03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
先日、直った発動機で小麦粉砕作業です。

コッコちゃんの餌用に
小麦を粉砕します。
消化を良くするためです。

粉砕前の小麦
smallIMG_4256.jpg
 
粉砕後の小麦
smallIMG_4257.jpg
ちょっと粗挽きにしています。もっと細かく挽けば、これが全粒粉小麦粉ですかね

 
こんな風に、昔ながらに粉砕機に平ベルトでつないで回します

 将来的には、このディーゼルエンジンを、廃食油を使ってWVO(Waste Vegetable Oil)に改造したい!
飲食店等から廃油(天ぷらとか揚げ物に使った使用済み油)を回収し
精製して軽油の代わりに使って、リサイクル利用エンジンにしてみたい
結構、軽油の排気ガスは体に悪そうだし(昔のエンジンなもので)
また、今年も誕生日を迎え一つ年を取り
こういう節目に、ちゃんと情報発信をしないと思い直す機会なので
一つ機械のお話を

鶏のエサを自分で配合しており
その中に小麦も入れているのですが、小麦をそのまま与えると消化できず
そのまま糞に出てきてしまう物も多いので
昔の粉砕機に、これまた昔のディーゼル水冷発動機(1970年代)を、
これまた今ではあまり見ない平ベルトというベルトでつないで粉砕するのですが、
先週からこの発動機(ヤンマーNS40)が調子が悪く、
機械は毎日使っているので、軽くちょっちょっと修理するかと思い、ばらしたのですが、、、、、、
smallIMG_4183.jpg
ここから悪夢が始まりました

****閲覧注意ここから、マニアックな男子の話になります*****

*マフラーを外したら、半分くらいカーボンでふさがっていた
*噴射ポンプなんかすべて固着ぎみ
*噴射ノズル、カーボンで完全固着、なかなかニードルが取れず四苦八苦
*水冷式でピストンシリンダーを冷やす水の通り道が錆で塞がれている
*タペット、カーボンがこってり、特にエキゾーストは半分穴もカーボンでふさがっていた
*ピストン、オイルリンク固着
smallIMG_4184.jpg

smallIMG_4180.jpg

これらを、全てカーボンを削ったり洗浄、
ピストンのオイルリンク洗浄中に折れる!涙
仕方ないので、ちょうど同じような機種がもう一台あったので、そちらをばらしピストンの移植
そちらもオイルリンク固着してたのでゆっくりゆっくり剥離
直しているうちに、古いので燃料ホースが折れたり、それで近くの修理工場に行って譲ってもらったり
パッキンシールもボロボロなのですべて厚紙と液体パッキンで作り直し
何回も組んで、エンジンかけてダメ、ばらしていじって洗浄を繰り返し、
水冷なのでそのたびに、水を入れたり抜いたり、抜き忘れてばらして
オイルの方に入ってしまったりと、オイルも入れたり抜いたりと、もー本当、星一徹のようにちゃぶ台をひっくり返すかのように
発動機を土手の上から、“おりゃー”とひっくり返したい気分を我慢して、
「困ったらチャンスです~、頭の良くなるチャンスです~」を頭の中で復唱しながら
分解、洗浄、いじり、組み立て、エンジン始動、かからない、最初に戻るを2日繰り返し
やっともう少しという所でかからず、最後にタペットのすり合わせを、インパクトドライバーで
これでもかというくらいして、やっと調子よくかかりました!

この時は、やり遂げた達成感と、疲労感、、、ちょちょっと修理が、完全オーバーホールに、、、
しかし、今回の件でディーゼルエンジン詳しくなりました、マニアックな発動機の世界に片足を踏み込んでしまいそうです(笑)

本当に百姓とは、作物を作る事だけではなく、百の姓いわゆる、多くの職(事)をこなさないと
できないとのことなんでしょうね、落ち葉をとるため、薪を取るために山仕事、家や小屋を建てる大工、左官、土木作業、
天気の知識、機械修理、なんでも一通りできないと、マイスター百姓になれないんでしょうね。道は険しいのか!

とうとう来てしまいました。
夜の短い冬!

まったり~村村長さんには、待ってましたとばかりの冬!
このために田舎暮らしをしたと言っても過言ではない!?

土間と木工道具がここぞとばかりフル活用されています。

【押入れ】
昔の寸法なのか、布団を入れると襖が閉まらず、布で仕切ってました。
smallsmallIMG_4064.jpg

後ろの壁とっちゃった!!
smallsmallIMG_4067.jpg

「かまして」る?
smallsmallIMG_4068.jpg

上下段とも奥行きが少し広がりました。
smallsmallIMG_4073.jpg

【靴箱】
古い物好きなため、昔の靴箱を頂いて使っていますが、
こちらも奥行きが足りなく、24.5㎝の靴であれば、横向きでないと収納できないという・・・
こちらも奥行き足しました。
ついでに、継ぎたしたところと色を同じにするため、
薪風呂の煤を水で溶いて、色付けしました。
smallsmallIMG_4079.jpg

【ちゃぶ台】
2枚の板を繋げてありますが、
1枚の板が反ってしまい、隙間が空いていたので、
何かをしてこんなんなりました。
(すみません、作業中ワタクシ他のことしててよくわからんのです・・・)
smallsmallIMG_4076.jpg

smallsmallIMG_4074.jpg


smallsmallIMG_4075.jpg

【雨戸から扉へ】
以前押入れだったところをぶち抜いたのですが、
北側から風が入るので、雨戸で扉を作りました。
雨戸の幅を狭めて、蝶番をつけています。
こちらも煤を水で溶いたものを縫って仕上げました。
smallIMG_4083.jpg

開けた所。すみません、まだ工事中でして片づけてません・・・
smallIMG_4085.jpg

蝶番♪
smallIMG_4086.jpg

旦那の偉業をこんなに記録するとは「愛」ですね!
(そのわりには手伝ってないからよくわかってない。)
大家さんが、おふかし芋を、雨の中持ってきてくれて
窓の外で話していると
足元の水たまりの中に、、何か動いている物が
よく見てみると、、、、、、

smallIMG_4381A.jpg

えっ??何でこんな所に????

smallIMG_4380.jpg

迷いカニ?
やっと小豆の収穫です。
どうも今年は葉っぱの落ちるのが遅いような気がします。
鞘は茶色くなっているので
収穫開始です。

smallIMG_4367.jpg
 
とりあえず
白小豆、孫が来た、陰小豆を収穫しました。
地際で茎を切り倒していき
集めて、ハウスに持っていき乾燥です。

最近、いつの間に家にいる奴
朝、窓や建具を開けたり閉めたりすると
匂いを出す奴
窓から出してもUターンして戻ってくる奴

この季節が来ました
なんか今年はいつもより多い気がする

しかし、毎日、出しても出しても、必ずいる?
何故? どうして?
よーく窓や廊下をチェックしてみると
smallIMG_4352.jpg
この廊下の上にある、窓?換気口?煙抜き? 名称は何なんでしょうか?
昔は障子紙を貼っていたようです、今は板で塞がれているのですが
上の桁が曲線なので結構隙間が空いている!
この同じような所が3か所

smallIMG_4361.jpg

採光も考えてガラスにしたかったのですが
桁が曲線だったので、紙を何回も当て曲線の型紙を作り
プラダンボールを加工して
夜な夜な作業をし、取り付けました
プラダンボール、空気層もあり断熱と採光にはいいかもしれません
見た目もいい感じ!


爺やは、朝から脱穀機の修理とニワトリの餌やり、卵取り
午後は箒の師匠の畑の箒草とり&調整手伝い、

婆やは、洗濯に、友達も加勢に来てくれて稲の脱穀

また、ここ数日、越冬場所確保に、へっぴり虫(カメムシ)が家に入ってきて
攻防戦になっています。

今日はちょっと疲れたので晩酌
あてはコッコちゃんの卵のピクルス
焼いた油揚げにニラ醤油
 
smallIMG_4359A.jpg

ピクルスの卵はこの“卵スライサー”で切って食べるのをお勧めです
この卵スライサーも昔からある定番ですよね
小さいころから使ってた記憶がありますよね、昔はオールステンレスだったような記憶がありますが

卵のピクルスも賞味期限が長いので
ご自分で好みの漬かり具合で食べることをお勧め!
自分はピクルス液に長く漬かってる方は好きです

酒のつまみや、サラダ、ちょっとした付け合わせにパーティーにといいですよ
なんか宣伝臭くなってきましたが(笑)

けど、正直いいです!お酒のお供に、、、、、

大角豆??
これは“ササゲ”と読みます。
私も知りませんでした。

smallIMG_4343.jpg

今日、ササゲを収穫してたら、近所のおばあちゃんがジュースの差し入れをしてくれて
神様にお供えするのはアズキではなくササゲなんだよな
だからササゲって言うんじゃないのと言っていました。

ササゲはポロポロ落ちるので、小豆より収穫が面倒です。
だから、値段が高いのですかね?

毎年、無くさないよう種用に常陸太田在来種の黒ササゲを作っているのですが
実は今まで、食べてもいなかったのですが、
今年ごはんに入れて食べてみたら、いやモッチっとして美味しかった!
アズキよりも美味しいのではと言う事で
今年は多めに作ってます。
種を譲ってもらったおじいちゃんに、どうやって食べるんですかと聞いた時は
“赤飯のみ!”とか言ってたので、あまり興味がわかなかったのですが
ササゲいいかも!サラダとかに使えるようだし
ちょっと今年は色々試してみよう!

 
 
 
 
 

ブロとも申請フォーム

 

プロフィール

まったり~村の村民たち

Author:まったり~村の村民たち
茨城県常陸太田市(旧:里美村)で百姓してます。農薬、化学肥料、除草剤を使わず多品目の安心して皮ごと食べられるおいしい野菜、安全な飼料にこだわった“コッコちゃんの玉子”を育てています。農園内でグルグル循環できる様にしています。

<まったり~村の小さな農園>    
〒311-0503 
茨城県常陸太田市小菅町1215 
電話&ファクス 0294-82-3003
mail mattaryvillage@@gmail.com
(@を一つ除いてください)  

 

ブログ内検索

 
 
 

月別の日記です