06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

壁塗り

新しい古民家の壁がだいぶ年期が入り
灰色になり、剥げ落ちている所もあるので
塗りなおすことにしました
塗りなおすなら漆喰だろ
しかし、お金がかかりそうだな、最終的に三部屋もあるしと思い調べていると
漆喰の成分は消石灰、粘着材とある
消石灰?聞いたことがあるような、、、、
倉庫に眠ってる奴か!農業用の奴が家にあるじゃん
粘着材は、調べていくと、小麦のりとか上新粉、藁を醗酵させた奴とうとう
上新粉なら家の寒ざらし粉でも大丈夫なんでは
と思い、即行動です
400-IMG_5298.jpg

400-IMG_5299.jpg
玉になってたのでフルイでふるって
米粉を1%混ぜ

400-IMG_5300.jpg
水と混ぜる、(なんか真っ黒黒助ではなく、真っ白白助が漂っています。)

400-IMG_5308.jpg
壁に水をかけ、くっつきを良くする (ここにも、、浮遊している(笑))


400-IMG_5306.jpg
汚れと思ったら、紙が張ってあり
剥がすと裏に何か字がびっしりと書いてある、明治十四年とかの文字も、、、
一体これは、、、何か帳簿のような、、そういえば昔この家は作り酒屋だったそうです
昔のリサイクル壁紙か?

400-IMG_5309_20120207223934.jpg
そんで、その漆喰?を塗っていきます
最初こてでやりましたが、途中からスポンジと手で塗りました

400-IMG_5304.jpg
ビフォー
400-IMG_5305_20120207223940.jpg
アフター

仕上げにもう一度塗る予定です


この作業中にこんなものが発見されました!
400-IMG_5320_20120207223931.jpg
400-IMG_5321_20120207223928.jpg
なつかしのキャラメルの箱です!
と言うか、カバヤとかマルゼンのキャラメルなんてはじめて見ました
一体いつの時代の物なのでしょう
森永のキャラメルに“滋養豊富”って書いてあるんですが
“富”のうかんむりに点がない昔の漢字でした

また、驚くべき中身がすごい
400-IMG_5322_20120207223925.jpg
森永は切り抜いて、水上飛行機が作れてしまうと

明治は、動物百貨になっていました

こんなの見た事がないぞ
まったり~村活きた郷土資料館 殿堂入りに決定しました(笑)

コメント

「小麦のりとか上新粉」が材料なら飢饉の際には、壁食ってしのげそうですね。
「明治十四年・・・帳簿」は古文書として価値があるかも
NPO「茨城資料ネット」では震災で壊れた蔵などから、ふすまのウラ張りなどの古文書を保存、歴史の研究に役立てるそうです。捨てないで!
http://ibarakishiryou.web.fc2.com/
森永キャラメルの復刻版は5年くらい前に太田鯨が岡のお店で、わざわざ買って持っています。

古文書

ぎゅうちゃんさん*「茨城資料ネット」そんな所があったんですね
一応、きれいにはがれた奴はとってありますよ
米粉を混ぜた壁は、消石灰も混ぜてあるから、食べれますかね、、、(笑)
今、考えてるのは、ひびが結構入った奴は
一回剥がして練り直して塗りなおせばいいのではと思ってます


 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です