06 月<< 2017年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

米飴作り1日目

大子町に住む友人が
調味料をほとんど手作りしていると聞いて
ムラムラと過去の情熱が沸き上がり、とりあえず手元に原材料がある
「米飴づくり」に挑戦してみました。

【原材料】
小麦(または大麦)
もち米

【麦芽作り】3/9
小麦の殻をとったものを「玄麦」といいます。
米でいえば、籾をとって玄米になった状態の物。
それを洗い、浸るくらいの水に入れて1晩。
乾燥している麦に水を給水させるための作業です。

その後、水を適宜変えながら
(暑い季節は麦が発酵、または腐敗することもあるので。
寒い季節は変えなくても大丈夫ですが、衛生上変えた方が良いとされています。)
小麦が乾燥しないよう、また水に溺れないよう、
布などを使いながら、根と芽がでて麦芽が林のようになるまで待ちます。
約1週間くらい。

芽が十分出そろったら
布から放し、乾燥させます。
昼間はお日様にあて、
夜は薪ストーブの上で乾燥させました。
やはり1週間くらい。

十分に乾燥させておけば日持ちがするので、
まとめて作っておけます。

17190342_1614290938599732_6475583681120479959_n.jpg

17098250_1614290918599734_8417941048394249534_n.jpg

【米飴作り】
[材料]
乾燥麦芽40g
もち米3合(450g)
水3L

[作り方]
●1日目
1)薪ストーブでことこともち米をおかゆに。粒が手でつぶせて形は残るくらい
smallIMG_4216.jpg

2)乾燥モルト!発芽小麦のドライ~発芽少なかったかな??
食べるとほんのり甘くて不思議です。
smallIMG_4220.jpg

3)2)をミルサーで粉にします。
smallIMG_4222.jpg

smallIMG_4223.jpg

4)たいたおかゆを60度に下げて
smallIMG_4224_2017033021133566e.jpg

5)ドライモルト粉投入!
smallIMG_4225.jpg

6)混ぜてしばらくしてくると、ねっとりしていたおかゆがなぜかさらさら・・・へらからおちる滴に注目!
smallIMG_4226.jpg

smallIMG_4229_20170330211340608.jpg

7)温度を保ち1晩ねかす!

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です