10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

バナナン バナナン バーナナン♪

先日、オリザネットの方々が来たとき
A さん 「この木は何ですか」
自分  「あ、これはバナナの木です」
A さん 「実がなるんですか?」
自分  「いやー、花も咲かないし、咲く前に木が寒さでとろけちゃうんですよ」
S さん 「花、咲いてるやん!」
自分  「え??え~ 花が?」
S さん 「ほれ、そこ」
自分  「え?どこ?どこ?」
    「、、、おー、本当だ咲いてるよーって、これ、花??」
    「あれ、バナナもなってるジャン!!!」
F1000028-400_20090807212250.jpg

 
フットボール大の花?らしきものがあり
その奥にはちっこいバナナがなってるじゃないですか!!

鶏舎の前に夏の日よけのために3年前にバナナの木を植えたのですが
初めて、花を見ました
今年は、バナナが食べれるのか~!
楽しみ!

コメント

バナナが生ったとのことでしたが、写真を見て、思い出しました。 私が子どもの頃、うち(京都)の裏庭にこの木がありました。 芭蕉の木だと言っていました。 確かに大きな蕾のような形のものが先に付いていて、それに続いて小さな青いバナナが何段にも生っていました。でも、その実は黄色くも大きくもならなかったと思います。 おまけに芭蕉の木はよく倒れましたが、そばから小さいのが次々伸びて来て、消えてしまうといことはなかったように思います。 木というより巨大な草のようでした。 茨城はいろんな植物や生き物の南限であり、北限だそうですが、こんな南方の植物っぽいものまで育つのですね。
そのバナナの木はどういうルートで入手したのですか? フィージーのバナナの葉の繊維で梳いた紙がありましたが、沖縄には芭蕉布がありますよね。 芭蕉はバナナの元祖!?

がーん

カヤネズミさん
カヤネズミさんのコメントを読んで、もしやと思い調べてみたら
どうも、バナナ(実芭蕉)ではなくこの写真の実は芭蕉のようです
と言うことは、食べれなく観賞用だそうです、、、、、、
芭蕉布をつくるか


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です