07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

Q&A:電磁波過敏症、化学物質過敏症

文章中に出る個人名は伏せてあります。
お客様の承諾のもと、掲載させていただいています。

【Q:お客様】
昨日午前11時頃、宅配便が来ました。
フレッシュなお野菜たちと卵、ありがとうございました。

~中略~

お聞きしたいことがあります。
もしかしたらホームぺージに書いてあるのかもしれませんが、電磁波過敏症(ES)のため見られないうえに、パソコンも壊れたのでお聞きするほかなく…ご面倒おかけします。

お野菜を作るうえで肥料が必要になると思いますが、どんなものをお使いでしょうか?
気を悪くなさらないでくださいね…。
実は、北山さんのお野菜を紹介される数日前に、既に千葉の無農薬野菜のお試し購入&定期購入に入会申し込み完了していたのです。
が、反応が出るので農家に質問したところ、肥料に米ぬかを使用しており、それは農薬を使う農家も含まれるとのこと。なので、保留にしてもらっているところだったんです。
丁度そのとき、××さんから北山さんを紹介していただいたので、すぐにお試し購入致しました。
昨日、千葉の野菜の一部を調理して食べている途中で、口の中がいきなり腫れ始め、切り傷があるかのようなヒリヒリ、チクチクとした痛みが出ました。それ以上はとても食せなかったので、申し訳ないけれど処分しました。
こうなるともうイケません。
体全体が浮腫み、尿が出なくなります。昨夜はそのせいで苦しくて眠れませんでした。
浮腫みが引いたら千葉産はお断りする事に決めました。
浮腫んでいると、より通電しやすいんです。こういう状態の時は電話が更に辛いです。

今日は、北山さんちのお野菜を頂きました。
お昼は大根とサニーレタス。美味しかったです。(*^_^*)
千葉産みたいな、強烈な反応は出なかったです。でも少し胃と腎臓が苦しいかな…。
まだ浮腫みが引いていないのでそのせいかもしれません。

そんなわけで、使用している肥料や作っている過程を教えていただきたく、よろしくお願い申しあげます。
~以下略~

【A:まったり~村】
メールありがとうございました。
~中略~
肥料についてのご質問についてお答えさせていただきます。
私たちが農業を始めたのは昨年4月からで、今年から不耕起(畑をトラクターで耕さないで、土の中の微生物の生態系を壊さない)を始めました。昨年と今年の4月には有機農業者の先輩のやり方を見習い、作物を育てる前に土に完熟堆肥(近くの農家さんから牛の糞を1年程度寝かせ発酵させたもの)をまきました。牛の餌は輸入牧草であったり農協がうっている牛の餌を与えていると思われます。苗を育てるときには落ち葉と鶏糞とぬかを混ぜて発酵させた腐葉土と土半分づつくらいの土で育て、畑に植えるときは鶏糞とぬかと卵の殻、珈琲粕(輸入品。オーガニックが大部分)を発酵させたものを肥料として土と混ぜたところに植えます。鶏の餌は地元の麦、ぬかとおからを発酵させたもの、牡蠣殻、遡上してきたしゃけを乾燥させて粉にした魚粉、無農薬野菜くず、土手の雑草を与えています。ぬかはすべて近くの精米所で出たもので、ほとんどは地元の方が自家用に作っているお米なので農薬は多くは無いと思いますが、多少はかかっていると思います。ただ、発酵する事により微生物が有害物質を多少分解することがあると聞いた事があります。また、今年は肥料を極端に減らしたためか、昨年と比べて緑色がとても薄くなっています。肥料を減らした事により失敗する野菜もあり、自信をなくしていたところに××(匿名希望により伏せさせていただきます)様よりメールを頂く事が出来ました。来年からは牛の糞の代わりに落ち葉や雑草を食べているヤギのふんを使おうとしています。鶏の餌の麦やぬかは自給するとなると膨大な広さの土地が必要となりとても手がまわりきれません。すべてを自給するには難しく、循環の輪にいて身元の知れる素材を使っても、100%安心とは言い切れないのが現状です。××様のような方はまだ多くいらっしゃるのだと思います。生きるために食べなくてはいけないのに、その食べ物がこのような状況にあることを心苦しく思います。手に入るものがすべて安心なものであったらと強く思います。そのためには多くの人の手が必要で、多くの人が安心なものを生産していく世の中になればいいと思います。
ちなみに大根は、自然農のやり方を取り入れ、ぬかそのものを地表にまきました。土の上で発酵はしていると思いますが、もしかしたら発酵させてから使ったものより農薬の残量がおおく作物に影響しているのかもしれません。ご注意ください。
ぬかは微生物を安定して元気にさせるとして、多くの有機農業家の間で使われていると思います。
しかしながら、無農薬の米ぬかを発酵させてつくった糠みそは、腸内を整え、ダイオキシンなど化学物質を分解すると聞いた事があります。きちんと発酵させて作られたたくわんや漬物などの発酵食品はアレルギー体質を改善させると聞いたことがあります。既にご存知かもしれませんが、何か参考になればと思います。またアブラナ科は解毒作用が強いと言われています。カブや大根、キャベツなどがアブラナ科です。

柿は木の下にヤギをはなち雑草を食べてふんをしてもらい、それ以外は何もしていない放任です。安心してお召し上がりください。

~中略~

では、またのご連絡をお待ちしております。

-------------------
以上、投稿者の承諾の下、掲載させていただきました。

そのお返事です。
【お客様】
環境破壊・温暖化って怖いよね~と話しているアナタ自身がその手伝いをしていることに早く気づいて欲しい。
沢山の人に化学物質の危険性を知ってもらい、一刻も早く、ひとつでも多くの化学物質を自分達の身の回りから減らし、自身にも環境にも優しい環境作りに励んでもらいたいです。
重曹や石鹸・酢(含 クエン酸)を使う生活を始める勇気を持って欲しい。
少し高くても有機野菜を買って、体の中からの健康作りを心がけ、同時に、危険な農薬への抗議を、不買という行為で示してほしい。
安易に車を使わず、近場なら徒歩や電車を利用する努力を惜しまないで頂きたい。
これは相当無理なことだけど、出来れば、寝る時はメインブレーカーをOFFにして欲しい…な~んて思っています。私は実践しています。節電にもなりますが、電磁波過敏症(ES)を発症していない人も、翌朝の体調が良いと思いますよ。冷蔵庫は今の時期、5~6時間OFFにしても溶けたりしません。アイスクリームはわかんないケド…(^_^;) 私の冷蔵庫は、終日OFFのため、今はただの物入れ状態…。

ちょっと難しいなあ…ってことを即実行していかないと、温暖化を食い止めることは出来ないでしょう。
みんなで協力し合って良い環境を作っていければ良いですね。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です