05 月<< 2017年06 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>07 月
 

どんぐり育苗ボランティアに行って来ました。

7月8日(土)
植林


NPO地球の緑を育てる会 主催の苗木育成イベントに行ってきました!
http://www.greenglobe.jp/volunteer/index.html

カシやタブの木の種を拾って、育苗し3年くらい育ててから植えるそうです。年配の方が多く、楽しそうに和気藹々と活動してるのが良いです。若い人ももっといればいいのにと思いましたが、毎週末集まって作業してますので、皆さんも手が空いたときは行って見ましょう!

野菜なら、あっという間に大きくなりますが、やはり木は時間がかかります。一度切ってしまうと、基の状態に持っていくのは、時間がだいぶかかると思いました。安易に木は切る物ではないと思いました。しかし、里山の、クヌギなどは30年以内に切って利用しないとヒコバエをはやしてまた利用する事をしないと、里山は荒れてしまうので、木を切ってはいけないと、極端に偏るのは危険な考え方ですので、切らなければいけない木と切らないで置いとく木と使い分けないといけません。ただ、雑木を全部切って針葉樹を植林するという考え方は賛成出来ません。雑木との共存、木との共存は良く考えてから行わないと、ただの破壊になると思います。

コメント

昔の林野庁が日本の森を破壊して、杉を植えていってその後の日本の森がどうなったかは一目瞭然だな。
だからといって、AEONを代表する企業がこぞってCSRの一環で安易に森に木を植えてますっていう企業もどうかと思うけどね。
里山再生なんか森を再生させるいい切り口でいいと思うんだけどね。
HIROもがんばってくれ。

そう、やっぱ身近な自然里山からがいいと思う
一番、普通の人が接するのに近い自然だからね


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です