08 月<< 2017年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

秋の味覚祭

11月6,7日の里美 秋の味覚祭に出店して来ました
これは、かかし祭りと一緒に毎年11月の最初の週末に行われます
地元の食材をフルに使ったお店もいっぱい出て
手打ち蕎麦や、千人鍋、しし鍋等々その他もりだくさん
また、歌あり芸ありと、毎年たくさんの人が集まります。
小-mikakusai2010
本当はわら細工をやりたかったのですが
場所がなかったので
まぼろしの“蒸し釜 鳥メシ”をやることにしました
これは、昔、昔、もう40~50年前ころからご飯を炊くのに
“蒸し釜”を使っていたそうで
私も、年配の方から話は聞いてて
「蒸し釜で炊いた飯はうまい!」
と、ことごとく使ったことのある人は言うんですよ
しかし、どんなものか想像もつかず
昔、家を解体しているところから、割れたでかい植木鉢のような物をもらってきて家の前においてたら
なんと、それが蒸し釜だったという
しかし、あまりにぼろぼろで使い物にならず
しかし、ひょんなことから2個手に入り
これは使ってやるしかないということで、使ったこともないのに無謀にも蒸し釜鳥メシをやることにしました
小-P1010069
上の写真の三つ並んでいるでかい壷のようなやつが 蒸し釜です

調べたり、聞き取り調査で使い方を理解し
3~4回くらい使ってみて
思ったのは、これはとてもエコでは!
少ない火でご飯がたけちゃうんですよ
蓋を開け、中に炭を入れ、その上にご飯の入った羽釜を載せ、蓋を閉め
ご飯が噴いて、蒸気が出たら、空気口をしめ15~20分蒸らすというやりかでご飯がおいしく炊ける
小-P1010053
なかなか、優れものです
これを使ってお店をやってると
昔使ってた年配の方々が懐かしそうに話をしてくれて
炭は松炭を使ったんだとか、囲炉裏で使った消し炭でやると良いとか
ようは、あまり高温の火ダネは使ってはいけないということです
高温すぎると、ご飯がこげちゃうし、釜にも良くないとのこと
なかなか楽しく、忙しく、ために成った二日間でした


コメント

里美はいろいろやっていますね。
山方は21日が芋煮会です。 
この蒸し釜ってつぼ焼き芋の壷に似ていますね。
お芋を焼くのはもっと大きかったように思いますが。
壷の中(周囲)にお芋が針金で指して吊るしてありました。
私が小学校の頃、京都では焼き芋はつぼ焼きが主流でした。

カヤネズミさん

つぼ焼き芋、一度どこかで見たことがあります
あれも、とっても美味しいとのことですよね
一度食べてみたい!


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です