10 月<< 2017年11 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>12 月
 

長い戦いだった、、、

一週間くらい前から
うずくような痒みとの戦いでした

たぶん原因は
“ツタウルシ”だと思います
ツタウルシ
幼い時の葉(http://www.rokkosan-shizen.jp/sub197.htmlより)

ハウスに絡まったツタを取っていたときに
これが混じっていたような気がする
それらを半袖&素手でバリバリ剥がしていたので
ツタウルシの液が付いてしまったのかと、、、

最初は、左手のひじから下の内側が赤くはれていたのですが
それが見る見るうちに広がってきて
こ、これは、ウルシか、、、
何年か前にも酷い目にあった記憶が、、

すぐに、以前貰った塗り薬を塗ったのですが
時すでに遅し
右手に移り、左手、右手のひじから肩までの間に繁殖し
足、首、、挙句には、、、急所にも、、、(涙)
とにかく痒い、、しかし掻けない、掻くとより繁殖するし
これは、まさに生き地獄、、、

夜寝てても痒くて目が覚めるし
熟睡できなく、夢を見てるのか、起きてるのか
夢で掻いてるのか、起きて掻いてるのかの境界がわからない
ナチュラルハイ状態です

いろいろの人に対策を聞いた
木工職人の友達(ウルシも扱う)
 とりあえず、我慢!え、、、そんな
 日向で仕事をしてはいけない、汗の出るところの出てくる
 靴下やパンツのゴムの部分等々に、、
 聞いた話で、沢蟹をつぶして、その汁をつける
 塩を刷り込む、小麦粉をどうたらこうたらして、、、、??
 結局、自分たちで実証済みの痒み止め“グリセリンカリ液”をくれました
 確かに痒みはしばらく収まる
ウルシにかぶれ易い地主さん
 すり鉢にもち米(生)をいれ、お湯を注ぎ米が膨らんできたら
 摺って、その沈殿した物を患部に塗るとばっちり!
 治ってきたら海水をつけて(ま、海に入って)皮を剥けさらに良いとのこと
 地主さんはこれを実践しています
小さい頃から弱く顔がすごくはれてしまうお客さん
 病院にいってすぐ注射!

三日後には手の甲にも水ぶくれが酷くなり
これは、塩だということで
DSCF0638small2.jpg

午後、海に行き泳いできたのですが
あまり効果なく
結局、お医者さんに行きました
実は、こちらに来て初めて病院に行ったのも、ウルシでやられたときでした
カルテを見たら6年前でした
先生に見せたら、んーこれは酷いですね
点滴打ちましょうとのことで
飲み薬を貰いました
塗り薬は、母が看護婦をしているので、ゲットしてもらいました

今日で一週間たち
やっと治ってきました
手の甲の水ぶくれはまだ治りませんが
しかし、まだ痒い、、、
そろそろ、熟睡したい!

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です