すと
IMG_4397.jpg
昨日、燕が一所懸命作った巣がごっそり落ちた模様!
構造計算ミスか施工ミスか(笑)

IMG_4398A.jpg
 巣を支える床を作ってあげました、落ちた土ものっけてあげて 
持ちつ持たれつと言う事で
 しかし、朝、縁側でお茶を飲みながら燕の巣を見るのが楽しみになってきました
共存してる感じで良いです。

 また、鶏舎の近くの沢で
昨日、軽トラの荷台に乗せっぱなしで、ビショビショになってしまった手袋を洗おうと
コンテナの中に入れてジャブジャブやってたら
魚が入ってきた!
DCIM4394A.jpg
 若い山女ですかね、もちろん逃がしてあげました。
こんな事もあるんですね。
さすが自然豊かな里美エリア

 夫婦で、入れ替わり立ち代わりで
泥や藁を持ってきて突貫工事です。
しかし、藁を混ぜて日本の土壁の様に強度を持たせるとは
誰からも教わらずに自然に巣を作れるのがすごい
壁も逆勾配になってる所に落ちないようにくっつけてるし
高度な施工方法です。
すばらしい!
けど施工場所が思いっきり出入り口の真上なんですが、、、


 箒草も今年は順調に発芽してます
今日の台風で水没しなければいいのですが
昨年まで田んぼだったので
smallIMG_4391.jpg

smallIMG_4392.jpg
 後は、つばめ達に害虫を食べてもらいましょう!
 田んぼの水回りに行くと、クルミの若い実がいっぱい落ちてた
昨日の雨で落ちちゃったのかな、もったいない、、、

smallIMG_4379.jpg

IMG_4380.jpg


田んぼを見てみると
シュノーケルを出してる様に見える物体
牙虫のタマゴ、必ず葉っぱに包まれてて
シュノーケルが出てるようにぷくぷく浮いてます。
田んぼの不思議な物体です
IMG_4386.jpg

家に帰ると
ピーチク ジジとうるさいなと思ったら
燕が軒下に巣を作ろうとトライしています
良く見ると、口から泥?を出して軒下にモルタルを塗るように
壁にくっつけていました、本当に出来るのかと心配になるような施工方法です(笑)
今から巣作って卵産むんですかね?
IMG_4383.jpg

IMG_4382.jpg
 今日は雨が降ったり止んだりと

IMG_4364.jpg
 
けど、雨上がり、山々の間から出る靄(もや)のある景色
好きなんですよね!

 そろそろ、豆まき秒読みに入ってきました!

IMG_4368.jpg
  
最近作れていなかった在来種の“里川豆”
今年はちゃんと作らないと
おばあちゃんから種を譲ってもらいました。
いつも譲ってもらってばかりで、そろそろ種培返ししないと、、
これは鞘にも黒い筋が入る面白い豆です
鞘でも、豆でも食べれます
自分は豆を煮たやつが好きです
おばあちゃんのアドバイスは、「蒔く前に、水に冷やしとけ(浸けとけ)」
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です