09 月<< 2017年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、ニワトリをお肉にしてもらいました

 養鶏をやっていれば、いつかは
卵を産んでもらっている鶏様を
肉にする時が来ます。もしくは処分しなければなりません。

 年々、その肉にしてくれる所が
廃業してしまい、お肉にしてもらうのも大変になってきてます。

 今日も、隣の栃木県のお店に車で1時間10分くらいかけて行ってきました
まず、朝早く鶏を捕まえて籠に入れ、トラックに乗せ、お店に持っていきます。
解体してもらってる間に、一度家に帰り、籠をおろし
前日、豆腐屋さんの友達から貰ってきた大量の氷をアイスボックスにいれ、
また、お店に向かいお肉を引き取ってきます。
片道1時間10分を午前中に2往復!早朝からなので結構ヘロヘロです。

 しかし、ただ処分するのではなく
出来るだけ最後まで、自分達の目の届く範囲で
みんなに感謝され喜んで貰いたいですよね
自分たちの体に入って生きて欲しいです

 正直、普通にスーパーで売ってる鶏肉より味があります
逆にスーパーで売ってる肉が物足りなくなってきます
お肉から出汁がでてます

 今、タケノコの季節で、一緒に煮て食べると最高ですね。
最近、“美味しんぼ”を読んでたら
採ったばかりのタケノコの中をくりぬき
その中に鶏肉を入れて焚火で焼いて食べる!
というのをやっていました
やってみたい!

 お肉をとってきて、鶏の餌やリ、田んぼの苗の管理をやって、結構ヘロヘロ
しかし、お風呂の薪を集めないとと、裏山に目をやるとタケノコが、、、
smallIMG_4336.jpg
見てしまったからには、採らなければ、、、(人間)

smallIMG_4342.jpg
見てしまったからには、すりすりしなければ、、、(猫)

今年も、イノシシにことごとくやられ、人間様はイノシシのおこぼれを採らせてもらう状態で(涙)
採ったら、即、あく抜きをしなければと言う事で
(トウモロコシとタケノコは新鮮さが命!すぐ湯がけるのは農家の特権!)
薪で火をおこし羽釜であく抜き(結局5本GET)
smallIMG_4352_20170503215649577.jpg
そうすると、火の管理をしなければと、、、、

相方も、朝から豆腐作りと忙しくヘロヘロしてたので
外で、カエルの合唱を聴きながら
火にあたりながら、
ニワトリさんに感謝しながら
お清めでビールを飲ませて頂きました。
ありがとうございます。








コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。