06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

鴨救出?稲救出?

 今日は久々の晴天でした。今外は星も久々に、降ってくるように見えます。
屋根に上って、箒で落としてみようかな、、、、、とメルヘンチックになってしまいそうな
ま、そんな事はどうでも良くて。
 本日は、朝から新規就農の仲間に手伝ってもらい合鴨農法の田んぼから、鴨を追い出しました。
なかなか鴨小屋が出来ず鴨が田んぼから出せず、稲の1/3くらいは食べられてしまったんじゃないかと、、、、、、鴨救出というか、稲の救出の方が強かったりして(笑)
まず、皆で竹の先に紐をつけた物2本を両手を広げるように持ち、田んぼの隅から、“オッツオッツ”、“ワーワー”など掛け声を出し捕獲エリアに追い込んでいきます。そういえば、鴨なのになぜか“コーコッココ”と鶏の掛け声を出してる人もい若干一名いた様な、、、
鴨の追い詰めるコツは決してあわてないように、鴨が進んだら人間も進むそうです、無理に急いで追い詰めると鴨がパニックになりトンでもない所に逃げまた初めからやり直しになっちゃうので慎重に慎重に追い詰めていきます。四人で隅から追い詰めていきます。しかし、なんか、こういう捕獲は狩猟本能を掻き立て、なかなか興奮します。“そこだーそこだー”、“ほら行け行け”とかいいつつ罠に追い込んで行くような、原始人の集団狩を彷彿させます。おかげさまで、まったり~村 初の合鴨追い込み作戦は、すんなり一発で上手く行きました。
 F1000005.jpg  F1000006.jpg

次は、それを鴨小屋に連れて行きます。昨日やっとこ90%完成させた小屋を鴨池にもって行きセットアップし、鴨を放すと、田んぼに水が無く、水が恋しかったのか、狂ったように水浴びやら、羽を繕いだり、顔を水に突っ込んだりと、鴨たちは一種のトランス状態に陥ってました。
この鴨は来年の田植え時期まで飼っといて、代掻きをして、田植えするまで田んぼに入れておき、鴨の力で代掻き、除草をやってもらおうかなと考えています。

また近所の方から、栗を拾って良いよと言われてたので、拾いに行ってきました。いやー、あるはあるは、これも採取本能を掻き立てられ、無我夢中で拾い集めてしまった。栗を思いと思うほど取ったのは、初めてです。最近の人は栗を拾わないそうですねもったいない!

そういえば、蛇の抜け殻、それも脱皮してまだ日がたってない奴を畑で発見!どこも破れてなく完璧な状態でした。結構でかいですね、シマヘビかな?
F1000009.jpg
F1000008.jpg

コメント

へびと鴨?

うおっ すごい抜け殻ですね。本体はさぞかし大きくなっているんでしょうね。
稲刈り行きたいなあ。
鴨の群れはなんだか微笑ましいですね。

ふみさん!!

こんばんは!稲刈りは当日参加(500円)もありなので是非是非。
スタッフ参加もありです。今後の構想とかも相談したいです。


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です