07 月<< 2017年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

昨晩は土砂災害警戒情報発表

 昨晩は、ひたちおおた道の駅農産物直売所 出荷者協議会役員会議で
市役所、普及所、JA、うちら出荷者の役員が集まり、道の駅直売所の運営について話し合いです。
 先月末で道の駅もOPEN1年になり感謝イベントを7月1日~31日まで行います
29、30日は出荷者協議会でブースを出すので、それの内容の詰め、
品質を上げる為に、先先月から、月一でお店を巡回し商品チェックを行っており
また出荷者に向けて栽培講習会を開くので、その内容の詰め、
各部署からの情報交換等をし改善出来る所は改善していき、質を高めていく話あいでした
出荷者だけで、200名を超えているので、皆さんと意識の共有を高めて
いかに品質の良い物を提供できるかですね
 
 終わったのは21時頃
外に出ると雨が降っていた、予報は曇りだったような
中からは全然わからなかった
道の駅から家まで30分くらい家に近づくほど雨が強くなってきて
家の前の大豆畑を見ると、完全水没(涙)、、、、(昨年まで田んぼだった)
ご飯を食べて、雨雲レーダーを見て、これはやばいかも、
大豆を救出にいかないと!
カッパを着て
多く排水できるよう溝を切ったりゴミを取ったり
次に田んぼに向かい、排水口を下げたり、取水口をふさいだりしてる時
なんか川と違う方向から、川の濁流の様な音が聴こえるので音の方に行くと
田の上の土手から滝の様な水と土砂が家の田んぼに!
上の田んぼの土手が切れたかと思い見に行くと田の畔がごっそっと落ちて決壊してた
夜11時半だったけど、持ち主の方に電話して知らせて
二人して、今日はもう何もできないねと撤収
家に帰って一度布団に入ったけど、やっぱ心配になって他の畑やまた大豆畑の排水作業をして
帰ったら夜の3時でした。

今日の朝、、、
smallIMG_4504.jpg
崩れた上の田んぼ:ちょうど畔の所が下に崩れた、白いのは畦波板

IMG_4507.jpg
崩れた土手

smallIMG_4502.jpg
土砂の入った、崩れた田の下にある家の田んぼ

 崩れた田んぼの持ち主のおじいちゃんも丹精に作ってる方なので
こういう災害で崩れてしまった農地を直すのに、何か助成とか補助金ってないんですかね?
もし知ってる方、農政課の方!教えて下さい!

 しかし、最近、全国色々な所で水害が発生していますが
いつもは昔に比べると川の水量は少なく、雨が降ると氾濫とは
山や大地の保水能力が低下しているのでしょうね
人の生活と山が離れて行ってるんでしょうね


PS:大豆畑等は朝無事に水がひいてました。



コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です