06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

生牛

家の近所、歩いて一分の所に、突如、牛が!

PICT0204-400.jpg

田んぼに、飼料米を作り
刈り取らず、そこに牛を放し、食べさせると言う
なんとも、合理的なやり方、かしこい!
休耕田利用でいいですよね

しかし、電柵ワイヤー2本だけで逃げないんですね、すごい
家のヤギどもは、電柵をぶっちぎって、あっという間に逃亡したもんだが

よくよく、見ると牛って体は大きいけど、目がくりくりして
かわいらしいですよ

いつかは、牛耕がしてみたい!
早く、やらないと、経験者が高齢でいなくなってしまう。

コメント

「生牛」と来ましたね! 私はご存知のように蛙が好きですが、私の知っている蛙好きの人は町の人ですので蛙とは主としてカエルグッズのことで、生き物の蛙のことを「生蛙」(なまがえる)と言っていました。 牛も普段の生活の中では中々見られないですものね。 
うちの近所の方で牛を飼っている人がいて、飼料用トウモロコシ、ライ麦、燕麦を畑で作って与えておられます。カブや大根など普通の野菜も牛が食べているようです。 
でも、 「田んぼに、飼料米を作り 刈り取らず、そこに牛を放し、食べさせる」のは見たことがありません。 写真で見ると、この牛さんたちは行儀よく端からきっちり食べて行くようですね。 偉い! 
その日に食べる量を食べたら、稲がなくなった田んぼに移して遊ばせておくのでしょうか?牛糞で田んぼは肥えるし、牛も自由を楽しむことが出来るし、いいですね♪
子牛はめっちゃかわいいですよ!

カヤネズミさま

なにか、生蛙というのも生生しいですね(^^)
稲の食べさせ方は、電柵をずらしながら、与えてるようです
そうそう、飼料用カブというのもあるようです
こちらで、有名な里川かぼちゃも、もともとは飼料用だったそうです
子牛かわいいでしょうね!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です