10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

かや?

先日、いつもお世話になっている、農家民宿をやっているSさんから
電話があり、妻が対応してたのだが
電話が終わり
 “なんか、茅をかるビデオを撮りたいんで、いついつに来てだってさ”
との事
自分想像 (おっ、どこかで茅葺屋根の葺き替えのため、カヤを集めてんのか、これは色々教えてもらえそうだぞ、おもしろそう)

そして当日、二人して、いやー、茅刈るから重装備の方がいいだろうという事で、厚手の服をきて、鎌も2本、柄の長い奴と、鋸鎌をもって、いざ待ち合わせ場所の古民家に!

ありゃ、車が一台だけ?早く来すぎたか
と、古民家に入るとSさんとカメラマンの方がいらして、あいさつして
自分 “他の人は?”
Sさん  “北山君たちだけだよ”
自分  “はー”
カメラマン “今日はお願いします。最近日本のカヤがアフリカで活躍してるんですよ”
自分  “茅がですか?” 自分想像 (何か家の材料とかか?)
カメラマン “そうです、マラリヤ予防とか、今、日本のかまど、昔、土間にあった奴とかもアフリカで活躍してますよ”
自分 “マラリヤ予防、、、、、茅を?”
カメラマン “蚊の防除に”
自分想像 (ん~?茅を何か燻したり、エキスを抽出するのか?わからん、、、)
と、思いながら古民家の、奥の部屋に目を移すと、、
何か床の上に置いてあるな、、、、、ん?
ん?んん!?

自分 “茅、、カヤ、、、ん?! カヤって、、蚊帳ですか!”
Sさん “蚊帳かけるって言ったじゃ~ん”
自分⇒妻に “カヤって、蚊帳じゃ~ん! なんで鎌もって重装備してきてんだよー、うちら!”
全員 大爆笑
ドリフの落ちじゃないんだよー

てなわけで、結局はアフリカの人にどのように蚊帳を吊るのかという
How to ビデオ撮りでした、、、

しかし、冬に蚊帳を吊るとは思っても見なかった
日本の昔の知恵の、そこにある土などで作る竈、少ない木で効率よく火を使えるし、これでアフリカの砂漠の少ない木などを伐採するのが減るし、火で消毒された水や食べ物を得られる、
また、蚊帳で薬などを使わず、蚊に刺され感染病等を防げる、素晴らしいですね!
今年の夏は蚊帳を使うかな!御礼に蚊帳を頂いた事だし!

蚊帳を知らない方は
蚊帳(かや)のバーチャル博物館へ
http://www.anmin.com/kaya/hakubutukan/

コメント

あー、かやちがい。

読んでて「あー茅ってそんなところで使われているんだ。」って感心していたら蚊帳かよ!
こちらも勘違いに付き合ってしまった・・・
子どもの頃、雷がなると蚊帳に逃げこんだっけ。
アフリカのひともこんな使い方するかな・・・

やす坊さん
良いボケありがとうございます(笑)
そうですね、蚊帳の中で寝るんじゃなくて、雷が鳴ったら逃げ込みます
ちゅう、撮影も必要だったか!

まさ
おーもう一人、出てくるん!すごい
蚊帳の中に寝ると、自分は何か落ち着くよね
ウチは蚊帳一つネズミにぼろぼろにされてしまった(涙)


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です